リンク切れによるSEOの影響と対処法まで解説

リンク切れによるSEOの影響と対処法まで解説

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

リンク切れがあるとSEOに悪影響があるのでは、と気になっていませんか?

本記事では、リンク切れによるSEOの影響と、リンク切れの対処法まで解説します。

リンク切れによるSEOの影響

影響

リンク切れが起こると、SEOに悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

なので、上位表示していたとしても、リンク切れを放置することで、検索順位を落としてしまうリスクがあるのです。

では、なぜ、リンク切れがSEO的に良くないのか、ということをお伝えします。

リンク切れによって起こる問題

問題

リンク切れによって起こる問題を2つお伝えします。

問題を知ることで、リンク切れを放置したり、定期的にチェックする必要性をわかっていただけると思います。

ぜひ覚えておいてください。

ユーザービリティが低下する

ユーザビリティとは、簡単に言うと、使いやすさ・便利さのことです。

どういうことかと言うと、リンク切れが起きてしまうと、エラーページが表示され、ユーザーは「このサイトは信用できるサイトなのか」と、不信感を抱いてしまうからです。

あなたも、クリックしたURLがリンク切れで、エラーページが表示されたら、そのサイトに対して、不審に思ってしまい、他のサイトへ移ろうと思うのではないでしょうか。

なので、そのようなことを避けるために、リンク切れを起こしてはいけないのです。

クローラーの巡回が止まる

クローラーとは、サイトの情報を収集するプログラムのことです。

クローラーは、リンクをたどってサイトの隅々の情報を取得します。

集めた情報は検索エンジンのデータベースにインデックスされ、サイトが評価されます。

なので、リンク切れがあることで、クローラーの巡回が止まり、隅々まで情報を取得できなくなってしまいます。

その結果、評価の低下につながり、検索順位を落とす可能性があるというわけです。

このような問題を引き起こさないためにも、リンク切れ対策をすることが大切です。

そこで、リンク切れの対処法について、お伝えします。

リンク切れの対処法

対処法

リンク切れの対処法を2つご紹介します。

お好みで実践していただければと思います。

私個人としては、2つ目の対処法を使っています。

リンク切れチェックツールを利用する

リンク切れチェックツールはこちら。

使い方は簡単で、リンク切れをチェックしたいページのURLを入力して、「チェック」ボタンをクリックするだけです。

内部リンクをたどるので、サイト全体のリンク切れを確認することができます。

しかし、記事数が多いと、終了するまでに時間がかかってしまいます。

なので、リンク切れチェックツールを使う場合は、寝ている間などに利用するのが良いと思います。

プラグイン「Broken Link Checker」を導入する

WordPressを利用しているのであれば、プラグイン「Broken Link Checker」をインストールすることをおすすめします。

このプラグインは、記事内のリンク切れを自動的にチェックし、もしリンク切れがあった場合は、ダッシュボードで通知をしてくれるので、ご自身で確認する必要がなくなります。

インストール方法

では、「Broken Link Checker」のインストール方法を説明していきます。

まず、ダッシュボードより、「プラグイン」>「新規追加」を選択します。

次に、キーワード検索窓に「Broken Link Checker」を入力します。

私の場合、すでに「有効」になってますが、初めての方は「今すぐインストール」>「有効化」を選択します。

これでプラグインが使えます。

■各自の設定■

ダッシュボードの「設定」>「リンクチェッカー」を選択し、編集画面を開きます。

【一般設定】

「一般設定」は以下のように設定すれば良いでしょう。

それぞれの項目について説明します。

・『各リンクをチェック』

これは、何時間ごとにリンク切れをチェックするかを設定するところです。

デフォルトでは72時間で、特に変える必要はないと思いますが、お好みで構いません。

・『メールで通知』『通知メールアドレス』

もしリンク切れがあった場合に、通知を希望するかを決めます。

早く、気づくためにもチェックを入れてく方がよいでしょう。

「通知メールアドレス」欄に入力されなかった場合は、サイトの管理者宛てにメールが届きます。

・『リンクの調整』

リンク切れが発見された場合、どのような見た目にするかを決めます。

デフォルトでは、取り消し線が表示されますが、違う表示にしたい場合は、「CSSの編集」よりご自身で設定することができます。

特にこだわりがなければ、デフォルトで十分です。

・『提案』

チェックを入れる必要はないかと思います。

・『警告』

チェックを入れておいた方が良いかと思います。

設定が決まったら、「変更を保存」をクリックします。

【含まれるリンクを探す】

サイト内で、どこのリンク切れをチェックするかを決めます。

以下のように設定すれば問題ないでしょう。

・『含まれるリンクを探す』

「コメント」「固定ページ」「投稿」にチェックが入っていれば、十分かと思います。

・『投稿のステータス』

「公開済み」にチェックを入れます。

設定が決まったら、「変更を保存」をクリックします。

【チェックするリンクの種類】

記事に貼り付けたYouTube動画などの動画のリンク切れ(公開停止)に関しても、設定をすることができます。

動画に関しては、いろいろと種類があるので、ご自身が利用しているところにチェックをいれれば、良いかと思います。

私は、「HTMLリンク」「HTML画像」「埋め込まれたYouTubeの動画」にチェックを入れています。

設定が決まったら、「変更を保存」をクリックします。

【プロトコル&API】

リンク切れのチェックに利用するAPIを設定します。

デフォルトのままで大丈夫です。

私もそのままです。

設定が決まったら、「変更を保存」をクリックします。

【高度な設定】

高度なので、特に設定を変える必要はないかと思います。

私も変えていません。

リンク切れが発見されたら、通知が来ます。

記事内などで、リンク切れが見つかると、ワードプレスのダッシュボードに通知が表示されます。

その通知をクリックすると、リンク切れの確認、編集画面に移行します。

設定が決まったら、「変更を保存」をクリックします。

【リンク切れの確認と編集】

このように、「警告」の件数が表示され、リンク切れのURLが表示されます。

表示されたURLをクリックすると、以下の処理が可能となります。

・URLを編集

・リンクの解除

・リンクエラーでない

・無視

・再確認

通常は、「URLを編集」を選んで、正しいURLに書き直すことが多いかと思います。

設定が決まったら、「変更を保存」をクリックします。

リンク切れの原因をあらかじめ知っておくことで、速やかに対処できると思いますので、リンク切れが起こる原因について、解説します。

リンク切れが起こる原因

リンク切れの原因

リンク切れが起こる原因は二つあると思います。

その二つをご紹介します。

ぜひ気をつけていただければと思います。

リンクを貼り間違えてしまう

リンクのURLの1文字が抜けてしまったりなど、何か一つでも足りないと、リンク切れが起こってしまいます。

なので、URLを入力する時やコピペする時は、リンクの貼り付けミスが起こらないよう、十分に気を付けましょう。

リンク先のページが削除されている

リンクを貼りつけた時は、有効なリンクだったのが、しばらくして、リンク先のページが何らかの理由で削除され、その結果、リンク切れが起きてしまう場合があります。

このようなリンク切れを早く発見するためには、ツールやプラグインを用いたり、定期的にご自身で確認する必要があります。

最後に

本記事では、大きく分けると、以下のことについて解説しました。

  • リンク切れによるSEOの影響
  • リンク切れによって起こる問題
  • リンク切れの対処法
  • リンク切れが起こる原因

SEO効果を高めるためには、リンク切れのチェックだけではいけません。

そこで、SEO対策のチェックリストを作成しましたので、ぜひ下記の記事を参考にしていただければと思います。

必見!SEO対策のチェックリスト27項目【初心者向け】

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、初心者の方向けに、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとり、日々の配信を楽しみに待っていてください。

メルマガをご登録したのにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認お願い致します。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る