【SEOアドバイザーが調査】Googleに最適なタイトル文字数は?

SEOに最適なタイトルの文字数

こんにちは。正しいサイト構築&SEOアドバイザーの田村です。

あなたは今、このようなことで悩んでいませんか?

  • 検索結果に表示されるタイトルが「…」と途切れてしまう
  • スマホだと表示される文字数が違うの?
  • 省略されずに表示される文字数を知りたい

そこで本記事では、上記のお悩みを解決し、Google検索結果に表示されるタイトルの文字数について解説していきます。

2021年1月9日に調査した結果をお伝えするので、最新情報を知ることができます。

Googleに最適なタイトルの文字数について

パソコン(PC)とモバイル(スマホ)、それぞれの媒体でキーワード「英語+初心者」で検索した場合に、検索結果に表示されるタイトルの文字数を調査しました。

調べる際には、「文字数カウント」というツールを活用しています。

また、モバイル(スマホ)はiPhoneを使用しました。

2019年6月28日にも同じキーワードで調査したのですが、当時は32文字以内を目指そうとお伝えしていました。

しかし、今回(2021年1月9日)は違う結果となりましたので、今後は新しい文字数を参考にタイトルを考えることをおすすめします。

まず結論を述べてから、パソコン(PC)とモバイル(スマホ)での結果をそれぞれお伝えしたいと思います。

結論:28文字以内を目指そう

今回もまた「英語+初心者」で検索したところ、パソコン(PC)の場合は「24~31文字」、モバイル(スマホ)の場合は「28~32文字」でした。

表示される文字数が、スマホ(モバイル)より少ないパソコン(PC)に合わせると、28文字以内に収まるように、タイトルを考えたほうが良さそうです。

2019年6月28日時点の結果では、32文字以内が理想だったので、4文字も減ってしまいました。

では、パソコン(PC)とモバイル(スマホ)の調査結果を、順番にお伝えします。

パソコン(PC)だと28文字以内

パソコンに表示されるタイトルの文字数(1)
【1段目】27文字
【2段目】28文字
【3段目】29文字
(2021年1月9日時点)
パソコンに表示されるタイトルの文字数(2)
【1段目】28文字
【2段目】26文字
(2021年1月9日時点)
パソコンに表示されるタイトルの文字数(3)
【1段目】28文字
【2段目】タイトルだけ18文字/スペース込みで31文字
【3段目】タイトルだけ20文字/スペース込みで29文字
(2021年1月9日時点)
パソコンに表示されるタイトルの文字数(4)
24文字
(2021年1月9日時点)

「英語+初心者」で検索したところ、上の画像の結果が表示されました。

タイトルが長くて「…」で省略されている箇所は、赤枠で囲っています。

また、全て表示されたタイトルには、黄色い枠で囲いました。

パソコン(PC)の調査では、タイトル全てが表示された時の文字数は「28文字」の場合と「29文字」の場合です。

なので、28文字以下のすると、検索結果にタイトル全てが表示される可能性が高いです。

それから、記事タイトルとサイトタイトルの文字数を合わせて31文字以内であれば、サイトタイトルまで全て表示される可能性があります。

モバイル(スマホ)だと30文字以内

モバイルで表示されるタイトルの文字数(1)
【1段目】29文字
【2段目】30文字
(2021年1月9日時点)
モバイルで表示されるタイトルの文字数(2)
29文字
(2021年1月9日時点)
モバイルで表示されるタイトルの文字数(3)
29文字
(2021年1月9日時点)
モバイルで表示されるタイトルの文字数(4)
【1段目】27文字
【2段目】タイトルだけ27文字/スペース込みで32文字
(2021年1月9日時点)
モバイルで表示されるタイトルの文字数(5)
【1段目】タイトルだけ20文字/スペース込みで32文字
【2段目】タイトルだけ24文字/スペース込みで32文字
(2021年1月9日時点)
モバイルで表示されるタイトルの文字数(6)
スペース込みで31文字
(2021年1月9日時点)

同じく、「英語+初心者」で検索し、上の画像のように表示されました。

検索結果に表示されているサイトは同じですが、表示されているタイトルの長さが異なっていました。

パソコン(PC)の場合と同じく、タイトルが「…」と省略している部分を赤枠で囲っています。

そして、タイトルが全て表示された場合は、黄色枠で囲っています。

タイトルが全て表示された時の文字数は「27文字」と「29文字」の場合でした。

なので、モバイル(スマホ)だけを考えると、29文字以内であれば、タイトルは全て表示される可能性が高いです。

それから、記事タイトルとサイトタイトルの文字数を合わせて32文字以内であれば、サイトタイトルまで表示される可能性があります。

タイトルを作る際の2つの視点

SEOに最適なタイトルの付け方

タイトルを作る際は、文字数だけを気にすれば良いわけではありません。

2つの視点から、タイトルを作ることが大切です。

その視点とは、次の2つです。

  • SEO
  • クリック率

では、一つずつ解説していきます。

SEO

タイトルは、検索エンジンにとって、一番重要な部分です。

なので、SEOを意識する必要があります。

例えば、タイトルを少し変えるだけでも、検索順位が上がることもあるのです。

そこで、『SEOを意識したタイトルの付け方!守るべき9つのルール』という記事にまとめてありますので、そちらの記事を参考にしていただきたいと思います。

クリック率

SEOを意識して、上位表示できたとしても、タイトルをクリックされなければ、ユーザーに記事を見てもらえません。

なので、クリックされやすいタイトルについても意識する必要があります。

例えば、検索順位1位を取ることができても、魅力的なタイトルでなければ、クリック率は70%、60%と低くなってしまうのです。

そこで、『アクセスアップを狙うタイトルの付け方7つのポイント』という記事がありますので、そちらの記事も合わせてチェックしていただければと思います。

タイトルを変更する時は注意が必要

タイトルを変更する時は注意が必要

一度タイトルを決めたけど、何かしっくりこなくて、タイトルを変更しようかな、と思うときがあると思います。

しかし、タイトルを変更する時に知っておいてほしいのが、検索順位が下がるリスクもあるということです。

変更直後は、検索順位が下がる可能性があります。

そこから、順位が上がっていけば良いですが、その逆もあり得るわけです。

それだけ、タイトルがSEOに影響を及ぼすということです。

また、上位表示されている時に、さらに順位を上げたくて、タイトルを変更したいと思うこともあると思います。

大幅な変更は避けた方が良いですが、無駄な言い回しを削除する、などの小さな変更であれば、大きく順位が下落する可能性は低いと思われます。

なので、タイトルを変更する時は十分に考えた上でおこなってください。

表示されるタイトル文字数が変更される可能性がある

タイトル文字数が変更される可能性

前回(2019年6月28日)と今回(2021年1月9日)で表示されるタイトル文字数が変わったように、今後も変更される可能性が十分にあるわけです。

というのも、Googleは日々、アップデートを繰り返しているからです。

例えば、今よりもタイトル文字数が多くなるかもしれませんし、さらに少なくなる可能性も考えられます。

なので、表示される文字数について、定期的にチェックすることが大切です。

そして、タイトルができるだけ収まるように考えましょう。

最後に

本記事では、大きくわけると、次のことについて解説しました。

  • Googleに最適なタイトルの文字数について
  • タイトルを作る際の2つの視点
  • 表示されるタイトル文字数が変更される可能性がある

2021年1月9日時点では、28文字以内に収まるようにタイトルを考えると、パソコン(PC)とモバイル(スマホ)の両方の検索結果に、最後まで表示される可能性が高いです。

今回は、28文字以内が理想ということがわかりましたが、今後も表示される文字数が変わる可能性がありますので、定期的にご確認していただきたいと思います。

それから、タイトルを考える際は、文字数だけを考えるのではなく、SEOとクリック率も意識して作りましょう。

『SEO対策のチェックリスト27項目!SEO効果を高めよう』という記事がありますので、そちらの記事もぜひチェックしていただければと思います。

検索エンジンに評価されやすくなり、上位表示の可能性を高めることができます。

【PR】SEO記事の前準備シート&動画講座を無料プレゼント

SEOマスター動画講座

私は、自由な人生を手に入れてもらうための正しいサイト構築についてコンサルティングを提供しています。

SEOに関するキーワードで検索順位10位以内の記事を増やしている田村が、購買意欲の高い見込み客を自動で集める正しいサイト構築のポイントをまとめた「SEO記事の前準備シート」や「動画講座」をプレゼントしています。

最新情報などを、LINEとメールマガジンでお届けしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る