アクセスアップを狙うタイトルの付け方7つのポイント

アクセスアップを狙うタイトルの付け方

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

アクセスアップにつながりやすいタイトルの付け方について悩んでいませんか?

そこで、本記事では、アクセスアップを狙うタイトルの付け方を7つご紹介します。

最後まで読んでいただくと、クリックされやすい記事を作ることができ、アクセスアップにつながりやすくなります。

アクセスアップを狙うタイトルの付け方7つのポイント

アクセスアップを狙うタイトルの付け方8つのポイント

では、アクセスアップにつなげるためのタイトルの付け方を7つご紹介します。

ターゲットが一目でわかる

誰に対して書いた記事なのかがわかると、そのターゲットとなるユーザーにクリックされやすいです。

というのも、自分に当てはまっていると、つい気になってしまうからです。

例えば、「SEO」というキーワードがタイトルに含まれていれば、SEOに取り組んでいる人が反応するでしょう。

また、さらにターゲットを絞って、タイトルに「SEO」と「タイトル」というキーワードが含まれていれば、SEOに取り組んでいて、タイトルに何か悩みを持った人だけが反応するようになります。

いくら良い内容が書かれていても、極端な例ではありますが、「有益な情報です!」といったタイトルであれば、ターゲットがよくわからないので、クリックされない可能性が高いわけです。

なので、ターゲットがはっきりわかるタイトルを付けてあげましょう。

パッと見て記事内容をイメージできる

タイトルをパッと見ただけで、内容がイメージしやすければ、クリックされやすいです。

逆を言うと、よくわからないタイトルだと、クリックしてまで、記事を見ようと思わないですよね。

なので、内容が伝わるタイトルを心がけましょう。

数字を使う

数字を使うことで、具体的にイメージしやすくなるので、興味をもたせることができ、クリックされやすくなります。

例えば、ただ単に「痩せる方法」よりも、「5キロ痩せる方法」の方が気になってしまいますよね。

なので、数字を使うことはおすすめです。

簡単ということを伝える

『自分にもできそう』と思わせるタイトルであれば、クリックもされやすくなります。

例えば、「初心者でも」や「3分でできる」であれば、簡単さが伝わるので、『それなら自分にも、、、』と試してみたくなりませんか?

直接的に「簡単」という言葉を用いても良いですが、上記で挙げたような、一工夫した言葉でも大きな効果を見込めます。

ですので、「簡単さ」をアピールできないかを考えてみましょう。

ネガティブな印象を与える

例えば、「失敗してしまうやり方」や「間違った方法」のように、ネガティブな用語が入っていると、そのことに対して、『避けたい』といった心理が働きやすいので、クリックされやすいです。

このような心理を「損失回避の法則」と言います。

人間は、利益を得る喜びよりも、損をしたくないという気持ちの方が大きく働きやすいという法則です。

煽(あお)ることに使われがちですが、健全に使っていただきたいと思います。

権威性をアピールする

権威性をアピールできると、説得力が増すので、クリックされやすくなります。

例えば、「○○の専門家が語る!」のように、「専門家」を名乗ることができると、効果的です。

しかし、初心者の方であれば、なかなか名乗ることはできませんよね。

その場合、見せ方にちょっと工夫することで、専門家のように表すことができます。

嘘をつけと言いたいわけではないので、誤解をしないでくださいね。

例えば、ブログ歴1年だとしても、「365日ブログを更新し続けた僕が語る!」のような表現だと、『お、すごい!』となりませんか?

このように、表現を変えて、専門家のように見せることはできないかを考えてみましょう。

また、ブログのテーマを一つに絞ることで、ブログの専門性が高まり、専門家になりやすいです。

疑問形で終わる

「?」で終わっていると、興味が湧きやすく、続きが気になる感情が働き、クリックされやすくなります。

例えば、「○○とは?」や「~か?」などが挙げられます。

質問を問いかけるように作れば良いので、簡単に作れます。

タイトルは、ユーザーがまず最初に目にする部分であり、クリックするかどうか判断されるので、とても重要です。

そこで、タイトル作りがもっと上手くなる取り組みをご紹介したいと思います。

気になったタイトルを保存しておく

気になったタイトルを保存しておく

あなたは新聞や雑誌、ネットニュースなどで、日々、タイトルを目にすると思います。

そして、気になったタイトルに、つい目を留めたことがあるのではないでしょうか。

その、気になったタイトルを保存しておきましょう。

保存する際には、Evernote(エバーノート)という無料で使えるツールがおすすめです。

Evernoteは、パソコンとスマホで同期できるので、スマホから保存したとしても、パソコンでも見ることができます。

そして、記事タイトルを考える時に、保存したタイトルを参考にして作ると、良いタイトルに仕上がります。

もちろん、まるパクリはダメですよ。

あなたが惹かれたタイトルを保存すればするほど、タイトルの参考資料が増えるので、ぜひやってみてほしいと思います。

これまでは、ただアクセスアップにつながるためのポイントについて、解説しましたが、検索流入を狙っているのであれば、Google検索エンジンを意識したタイトル作りもしなければなりません。

そこで、SEOを意識したタイトルの作り方についても、解説します。

検索流入のアクセスアップを狙う場合

検索流入のアクセスアップを狙う場合

検索流入のアクセスアップを考える場合、検索結果の1ページ目に表示させなければなりません。

そのためには、SEOに良いタイトル作りをする必要があります。

もし、SEOを無視して、タイトルを作ってしまうと、上位表示させることができなくなり、検索エンジンからのアクセスを集めることができません。

そこで、SEO効果を高めるタイトル作りをまとめた『SEOを意識したタイトルの付け方!守るべき9つのルール』という記事がありますので、SEO効果を少しでも高めたい人は、ぜひチェックしてください。

最後に

本記事では、大きく分けると、以下のことについて解説しました。

  • アクセスアップを狙うタイトルの付け方7つのポイント
  • 気になったタイトルを保存しておく
  • 検索流入のアクセスアップを狙う場合

気になったタイトルを保存しておく方法は、読者を惹きつけるタイトル作りに役立つので、ぜひ試してほしいと思います。

そして、検索エンジンからのアクセスアップをしたければ、SEOを意識することも忘れないでほしいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

【PR】動画講座を無料プレゼント

私は、検索エンジンに評価されやすい最新のサイト作りと、そのコツについての情報を提供しています。

Googleアップデート後でも、検索順位を上げ、トップ10入り記事を増やしている田村が、検索エンジンに好かれ、上位表示の可能性を高めるポイントをまとめた「動画講座」をプレゼントしています。

最新情報などを【LINE】と【メールマガジン】でお届けしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る