必見!SEO対策のチェックリスト27項目【初心者向け】

SEO対策のチェックリスト

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

SEO対策の効果を少しでも上げるために、『あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ』とやることが多くて、大変ですよね。

まして、初心者の方であれば、慣れていないと思うので、SEO対策漏れが起こってしまうかもしれません。

そこで、SEO対策漏れが起こらないように、初心者の方が理解できるチェックリストを作りました。

もくじ

URLに関するチェックリスト

URLに関するチェックリスト

URLに関するチェックリストです。

独自ドメインを取得しているか

SEOに取り組み、本気で検索エンジンからのアクセスを増やしたいのなら、独自ドメインを取得し、サーバーをレンタルし、ワードプレスを利用することをおすすめします。

というのも、今の時代、アメブロのような無料で作れるブログだと、上位表示させにくい傾向にあります。

また、無料ブログだと、ブログサービスを提供している会社に依存していることになるので、ブログサービスが終了すれば、築き上げたものが全てなくなります。

さらに、規約が変更されれば、それに従わないといけません。

独自ドメインを取得してしまえば、自分のものですし、使っているサーバがダメになってしまえば、他のサーバーを探すことで解決できますし、ワードプレスは無料なので、築き上げたものを失う心配はありません。

キーワード選定に関するチェックリスト

キーワード選定に関するチェックリスト

次は、キーワード選定に関するチェックリストです。

SEOキーワードを一つに決めたか

キーワード選定をおこなう時、上位表示させたいSEOキーワードを一つ決めます。

たとえば、「英語 初心者 上達」のように、意味のある組み合わせであれば、一つのSEOキーワードとして、カウントします。

SEOキーワードを一つに決めることで、上位表示させたいキーワードが、検索エンジンに伝わりやすくなります。

やみくもにSEOキーワードを選んでしまっては、成果が出にくくなってしまいます。

そこで、キーワード選定のコツについて解説した記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

参考:『ブログのキーワード選定のコツ!具体的なやり方を解説

記事に関するチェックリスト

記事に関するチェックリスト

次は、記事に関するチェックリストです。

記事タイトルにSEOキーワードを入れているか

SEOキーワードを一つ決めたら、そのキーワードを記事タイトルに含め、その上で、記事タイトルを考えます。

記事タイトルは、ユーザーだけでなく、検索エンジンにとっても、大事な部分なので、しっかりと考えることが大切です。

記事タイトルを考える上での注意点やポイントについて、解説した記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

参考:『SEO対策で重要!ブログ記事タイトルの注意点8つとポイント3つ

内容が伝わるディスクリプションが書かれているか

ディスクリプションは、SEOに直接関係しているわけではありませんが、検索結果に記事が表示された時に、記事をクリックしてくれるか、に影響を与えるので、きちんと考える必要があります。

そこで、ディスクリプションの書き方のポイントについて、解説した記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

参考:『SEO効果に期待!ディスクリプションの書き方8のポイント

また、SEOを意識したディスクリプションの文字数に関して、解説した記事もありますので、そちら記事も参考にしてください。

参考:『SEOを意識したディスクリプションの文字数は?

見出しタイトルにSEOキーワードを入れているか

見出しタイトルの場合は、SEOキーワードを無理に入れてはいけません。

自然に入れることができたら、入れるという感じです。

見出しタイトルもユーザーと検索エンジンに対して、とても大切な部分になるので、しっかりと考える必要があります。

そこで、見出しタイトルの効果的な書き方について、解説した記事がありますので、参考にしてみてください。

参考:『ブログの見出しの効果的な書き方9つご紹介します

本文にSEOキーワードを入れているか

本文にもSEOキーワードを入れます。

本文に入れる場合、自然な文章になるなら、SEOキーワードを入れるといった感じです。

くれぐれも、無理に、たくさんSEOキーワードを入れよう、という考え方はしないでくださいね。

SEOキーワードを無理に入れていないか

昔は、キーワード出現率といって、SEOキーワードが記事全体に対して、5%ほど含まれていると、上位表示しやすいといったテクニックがありました。

そのため、不自然な文章になろうが、とにかくSEOキーワードをたくさん含めていました。

しかし、今の時代、文章が不自然になってまで、過剰にSEOキーワードが含めてしまうと、ペナルティになる恐れがあるので、無理にSEOキーワードを入れようとしないでくださいね。

検索意図に対する内容が書かれているか

検索意図とは、ユーザーは何を知りたくて、そのキーワードで検索したのか、ということです。

検索エンジンは、ユーザーが満足する記事を高く評価し、上位表示させようとします。

ですから、検索意図をしっかり考えることが、とても重要です。

検索意図を考え、良質な記事を書くのを手助けしてくれるツールがあるので、ご興味をお持ちの方は、下記記事を参考にしてください。

参考:『コンテンツスカウターZでSEOを高め、検索流入アップ

オリジナリティがあるか

検索エンジンは、オリジナリティがある記事を高く評価します。

内容が他のサイトの記事と、ある程度似てしまうのは仕方のないことです。

ですから、他のサイトと差別化できるように、工夫をしていくことが大切です。

似たようなページはないか

他のサイトのページと似たようなページがあれば、検索エンジンにコピーしたページと判断され、ペナルティになる危険もあるので、注意が必要です。

また、あなたのサイトの内でも、似たようなページがあると、評価を下げてしまう原因につながるので、気を付けましょう。

画像を適度に設置しているか

何千、何万文字と書いて、文字だけだと、すごく見にくくなってしまいます。

そして、読んでいて、疲れてしまいますし、途中で飽きてしまわれたら、他のサイトへ行く可能性があります。

そのようなことを防ぐために、画像を適度に設置することをおすすめします。

内容に合う画像を選んでいるか

画像を設置するとはいえ、何でも良いというわけではありません。

記事の内容に合う画像を選ぶことがポイントです。

というのも、記事の内容に合う画像を設置することで、記事内容をイメージしやすくなり、内容が記憶に残りやすくなるからです。

画像に適切な説明文を記述したか

画像の説明文のことを、alt属性やaltタグの設定、代替テキストと呼びます。

画像に合った説明文を記述すると、その説明文に含まれているキーワードからの検索流入が見込めます。

検索流入の入り口を増やすためも、必ず記述しましょう。

画像の説明文の記述の仕方のコツについての記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

参考:『SEO対策の1つとされるaltタグの役割と効果的な書き方

文章の装飾は適度か

文章を太字にしたり、マーカーを引いたりなどの装飾が多いと、逆に、どこが大切なポイントかがわからなくなってしまいます。

そのため、わかりにくい記事となり、ユーザーが他のサイトへ移ってしまうかもしれません。

そうなってしまうと、結果として、評価が下がってしまいます。

ですから、本当に重要な文章だけを装飾するようにしましょう。

引用部分には引用タグを用いているか

文章を引用する時は、引用タグを使います。

引用タグをきちんと使うことで、検索エンジンに、「引用部分ですよ」と伝えることができます。

検索エンジンは、どのサイトから引用したかまでわかるほど、賢いです。

ですから、引用タグを使わずに、そのまま文章を引用してしまうと、コピペと判断されて、評価を落としてしまいます。

私自身、初心者のころ、引用タグの存在を知らずに、文章を引用してしまっていました。

幸いにも、まだ、記事数が少なかったので、影響は全くありませんでした。

忘れたでは済まされないので、文章を引用する時は、引用タグを使うことを忘れないように気を付けましょう。

内部リンクを設置しているか

内部リンクとは、ご自身のサイト内で、あるページから、別のページへ移る時のリンクを指します。

内部リンクの設置はSEO効果を高める働きがあります。

だからといって、やみくもに内部リンクを設置すれば良いというわけではありません。

内部リンクを設置しようとしている記事に対して、その記事内容と合う内部リンクを設置することで、SEO効果を高めることができます。

アンカーテキストにSEOキーワードを入れているか

アンカーテキストとは、文章にリンクを貼り付ける時の文章のことを指します。

アンカーテキストにリンク先のSEOキーワードを入れてあげると、SEO効果があるとされています。

また、SEOキーワードを含めて、リンク先がどのような内容かがわかるアンカーテキストであれば、ユーザーも安心してページを開くことができます。

良い例を挙げるなら、リンク先の記事タイトルをアンカーテキストにすることです。

悪い例を挙げるなら、「詳細はこちら」のように、リンク先のページの内容がわからないアンカーテキストです。

リンクは切れていないか

記事内に貼り付けたリンクが切れてしまい、そのまま放置してしまうと、SEOに悪い影響が出てしまいます。

しかも、ユーザーがその切れてしまっているリンクをクリックすると、エラーページへ飛ばされるので、サイトそのものに対して、不安を感じてしまい、他のサイトへ移ってしまう可能性があります。

せっかく集客できたのに、チャンスを失ってしまうことになります。

それを防ぐためにも、リンク切れが起こっていないかを、定期的に確認することが大切です。

また、リンク切れを防ぐためのプラグインをご紹介している記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

参考:『リンク切れ対策のプラグイン使ってる?ワードプレスなら簡単に

記事内容と一致するパーマリンクを設定しているか

パーマリンクとは、それぞれの記事に対するURLのことです。

例えば、『旅行のおすすめ』に関する記事の場合、「travel-osusume」や「trip-osusume」のように、記事の内容が伝わるパーマリンクに設定します。

「-(ハイフン)」は、単語を区切るためのものです。

パーマリンクを設定する際のポイントについてまとめた記事がありますので、もっと知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

参考:『WordPressのパーマリンクでSEOにおすすめの設定は?

外部対策に関するチェックリスト

外部対策のチェックリスト

外部対策に関するチェックリストです。

テクニック的な方法で被リンクを集めていないか

被リンクとは、あなたのサイトのリンクが、他のサイトに貼られているリンクを指します。

以前は、被リンクが多いほど、上位表示させることができたので、被リンクを購入したり、サブサイトを何十、何百と作り、そのサブサイトからメインサイトへ被リンクを送るといった方法が流行っていました。

しかし、今となっては、そのような方法はペナルティの対象となってしまいます。

ですから、絶対にしないようにしてください。

今の時代、被リンクを自分から集めるのではなく、自然に集まるくらいで十分です。

自然に被リンクが集まるには、ユーザーに、あなたのサイトを良いと思ってもらう必要があります。

そう思ってもらうために、良質なコンテンツ(記事)を増やしていきましょう。

ツールに関するチェックリスト

ツールに関するチェックリスト

ツールに関するチェックリストです。

Googleサーチコンソールにご登録しているか

サーチコンソールは、どんなSEOキーワードで、あなたのサイトへ訪れているのか、また、そのキーワードでの検索順位を知ることができます。

SEOに取り組んでいるのなら、必須ツールです。

まだ、登録していない方は、必ずご登録しましょう。

Googleアナリティクスにご登録しているか

アナリティクスは、ユーザーがどのページへ訪れ、また、どのページがよく見られているのかを調べることができます。

アナリティクスはサイトを強化していく上で、役立つツールなので、ご登録していない方は、必ずご登録しましょう。

その他に関するチェックリスト

その他に関するチェックリスト

その他に関するチェックリストです。

SSL化はされているか

SSL化とは、サイトのセキュリティを強化するための対策です。

サイトのURLの始まりが「http」から「https」へと変わります。

検索エンジンを提供しているGoogleも推奨していることなので、まだされていない方は、早めに終わらせましょう。

SSL化のやり方は、使用しているサーバーによって異なりますので、ご使用のサーバーをご確認ください。

スマホ対応されているか

スマホでサイトを見た時に、スマホでも見やすく、使いやすいサイトになっているか、ということです。

そこで、あなたがご使用しているテーマ(テンプレート)がレスポンシブwebデザイン対応かを確認しましょう。

レスポンシブwebとは、サイトをサイトで見る時と、スマホやタブレットで見る時に、それぞれのデバイスで見やすい表示へと自動的に切り替わるシステムのことです。

もし、レスポンシブwebデザイン対応でなければ、下記記事より、おすすめのテーマ(テンプレート)をご紹介していますので、参考になればと思います。

参考:『低価格なのにクオリティが高いWordPress用テンプレート

サイトマップを設置しているか

サイトマップとは、どんな記事があるのかをカテゴリで分類し、見やすくできるものです。

ユーザーに過去記事を見てもらえるチャンスにつながります。

そして、ユーザービリティ向上にもなりますので、サイトの評価を上げるチャンスにもつながります。

サイトマップを設置していない方は設置することをおすすめします。

サイトの表示速度は速いか

サイトの表示速度が遅いと、イライラさせてしまうので、他のサイトに移る可能性があります。

そうなると、ユーザービリティが低いということになりますので、サイトの評価が下がってしまいます。

特に、スマホでの表示速度には気を付けましょう。

E-A-Tを高めているか

E-A-TとはEepertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のそれぞれの頭文字をとったものです。

こられを意識したサイトが検索結果の1ページ目に表示されやすい傾向にあります。

今後も、その傾向は強くなるでしょう。

ですから、今のうちに、E-A-Tを意識したサイト作りをしていきましょう。

最後に

初心者向けのSEO対策のチェックリストをご紹介しました。

やるべきことはたくさんありますが、まずはご自身ができることを一つずつおこなってください。

その積み重ねによって、上位表示される記事が増え、アクセスアップにつながり、サイトの収益アップにもつながるようになります。

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとってください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る