Word Press用テンプレートにはレスポンシブ対応が良い!?

Word Press用テンプレートには、さまざまな種類があります。

そのため、どのような機能があったらいいのかと、迷ってしまいます。

そこで、さまざまな機能があるなかで、レスポンシブ対応のものを1つの判断基準にしてみてほしいと思います。

レスポンシブ対応とは?

【レスポンシブ】や【レスポンシブ対応】、【レスポンシブwebデザイン] 、【レスポンシブデザイン】といろいろ呼ばれています。

【レスポンシブデザイン】とは、パソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスでサイトを見る際に、それぞれの画面で見やすい表示へと、自動的に切り替わる仕組みを持ったデザインのことを言います。

レスポンシブデザインが普及してきた理由

なぜ、レスポンスデザインが普及してきたのでしょうか?

今までは、インターネットを使うとなると、主にパソコンからでしたが、ここ数年で、スマホやタブレットが普及され、利用者も増えていき、いつでもどこでもインターネットを使うことができるようになってきました。

スマホが世に出回ったころは、サイトを見る際、パソコンの画面に表示されるサイズのままスマホに表示されていたので、いちいち、見たい部分を拡大して、見るという感じでした。

これを経験したことがある人はわかると思いますが、すごく面倒くさいですよね。

それから、すこし発達して、「PC用サイト」か「モバイル用サイト」か、自分で選択して、サイトを見れるようになってきました。

少しは良くなったとはいえ、それでもまだ、不便に感じたため、近年になって、自動的に切り替わるようになってきました。

今となっては、自動で切り替わるのが当たり前になってきて、それが普通になってきましたが、少し前のことを考えると、すごく進化したなと感じます。

レスポンシブ対応だと

レスポンシブ対応のテンプレートを使用すると、サイトを見る際、パソコンとスマホでは、デザインや構成が少し変わります。

こういうことを知らなくて、使用しているテンプレートに不具合でも発生したかと疑問に思っていた方も過去にいました。

私のサイトを例にして、違いを見せたいと思います。

・パソコン使用時

・スマホ使用時

パソコン使用時に表示されていたグローバルメニューは、スマホ使用時だと「MENU」欄に隠れていて「MENU」をタップすることで、グローバルメニューのそれぞれの項目を見ることができます。

また、パソコン使用時に表示されている左右のサイドバーは、スマホ使用時だと、真ん中のメインの後に表示されるので、かなり下の方に表示されることになります。

レスポンシブデザインのメリット

レスポンシブデザインのメリットを紹介したいと思います。

1.スマホなどの小さな画面でも、それにあったサイト表示になるため、ユーザーにとって、見やすくなり、使いやすい

2.URLが1つになったことで、ユーザーにとって、リンクの共有がしやすい

3.Googleが推奨しているため、検索順位が上がりやすい

4.URLやHTML、CSSがワンソースになったことで、更新やメンテナンスなどがしやすい

4番に関しては、開発者目線になるんでテンプレートを利用する方にとっては、直接、関係ない部分ではあります。

レスポンシブデザインのデメリット

次に、レスポンシブデザインのデメリットについて紹介したいと思います。

1.スマホでの表示速度が遅くなってしまう可能性がある

2.スマホでパソコンデザインを見たいときには、別途対策をしなければならない

3.複雑なサイト構成だと、スマホにきちんと表示されない可能性がある

4.パソコンでは、見やすいように改行されていても、スマホで見る時は読みにくくなっている可能性もある

レスポンシブデザインによるSEO対策

Googleが正式に、「スマートフォンサイトでの評価を主軸として、インデックスを行なう」ということを発表されました。

インデックスというのは、巡回している警備員みたいなもので、検索エンジンによってクローラー(一種のプログラム)がサイトのページ内容を読み取って検索エンジンのデータベースに記憶させることをいいます。

レスポンシブデザインのテンプレートを用いることで、必ずしも上位表示されるということではなく、あくまでも、評価ポイントの1つに過ぎません。

しかし、評価ポイントになっている以上、レスポンシブデザインのテンプレートを用いた方が、少しでも評価を高められるチャンスがあります。

レスポンシブ対応にすることによる注意点

レスポンシブデザインのテンプレートを用いるのなら、注意してほしい点がいくつかあります。

・『パソコンサイトで記事などを書く時は、書き終わったあとにスマホで読みやすいようになっているか』を確認することです。

具体的に言いますと、「画像や動画を載せることで、表示速度が落ちていないか」、また、「スマホサイトだと記事が読みやすいようになっているか」などです。

レスポンシブデザインのテンプレートを用いたら、良しではなく、そのあとに確認すべきことをきちんと確認してほしいと思います。

少し面倒に感じるかもしれませんが、上位表示を目指したいのなら、細かい部分でも、できるところはきちんとやっておくことをおすすめします。

おすすめのレスポンシブ対応のテンプレート

レスポンシブデザインについてお話してきたわけですが、レスポンシブ対応のテンプレートにしたいと思う方もいらっしゃるかと思います。

自分でレスポンシブ対応のテンプレートを作れる方は別ですが、そういう人はそんなに多くないと思います。

おすすめのレスポンシブ対応のテンプレートをご紹介している記事があるので、以下より、ご覧ください。

低価格なのにクオリティが高いWord Press用テンプレート

最後に

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

少しでも、お役に立つことができたら、幸いです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る