内部リンクをどう張り巡らす?コツを3つご紹介

内部リンクをどう張り巡らす?コツを3つご紹介

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

上位表示の可能性を高めるために、内部リンクは大切だ」ということを見聞きするけど、実際、内部リンクをどうすれば良いのかわからず、そのコツについて知りたいと思っていませんか?

そこで本記事では、内部リンクを張り巡らすコツについて解説します。

また、最後まで読んでいただくと、内部リンクのコツだけでなく、やってはいけないことについても学ぶことができます。

内部リンクを張り巡らす3つのコツ

内部リンクを張り巡らすコツ

内部リンクをきちんと張り巡らすことで、サイト全体の情報を集めるクローラーが隅々までデータを集め、評価をしやすくなります。

また、ユーザーが探している情報も見つけやすくなり、ユーザビリティが向上し、結果、記事やサイトの評価につながっていきます。

では、内部リンクを張り巡らすコツを3つご紹介します。

HTMLサイトマップを設置する

HTMLという難しい名前を覚える必要はありませんが、簡単に説明すると、ユーザーのためのサイトマップ(どのカテゴリーにどんな記事があるかのがわかるマップ)です。

サイトマップを設置することで、内部リンクを張り巡らすことができます。

下の画像が私のサイトのサイトマップです。

サイトマップは、カテゴリーごとに記事を表示させ、どのカテゴリーにどんな記事があるのかがわかります。

そのため、ユーザーが求めている記事を探しやすくなり、利便性が向上し、検索エンジンに評価されやすくなります。

また、クローラーも隅々まで回遊することができるので、評価漏れを防ぐことができます。

パンくずリストを設ける

パンくずリストとは、サイト内のページの位置、どのカテゴリーにあるページなのかを示してくれるリンクのことです。

下の画像が私のある記事のパンくずリストです。

画像について説明すると、「SEOのお悩み解決ブログ」というサイトの「内部対策」というカテゴリーにある「SEOに悪影響?内部リンクの多すぎによる影響とは」というページにいることを示しています。

パンくずリストを設けることで、クローラーはサイト内を巡回しやすくなり、ユーザーにとっても、カテゴリーを利用して、求めている情報があるページを探すことが可能になります。

そのためには、適切なカテゴリーを考えることがポイントです。

その結果、検索エンジンに評価されやすくなるというわけです。

テーマ(テンプレート)によっては、パンくずリストは初期設定で設けてありますので、ご自身が活用しているテーマには、パンくずリストがあるかどうかを一度、確認してみてください。

記事内に内部リンクを貼る

記事内に適切な内部リンクを貼ることができれば、評価アップにつながり、順位上昇につながります。

とはいえ、内部リンクさえ貼っておけば良い、というわけではなく、ユーザー目線で内部リンクを貼ることが大切です。

それから、内部リンクを貼ることを意識していないと、リンクのない、孤立したページが増えてしまいますので、注意してください。

では次に、内部リンクを貼る時に、やってはいけないことがありますので、そのことについて解説します。

記事内に内部リンクを貼る際、やってはいけないこと

記事内に内部リンクを貼る際の注意点

記事内に内部リンクを貼ろう、と言いましたが、やってはいけない貼り方があります。

その貼り方をしてしまうと、検索エンジンに評価を下げられ、順位を落としてしまう可能性があるわけです。

なので、間違った貼り方をしないよう、やってはいけない内部リンクの貼り方について3つお伝えします。

関連性の低いページとつなげてしまう

まず、やってはいけないことは関連性の低いページとつなげてしまうことです。

例えば、「ゴルフ」に関するページなのに、「ラーメン」に関するページとつなげてしまうと、関連性が低いわけなので、評価が下がり、順位を落とす恐れがあります。

なので、サイトのジャンルを一つに絞ると関連性の高いページどうしをつなげやすくなります。

「詳細はこちら」のようなアンカーテキストにしてしまう

アンカーテキストとは、内部リンクを貼る際のテキスト(文章)のことです。

「詳細はこちら」や「ここをクリック」などのアンカーテキストは、リンク先のページ内容がよくわからないので、クローラーやユーザーにとってよくありません。

したがって、順位を下げてしまうリスクがあります。

なので、リンク先のページ内容がちゃんとわかるアンカーテキストにすることが重要です。

リンク先の内容と無関係なアンカーテキストにしてしまう

例えば、リンク先が「国内旅行」に関する記事にも関わらず、アンカーテキストには「海外旅行」というキーワードが含まれている場合などです。

リンク先とアンカーテキストが一致していないので、クローラーによくありません。

また、ユーザーにとっても、書かれているアンカーテキストと、移行したページ内容が違うわけなので、違和感を覚え、離脱の原因となってしまいます。

間違ったリンクを貼ってしまうミスも、絶対に起こらないとはいえないので、そうならないように気をつけましょう。

また、『SEOに悪影響?内部リンクの多すぎによる影響とは』という記事でも、内部リンクの貼り方のポイントに触れていますので、ご一緒にチェックしていただければと思います。

最後に

本記事では、大きくわけると、以下のことについて解説しました。

  • 内部リンクを張り巡らすコツ
  • 記事内に内部リンクを貼る際、やってはいけないこと

内部リンクは、クローラーやユーザーにとって、とても大切なため、順位の影響にもつながります。

なので、内部リンクを意識して、サイト設計や記事作成をおこなってほしいと思います。

繰り返しになりますが、その際は、「ユーザー目線」を忘れないようにしましょう。

【PR】動画講座を無料プレゼント

私は、検索エンジンに評価されやすい最新のサイト作りと、そのコツについての情報を提供しています。

Googleアップデート後でも、検索順位を上げ、トップ10入り記事を増やしている田村が、検索エンジンに好かれ、上位表示の可能性を高めるポイントをまとめた「動画講座」をプレゼントしています。

最新情報などを【LINE】と【メールマガジン】でお届けしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る