必ず取り入れた方が良いDRMとは!?ネットビジネスでの活用方法

必ず取り入れた方が良いDRMとは!?ネットビジネスでの活用方法

ネットビジネスをしていたら、【DRM】という言葉を見たことがあるかもしれません。

 

DRMは英語の頭文字をとったものですが、これだけだとよくわかりませんよね?

 

今回は、DRMとは何か?ということと、ネットビジネスでの活用方法についてお話していきたいと思います。

DRMとは何か!?

【DRM】とは、『Direct Response Marketing』の略称で、「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」と読みます。

 

名前が長いので、「ディー・アール・エム」と言う方が多いかもしれません。

 

このDRMは何かと言いますと、直接、お客様の反応を取り、信頼を築き、そして、築き上げてから、商品やサービスを提供するといったものです。

 

わかりやすくすると、『集客』→『教育』→『セールス』といった感じです。

 

メルマガでよく利用される手法で、ネットビジネスで稼いでいる多くの人が、この手法を取り入れたメルマガをおこなっています。

 

まずは『集客』をしないと始まらない

『集客』は字のごとく、お客様を集めるプロセスです。

 

まずは、集客をしないことには、ビジネスが成り立ちません。

 

メルマガへ集客することになるのですが、集客の手段としては以下の媒体が挙げられると思います。

 

・サイト(ホームページ、ブログ)

・無料レポート

・Facebook(フェイスブック)

・Twitter(ツイッター)

・YouTube(ユーチューブ)

などです。

 

メルマガなので、お客様のメールアドレスを手に入れることになるのですが、そのメアドのこと【リスト】と呼ばれたりします。

 

また、またメルマガに登録してくれることを【オプトイン】と言ったりします。

 

いずれもネットビジネスでは、よく使われるので覚えておくと良いです。

 

集客ができたら、教育のステップへと進みます。

 

おこたってはいけない『教育』

先生でもないのに、何を教育するのか疑問に思うかと思います。

 

要は、『信頼を築く』ためのステップです。

 

しかし、よく『教育』という表現をされることが多いです。

 

この『教育』のステップがしっかりできたかどうかで、次のステップの『セールス』に大きな影響が出ます。

 

教育をおこなったあとは、最後のステップ『セールス』です。

 

自然な『セールス』を目指す

セールスとは、つまり商品の販売のことです。

 

教育がうまくいけば、自然と商品の購買率も上がります。

 

もし、集客してから、すぐにセールをおこなったら、お客様はどう思うでしょう?

 

まず、その商品のこともよくわからないし、販売してる人のこともよくわかっていないかもしれません。

 

その場合、知らない人にわからないものをすすめられたとなり、購買へとつながることは難しいでしょう。

 

そうならないためにも、『セールス』の前の『教育』が重要かをわかっていただけると思います。

 

DRMを成功させるために

自分の集めたいリストを明確に

リストを集めるにしても、やみくもに集めればいいというわけではありません。

 

例えば、ダイエットに効くお茶を販売しようとします。

 

体重90kgの太っている中年のおじさんなら興味を示すかもしれません。

 

しかし、体重65kgの痩せている若い男性なら、興味を示すのは難しいでしょう。

 

なぜかというと、痩せているため、ダイエットに興味がないからです。

 

このように、いくら痩せている若い男性のリストを多く持っていたとしても、購買へつながるのは厳しいと言えます。

 

逆に、太っている中年のおじさんのリストを多くもっていいるなら、購買への期待が高まるでしょう。

 

なので、どういうリストをどうやって、集めるかをきちんと考える必要があります。

 

教育期間は長めに

教育といっても、どのくらいの期間したらいいのか気になると思います。

 

2、3日だと、少ないかなと思います。

 

トップアフィリエイターの方のメルマガを見ていても、短くて1週間ほど、長ければ1ヶ月間近くも教育しています。

 

長ければいいんだと思って、しょうもない情報を与えるのは逆効果です。

 

例えば、「今日~がありました。」みたいな今日の出来事だったり、アフィリエイトに興味がある方なのに、投資についてのメルマガを送ったりなど、読者が必要としていない情報です。

 

読者があなたのファンであれば、そのような内容でも読まれることもあるとは思いますが、最初の段階としては読者が必要としている情報を発信していく方が反応が良いです。

 

リピート客を獲得する

商品が売れたことに対して、喜ぶのもいいですが、売れて、「終わり」ではありません。

 

次回の商品を買っていただけるように、リピート客を獲得しなければなりません。

 

というのも、新たにお客さんを獲得するとなると、またゼロからのアプローチになるので、労力がかかってしまいます。

 

もちろん、新たなお客さんを獲得することは大切です。

 

しかし、新規顧客とリピート客では、かかる労力大きくが変わってきます。

 

また、これからの時代、人口は減っていくものの、似たような商品は溢れているので、顧客の取り合いになってしまいます。

 

そのため、リピート客を獲得することで、そういった状況にも困らなくなります。

 

一度セールスが終わっても、メールを配信し続ける

教育期間が終わって、セールスしても商品購入へ結びつかないこともあると思います。

 

しかし、そこでメールの配信をやめてしまってはいけません。

 

セールスが終わってからも、有益な情報を配信し続けるのです。

 

そのときは、商品購入やサービスの利用につながらなかったかもしれませんが、将来、結果につながる可能性もあるわけです。

 

実際、そのときは購入するか迷ってしまい、結果的に購入にいたらなかっただけかもしれません。

 

私もセールスが、うまくいかなかいことがあり、そもそもメール自体読まれていないものだと思っていましたが、アンケートを実施したところ、答えてくれた人もいたので、やはりメールの配信は続けるべきだなと思いました。

 

DRMのデメリット

最初の集客が大変

デメリットとしては、最初の集客が大変であるということです。

 

しかし、広告を利用すれば、時間や労力をかけずに、数百~数千のリストを獲得することは可能だと思います。

 

その代わりに、数万~数十万円かかってしまいますが。

 

初心者さんだと、最初は手が出しにくいと思います。

 

そうなると、以下の方法での集客がベストだと思います。

・サイト(ホームページ、ブログ)

・無料レポート

・TwitterなどのSNS

・YouTube

 

時間や労力がかかってしまいますが、少しずつ集客することが可能です。

 

DRMのメリット

お客様との距離が近い

お客様に直接アプローチができるため、信頼を獲得しやすいことです。

 

サイトとなると、上位表示されるのに時間がかかり、それからアクセスを伸ばさないといけなく、購入されるまでにさらに時間がかかってしまうケースが大半だと思います。

 

DRMで教育をきちんとできたら、サイトよりも短い期間で、購入してもらいやすいです。

 

自動化しやすい

DRMと相性が良いのがステップメールです。

 

ステップメールに教育となるメール文を作って、最後に商品を紹介するといった感じです。

 

購入率の高いステップメールを作ることができれば、あとはリスト獲得に力を入れるだけで、そのステップメールがセールスをしてくれることになります。

 

最後に

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

 

少しでも、お役に立てたら幸いです。

 

質問等は、以下よりお願いいたします。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る