ブログ記事を削除してもSEO的には大丈夫なのか?

ブログ記事を削除してもSEO的には大丈夫なのか

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

ブログ記事を削除したいけど、SEO的に問題はないのか、心配になっていませんか?

思い切って削除した後に、検索順位が落ちてしまうのは嫌ですよね。

そこで、本記事では、ブログ記事を削除しても、SEO的に大丈夫なのかどうか、について解説します。

ブログ記事を削除してもSEO的には問題はない

ブログ記事を削除してもSEO的に問題ない

結論を言うと、ブログ記事を削除しても、SEOに悪い影響はありません

しかし、削除する上で、注意した方が良いことがあります。

注意した方が良いことは、後ほど、お話します。

質の低い記事は削除した方が良い

むしろ、質の低い記事は削除した方が良いです。

というのも、質の低い記事があると、検索エンジンから評価を下げられます

さらに、質の低い記事の量が増えてくると、それだけマイナスポイントが増えてくるので、かなり評価を下げられる可能性が高いです。

私の経験を言うと、ブログを始めた当初の記事は、学んだことをまとめて書く、といった日記みたいな記事を書いていました。

しかも、50記事ほど。

その後、コンテンツSEOを意識した記事に切り替えましたが、100記事に到達しても、検索エンジンからのアクセスがほぼゼロの状態でした。

そこで、質の低い昔の記事、50記事ほどを少しずつ削除した結果、検索エンジンからのアクセスが少しずつ増えてきました。

この経験からも、質の低い記事はサイト全体に悪影響を及ぼすことがわかるので、削除した方が良いということがいえます。

質の低い記事とは?

では、どのような記事が質の低い記事かというと、例えば、「E-A-T(専門性、権威性、信頼性)の低い記事」や「内容が薄い記事」が挙げられます。

実際に、何かのキーワードで検索すれば、わかると思いますが、上位サイトを見てみると、質の低い記事は全くないです。

ですので、検索エンジンの評価を上げるためにも、質の低い記事は削除した方が良いです。

記事削除に関する注意点

記事削除に関する注意点

ここで、記事削除に関する注意点について、お話します。

記事数が少なければ、削除しない方が良い

まず、検索エンジンに評価されるためには、記事の「質」だけでなく、「量」も必要です。

検索エンジンが上位表示させる詳しい方法はこちらの記事で解説しています

そして、ドメインが強くなるには、およそ100~150記事の量が必要だと言われています。

もちろん、この記事数に達したら、必ずドメインが強くなる、と保証されたものではありませんので、あくまでも目安です。

ですので、初心者の場合、とりあえず100~150記事に達するまでは、記事を削除しなくて大丈夫です。

というのも、100~150記事ほどになったら、急激に検索エンジンからのアクセスが増える可能性が高いからです。

一気に削除しない

削除するなら、まとめて削除したくなりますが、一気に何十もの記事を削除するのは危険です。

なぜかというと、一気に削除することで、「404エラー」が多発してしまい、Googleペナルティを受ける可能性があるからです。

404エラーとは、リンクをクリックしたけど、リンク先のページが存在していない時に出るエラーメッセージです。

これは、検索エンジンだけでなく、ユーザーにとっても、良くありません。

もし、自分がリンクをクリックして、ページが存在していなかった場合、イラっとしたり、不安や不快に感じてしまいますよね。

そういったリスクを避けるために、長い期間をかけて、少しずつ削除していくのが得策です。

ちなみに、私は半年ほどかけて、約50記事を削除しました。

そのおかげもあってか、ペナルティは受けませんでした。

記事を削除する時の判断基準

記事削除の判断基準

それでは、削除する時の判断基準について、お話します。

アクセスがほとんどゼロ

アクセスがほとんどゼロの記事というのは、そもそも需要のない記事だったり、低品質で順位が上がらない記事の可能性があります。

しかし、記事数が100記事以上ない場合は、削除はしないで、とりあえず様子を見ましょう。

先程も言ったように、100記事以上たまることで、検索順位が上がる可能性があります。

ブログのアクセスゼロから脱出する方法をこちらの記事で解説しています

ブログ記事の削除後はインデックス削除も必要か?

ブログ記事の削除後はインデックス削除も必要か

記事を削除したすぐあとだと、まだ検索エンジンにインデックス(登録)されている状態なので、インデックス削除は必要です。

しかし、検索エンジンが勝手に行なってくれるので、自ら何かをする必要はありません

また、記事の削除が一気に行われると、サーチコンソールから「404エラー(見つかりません)」に関する通知が来ることがあります。

その場合も、検索エンジンがインデックス削除をいつの間にか行なってくれるので、慌てる必要はありません。

削除が全てではない

削除が全てではない

低品質な記事なら、削除するべきと述べましたが、削除することだけが良い、というわけでもありません。

時間をかけて、記事を作成しているわけなので、削除してしまっては、それが無意味なものとなってしまいます。

そのため、記事を削除したくない、と思う人もいると思います。

ですので、削除しなくても良い方法も、ご紹介します。

リライトして質を高める

「削除」以外で考えられるのが、まずリライトです。

質を高めるリライトをするには、上位サイトをチェックし、見出し構成を考え、書き足したり、減らしたりする必要があります。

リライトする時は、一気に修正をするのではなく、少しずつ修正していくものです。

そうしなければ、検索順位がさらに下がってしまった場合、何が原因で下がってしまったのか、原因を特定するのが難しくなってしまいます。

リライトはこのような手間があるので、今リライトをすべきか、よく考える必要もあります。

ブログの記事の書き方についてこちらの記事でも解説しています

「noindex」して記事は残す

noindexとは、インデックスさせないこと、つまり、検索エンジンの評価を避けることができます

ですので、低品質な記事だとしても、サイト全体に悪影響を及ぼす心配はありません。

例えば、検索流入からの訪問者はいないけど、内部リンクからの流入があるなら、逆に、削除するのは得策ではないので、「noindex」にすることが得策だと言えます。

また、思い出のある記事で削除したくないのであれば、「noindex」が役立ちます。

一つ一つの記事に対してベストを尽くそう!

一つ一つの記事に対してベストを尽くす

今の検索エンジンは、記事の「質」を重視し、良質な記事が積み重なっていくことで、サイト全体の評価が上がり、一つ一つの記事の順位も上がりやすくなっていきます。

これがコンテンツSEOという考え方です。

その結果、上位表示、アクセスアップにつながるのです。

良質な記事を作るには、ライバルサイトの見出し構成をチェックしたり、網羅性を高めるために共起語をチェックすることがポイントです。

それらのデータを取得できるのが「コンテンツスカウターZ」というツールです。

良質な記事を作ることができれば、そもそも低品質な記事は生まれないので、一つ一つの記事に対して、ベストを尽くしていきましょう。

最後に

ブログ記事を削除しても、SEO的に問題はないのか、について解説しました。

質の低い記事があれば、削除した方が良いですが、削除したくない場合は、「リライトをして質を高める」「noindexをして記事は残す」といった方法もありますので、自分がその記事をどうしたいか、を考えてください。

そもそも、低品質な記事を生み出さないためにも、一つ一つの記事を丁寧に仕上げていきましょう。

ブログで収入を得て、自由な人生を手に入れるために、楽しく取り組んでいきましょう!

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースで成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガに登録していただければ、SEOに関する3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとってください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る