共起語はSEOの効果を期待できるのか?

共起語はSEOの効果を期待できるのか?

こんちには、SEOアドバイザーの田村です。

共起語を用いることで、SEO効果が期待できるかどうか気になっていませんか?

もし、間違った認識をしていると、サイトの評価を下げてしまう恐れがあります。

そこで、本記事では、共起語とSEOの関係を正しく理解していただけるよう解説していきたいと思います。

共起語とは

共起語とは

そもそも共起語とは、あるキーワードに対して、一緒に使われそうなキーワードのことを言います。

例えば、「ブログ」の共起語であれば、「WordPress」や「ライティング」、「リライト」、「コンテンツ」、「インターネット」などが挙げられます。

共起語と間違いやすいのが、「関連キーワード」や「サジェストキーワード」です。

関連キーワードとは、例えば「ブログ」の場合、「ブログ 初心者」、「ブログ コツ」のように、「ブログ ○○」といったキーワードを指します。

Google検索であれば、検索結果の一番下に10個ほど表示されます。

また、サジェストキーワードとは、Googleなどの検索サービスが予測して、自動で表示されるキーワードを言います。

例えば、検索窓に「WordPress」と入力すると、「WordPress 使い方」、「WordPress テーマ」のように候補が表示されます。

少しまぎらわしいですよね。

では、次に、共起語とSEOの関係について解説していきます。

共起語とSEOの関係

共起語とSEOの関係

結論から言うと、共起語を用いると、SEO効果が期待できます。

というのも、網羅性が高まり、ユーザーの検索意図の答えとなる記事に仕上がりやすくなるからです。

ただし、共起語を入れさえすれば、SEO効果が発揮されるというわけではないので、注意してください。

狙うキーワードの検索意図を考慮して、共起語を選ぶ必要があります。

共起語はSEO効果を期待できるだけではありません。

さらなるメリットをお伝えしたいと思います。

共起語を用いるメリット

共起語のメリット

では、共起語を用いるメリットをお伝えします。

別のキーワードの検索流入もあり得る

共起語を使うと、狙っているキーワード以外に、共起語を含めた別のキーワードからのアクセスも見込めます。

例えば、狙うキーワードを「子育て わからない」とします。

共起語に「育児」や「難しい」が含まれているとすると、「育児 難しい」というキーワードからの検索流入の可能性もあるというわけです。

検索流入のチャンスを増やせるわけなので、共起語を使わない理由がないですよね。

そこで、次に、共起語を使う時のポイントについて、説明していきます。

共起語を使う際のポイント

共起語を使う際のポイント

では、共起語を使う時のポイントを3つお伝えします。

共起語を意識せず記事を書く

まずは共起語を意識せずに、記事を書いてください。

初めから共起語を意識してしまうと、本来伝えるべき内容とズレてしまう可能性があります。

ですので、共起語を一旦忘れて、ご自身で検索意図に対する答えとなる文章を書きましょう。

上位ライバルの共起語を調べる

記事を書き終えたら、次に、上位ライバルサイトの共起語を調べます。

というのも、上位ライバルが使用している共起語を使うほうが、SEO効果を期待できそうではありませんか?

なぜなら、すでに上位表示されているからです。

手作業で共起語を集めることはできますが、時間と労力がかかってしまうので、ツールを使う方が圧倒的に簡単で、早く終わります。

後ほど、オススメの共起語ツールをご紹介したいと思います。

自然な形で共起語を入れる

上位ライバルが使用している共起語を集めたら、不自然な文章にならないように、共起語を含めていきます。

前後の文章の流れが変にならないように、くれぐれも注意していただきたいと思います。

もし、文章がおかしくなってしまうと、ユーザーだけでなく、検索エンジンにも悪影響を及ぼす可能性があります。

さらに、注意してほしいこともありますので、そのことについて、お伝えしたいと思います。

共起語を入れる時の注意点

共起語を入れる時の注意点

では、共起語を含める時の注意点を1つお伝えします。

詰め込み過ぎない

共起語を入れることで、網羅性、さらには専門性も高めることができるので、結果的に、SEO効果が期待できるわけですが、だからといって、共起語を詰め込めば良いというわけではありません。

逆に、共起語を詰め込み過ぎると、文章が変になってしまいます。

それでは元も子もないので、共起語を入れることに対して、必死になり過ぎないでほしいと思います。

先ほど、少し触れましたが、次はおすすめの共起語ツールをご紹介したいと思います。

おすすめの共起語ツール

おすすめの共起語ツール

共起語ツールを2つおすすめしたいと思います。

共起語検索

「共起語検索」は無料で使えるツールです。

キーワードを入力すると、Googleでの上位30サイトを母集団に、共起語リストを表示してくれます。

使われている回数がわかるので、優先順位を付けて、共起語を選ぶことができます。

共起語検索

コンテンツスカウターZ

「コンテンツスカウターZ」はCatch the Webグループさんが提供している有料ツールです。

上位10サイト(100サイトまで選択可能)で使われている共起語を多い順で、数百個も一覧で表示してくれるので、網羅性を高めることが可能になります。

コンテンツスカウターZは、共起語を調査するだけでなく、関連キーワードの取得、上位表示させやすいキーワードを見つけるためのライバルサイトデータの抽出、そして、上位表示させやすい記事を書くことに役立つライバルサイトの見出し構成データの取得もおこなえるSEOツールです。

コンテンツスカウターZ

最後に

本記事では、大きく分けると、以下のことについて解説しました。

  • 共起語とは
  • 共起語とSEOの関係
  • 共起語を用いるメリット
  • 共起語を使う際のポイント
  • 共起語を入れる時の注意点
  • おすすめの共起語ツール

SEO効果を少しでも高めるためにも、共起語を使った方が良いということが言えます。

ただし、変な使い方にならないよう気をつけてくださいね。

さらにSEO効果を高めたければ、SEO対策について詳しくまとめた記事がありますので、そちらもぜひチェックしていただければと思います。

必見!SEO対策のチェックリスト27項目【初心者向け】

【PR】動画講座を無料プレゼント

私は、検索エンジンに評価されやすい最新のサイト作りと、そのコツについての情報を提供しています。

Googleアップデート後でも、検索順位を上げ、トップ10入り記事を増やしている田村が、検索エンジンに好かれ、上位表示の可能性を高めるポイントをまとめた「動画講座」をプレゼントしています。

最新情報などを【LINE】と【メールマガジン】でお届けしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る