【SEO】タイトル変更するとペナルティになるの?

【SEO】タイトル変更するとペナルティになるの

こんにちは、SEOアドバイザーの田村です。

SEOに取り組んでいるため、タイトル変更したいがペナルティになってしまわないか不安に感じていませんか?

ペナルティになってしまうと、検索順位に悪影響を及ぼします。

そこで、本記事では、タイトル変更することでペナルティになるのかについて解説していきます。

タイトル変更するとペナルティになるのか

タイトル変更するとペナルティになるのか

では、タイトル変更をすると、ペナルティになるのかについて解説します。

ペナルティになる可能性はゼロではない

短期間でタイトル変更の頻度が多ければ、検索エンジンに不審に思われ、ペナルティになる可能性があります。

というのも、検索エンジンにとってタイトルは、大切な部分だからです。

しかし、私の経験談を話すと、タイトル変更を3回おこなっても、ペナルティになることはありませんでした。

おそらく、変更する際に数週間以上経ってから、おこなっていたからだと思います。

ですので、ペナルティリスクを可能な限り低くするために、タイトル変更をする際は、期間をあけておこなうことをオススメします。

他のリスクも知っておこう

タイトル変更によるペナルティのリスクは低いものの、タイトル変更をする前に、ぜひ知っておいてほしい他の注意点があります。

そのことについてまとめた記事がありますので、下記の記事を見ていただければと思います。

記事のタイトルを変更するリスクは?SEOの影響が心配な方へ

ペナルティになる行為は他にもたくさんあります。

ペナルティを避けるためにも、覚えておいてほしいと思いますので、ぜひ読み進めてくださいね。

Googleがペナルティと判断する行為

Googleがペナルティと判断する行為

Googleがペナルティと判断する行為は、以下の通りです。

・コンテンツの自動生成

・リンクプログラムへの参加

・オリジナルコンテンツがほとんど、またはまったく存在しないページの作成

・クローキング

・不正なリダイレクト

・隠しテキストや隠しリンク

・誘導ページ

・コンテンツの無断複製

・十分な付加価値のないアフィリエイトサイト

・ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み

・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成

・リッチスニペット マークアップの悪用

・Googleへの自動化されたクエリの送信

引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品室に関するガイドライン)

SEOで成果を出したいのであれば、上記のことを絶対にやってはいけません。

健全なサイト運営をすれば、少しずつ検索エンジンに評価され、上位表示できる記事が増え、検索流入も増えるようになります。

ペナルティになってしまった時の対処法

もし、ある日突然、ペナルティを受けてしまったら、焦りますよね。

しかし、あらかじめどのような対処をすれば良いのかを知っておくと、慌てずに対応することができます。

そこで、ペナルティになってしまった時の対処法についてまとめた記事がありますので、一度は目を通していただければと思います。

SEO対策とGoogleペナルティの関係!対処法まで解説

最後に

本記事では、大きくわけると、以下のことについて解説しました。

  • タイトル変更するとペナルティになるのか
  • Googleがペナルティと判断する行為

少しでも参考になれば幸いです。

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、初心者の方向けに、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとり、日々の配信を楽しみに待っていてください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る