WordPressのパーマリンクでSEOにおすすめの設定は?

wordpressでSEOにおすすめのパーマリンク設定

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

WordPressを使い始めると、設定することがたくさんあり、苦労しているのではないでしょうか?

パーマリンクの設定もその一つだと思います。

パーマリンクは最初の設定がすごく重要です。

失敗しないためにも、本記事では、初心者の方でも理解できるように、わかりやすくSEOにおすすめのパーマリンク設定について、解説します。

パーマリンクとは

パーマリンクについて

まず、パーマリンクとは、各ページに付けられるURLの末尾部分を指します。

上図の赤で囲った部分が、パーマリンクと呼ばれる部分です。

WordPressだと、パーマリンクを設定する時に、「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」「投稿名」「カスタム構造」の中から、選ぶことができます。

どの設定がおすすめかは、のちにご紹介します。

パーマリンクとSEOの関係

パーマリンクとSEOの関係

ーマリンクにSEO効果があるとしても、微々たるものなので、重要度としては、それほど高くなく、やらないよりはやってあった方が良いよね、程度のものです。

これから、おすすめのパーマリンクの設定についてお伝えしますが、もし、おすすめとは違うパーマリンクだとしても、ダメというわけではないので、焦らないでくださいね。

おすすめのパーマリンク設定

おすすめのパーマリンク設定

おすすめのパーマリンク設定はといいますと、下図のように、「カスタム構造」にチェックを入れ、「%postname%」を選択することです。

こうすることで、各ページごとの内容に合ったパーマリンクをご自身で、決めることができます。

パーマリンクを付ける時の4つのポイント

パーマリンクを付ける時の4つのポイント

パーマリンクをカスタム構造の「%postname%」を選択することで、それぞれのページに対して、ご自身でパーマリンクの名前を付けることができます。

そこで、パーマリンクの名前を付ける時のポイントを4つご紹介します。

半角・小文字の英数字を用いる

パーマリンクには半角・小文字の英数字を使用します。

例えば、「affiliate」や「money」といった感じです。

ちなみに、それぞれの意味は「アフィリエイト」と「お金」です。

この時に、日本語よりもアルファベット、アルファベットよりも英語で記述することをおすすめします。

というのも、サイトの情報を集めているクローラーと呼ばれるプログラムが、理解しやすいわけです。

また、日本語で「アフィリエイト」や「お金」と設定してしまうと、SNSなどにそのページのリンクが貼ってある場合に、日本語で設定したパーマリンクの部分が「%3A%2F・・・」のように、アルファベットと数字の羅列で表示されてしまいます。

とても長くなってしまい、ユーザーからすると、怪しいリンクに見えてしまう可能性があります。

ですから、アルファベットはまだ良いとしても、日本語はおすすめしません。

ハイフン(-)を用いる

英単語と英単語を区切る時は、ハイフン(-)を使います。

例えば、「英語初心者」のパーマリンクを付けたいなら「english-beginner」という具合にハイフン(-)で区切ります。

『どうしても英語は無理!』という方は、「eigo-syosihnsya」でも良いでしょう。

もう一つ例を挙げると、「旅行のおすすめ」のパーマリンクを付けるなら、「trip-recommendation」といった具合になります。

また、アルファベットの場合だと、「ryokou-osusume」という具合になります。

記事の内容が伝わるようにする

パーマリンクを設定する時は、記事の内容が伝わるように設定します。

そうすることで、検索エンジンに良いだけでなく、ユーザーもURLをパッと見ただけで、内容をイメージすることができます。

例えば、「北海道旅行の持ち物」に関する記事なら、「hokkaido-trip-baggage」、「hokkaido-ryoko-motimono」のように考えることができます。

シンプルにする

パーマリンクは、できるだけシンプルになるように作ります。

例えば、狙っているキーワードが「料理 作り方 簡単」であれば、英語だと「how-to-cook-easily」のように考えられますが、もっとシンプルにすると「easy-cooking」のように考えられます。

また、アルファベットだと、「ryori-tukurikata-kantan」と考えることもでき、もっとシンプルにするなら、「kantan-ryori」のように短くすることができます。

『これが正解』というのはないので、あまり難しく考える必要はありません。

これまでに4つのポイントをご紹介しましたが、Googleサーチコンソールヘルプに、もっと具体的に書かれているので、一度目を通してみることをおすすめします。

参考:『Googleサーチコンソールヘルプ

パーマリンクを途中で変えない方が良い理由

パーマリンクを途中で変えない方が良い理由

おすすめのパーマリンク設定をお伝えしましたが、おすすめのと違う設定をしている方だと、パーマリンクを変えようと思っているかもしれません。

しかし、パーマリンクを途中で変えない方が良いわけです。

その理由についてお伝えします。

ページの評価が下がる

パーマリンクの設定を途中で変えてしまうと、URLが変わってしまうので、ページの評価が下がり、検索順位が下がってしまいます。

すぐに元の順位に戻れば良いですが、元に戻らない可能性もゼロではありません。

せっかく上げた順位が下がってしまっては、苦労が水の泡となってしまいます。

リンクからアクセスされた場合、エラー表示になる

例えば、パーマリンクの変更前に、SNSなどに、あるページのリンクを貼ってあったとします。

そして、パーマリンクを変更した後、SNSなどに貼ってあるリンクと違うリンクとなってしまうので、SNSなどに貼ってあるリンクをクリックしても、ページを開くことができず、エラーページが表示されてしまいます。

SNSからサイトへの集客のチャンスを逃すことになってしまいます。

リダイレクトの設定が大変

リダイレクトとは、古いURLから新しいURLへ飛ばすことができる方法です。

一つ一つのページに設定を行なっていくので、記事数が多いほど、大変な作業になってしまいます。

パーマリンの設定を途中で変えても、リダイレクトという方法がありますが、古いURLでの評価を新しいURLへ、100%引き継げる保証はないので、評価が下がってしまうリスクがあります。

そのリスクを負ってまで、パーマリンク設定を変える必要はありません。

WordPressのパーマリンクの設定のやり方

パーマリンクの設定のやり方

最後にパーマリンクの設定のやり方をお伝えします。

WordPressのパーマリンク設定のやり方は、とても簡単です。

下図のように、左に表示されているメニューから、「設定」>「パーマリンク設定」を選択します。

それから、おすすめしている「カスタム構造」にチェックを入れ、「%postname%」を選択するだけです。

あとは、「投稿」>「新規追加」で、記事を書く時に、パーマリンクをご自身で付けられるようになっているので、記事の内容に合ったパーマリンクを付けるだけです。

最後に

WordPressのパーマリンクでSEOにおすすめの設定について、解説しました。

SEO効果として、微々たる効果を得られるかな、程度のものなので、おすすめした設定と違うパーマリンクだからといって、無理に、途中で変更する必要はありません。

というのも、私のこのサイトの設定は、「数字ベース」ですが、検索エンジンに評価され、記事も上位表示できています。

パーマリンク設定の変更のタイミングを逃してしまったのが、少し後悔ではありますが。

パーマリンクの設定は、SEOの中の一つの対策に過ぎません。

もっとSEO対策について知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考:『WordPressでやるべきSEO対策を初心者向けに徹底解説

少しでも参考になればと思います。

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとってください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る