内部リンクを設置するとSEO効果を高められるのか?

内部リンクを設置することによるSEO効果

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

内部リンクを設置することで、SEO効果を高めることができるのか、気になっていませんか?

もし、SEO効果を高められるにもかかわらすず、取り組んでいなければ、もったいないですよね。

そこで、本記事では、内部リンクを貼ることでのSEO効果について解説します。

また、最後まで読んでいただくと、SEO効果を高めるその他の対策についても学ぶことができます。

内部リンク設置によるSEO効果とは

内部リンク設置によるSEO効果とは

まず結論からお伝えしますと、内部リンクを設けることで、SEO効果を期待できます。

私の経験をご紹介すると、以前、15位ほどの記事をリライトする際に、内部リンクを一つ貼っただけで、10位以内にランクインすることができました。

内部リンクであれば何でも良い、というわけではありませんが、内部リンクしだいでは、上位表示させるだけのSEO効果を見込めるというわけです。

内部リンクの設置の仕方については、後ほどお伝えします。

では次に、なぜ、SEO効果を得られるのかという理由について、解説します。

SEO効果を期待できる理由

SEO効果を期待できる理由

では、SEO効果を期待できる理由を2つ挙げます。

クローラビリティの向上

クローラビリティとは、サイトの情報を集めるクローラーの回遊のしやすさのことです。

内部リンクを貼り、サイトの隅々まで回遊できると、訪れた記事を認識することができ、評価してくれるようになります。

なので、内部リンクがない記事には、内部リンクを貼りましょう。

ユーザビリティが高まる

ユーザービリティとは、利便性を意味します。

ユーザー目線で、ユーザーがもっと知りたいであろう情報が書かれているページへの内部リンクを貼ってあげると、ユーザーの満足度が上がります。

その結果がサイトの評価につながり、順位上昇の可能性を高めるわけです。

では次に、SEO効果を見込める内部リンクの設置の仕方について解説しますので、そのまま読み進めてください。

SEO効果を見込める内部リンク設置の仕方

SEO効果を見込める内部リンク設置の仕方

あなたは内部リンクをどこに設置していますか。

もしかすると、記事内だけと思われているかもしれませんね。

そこで『内部リンクをどう張り巡らす?コツを3つご紹介』という記事をご用意いたしましたので、詳細はそちらの記事を参考にしていただければと思います。

とはいえ、内部リンク対策だけおこなっていれば良い、というわけではありません。

他の対策も実践することで、SEO効果をさらに上げることが可能です。

そこで次は、SEO効果を高めるその他の対策について解説します。

SEO効果を高めるその他の対策

SEO効果を高めるその他の対策

適切な内部リンクを設置することによって、SEO効果を期待できることがわかっていただけたと思います。

しかし、SEO効果を高める対策を内部リンクの設置だけではありません。

他にも取り組んでいただきたいSEOの取り組みがあります。

その取り組みついて『SEO対策のチェックリスト27項目!SEO効果を高めよう』という記事に具体的にまとめましたので、SEO効果をさらに上げたい方は、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

最後に

本記事では、大きくわけると、以下のことについて解説しました。

  • 内部リンク設置によるSEO効果とは
  • SEO効果を期待できる理由
  • SEO効果を見込める内部リンクの設置の仕方
  • SEO効果を高めるその他の対策

内部リンクを設置することで、SEO効果を期待できます。

なので、内部リンクを意識してください。

しかし、設置の仕方しだいでは、SEO効果を下げてしまう可能性もあるので、いいかげんに設置しないよう、気を付けましょう。

【PR】動画講座を無料プレゼント

私は、検索エンジンに評価されやすい最新のサイト作りと、そのコツについての情報を提供しています。

Googleアップデート後でも、検索順位を上げ、トップ10入り記事を増やしている田村が、検索エンジンに好かれ、上位表示の可能性を高めるポイントをまとめた「動画講座」をプレゼントしています。

最新情報などを【LINE】と【メールマガジン】でお届けしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る