SEO効果に期待!ディスクリプションの書き方8のポイント

SSEOを意識したディスクリプションの書き方

こんにちは、SEOアドバイザーの田村です。

ディスクリプションの書き方について悩んでいませんか?

ディスクリプションは、SEOに直接的に関係しているわけではありませんが、ディスクリプション次第で、記事が読まれるかどうか、が決まる要素の一つです。

なぜなら、ディスクリプションは、検索結果に表示される記事タイトルの下に、スニペットとして、表示されるからです。

そして、記事を読まれれば、検索順位に影響を与えられる可能性もあるので、SEOの効果も期待できます。

ですから、記事を読んでもらえる可能性を高めるためにも、ディスクリプションをしっかり書く必要があります。

そこで、本記事では、ディスクリプションの書き方について、8つのポイントをご紹介します。

SEO効果を狙うディスクリプションの書き方8のポイント

ディスクリプションの書き方9のポイント

SEO効果を狙うディスクリプションの書き方についてのポイントを8つご紹介します。

SEOキーワードを始めのほうに含める

SEOキーワードを最初のほうに含めましょう。

ユーザーが検索したキーワードは、スニペット内で、太字で表示されるので、そのキーワードが文の始めに含めれていると、ユーザーの目に入りやすくなります。

ですから、ディスクリプションを書く時は、SEOキーワードをできるだけ、最初の方に入れるよう心がけましょう。

わかりやすい内容にする

その記事の内容は、どのような内容なのか、が中学生でも理解できるくらい、わかりやすくしましょう。

わかりにくいと、クリックされず、他のサイトに行ってしまう可能性もあります。

ですから、記事の要点がスッとわかるように、ディスクリプションを書きましょう。

検索意図を考慮する

検索意図を考慮したディスクリプションを書いてあげましょう。

検索ユーザーは、キーワードを入力する時、そのキーワードに対しての問題や悩みを解決しようとしています。

ですから、検索意図を考えてあげると、ユーザーにクリックされやすくなるディスクリプションを書くことができます。

ページごとに合った内容にする

ページごとに合ったディスクリプションを書くことで、ユーザーに記事の内容をきちんと伝えることができます。

その結果、クリックにつながりやすくなります。

悩みについて問いかける

例えば、「英語を話せるようになりたいけれど、なかなか上達できず、悩んでいませんか?」と書かれていると、該当者には『それ、自分のことだ』と気になってしまうわけです。

気になってしまうと、記事を見てみたくなるので、クリックされやすくなるというわけです。

ベネフィットを伝える

ベネフィットとは、メリットに近い意味ではありますが、「どんな未来が手に入るのか」というニュアンスの言葉です。

まず、ベネフィットではない例を挙げると、『本記事では、SEOについて学べます』です。

これにベネフィットを加えると、『本記事では、SEOについて学ぶことができ、検索順位を上げることができます』という感じです。

「SEOについて学んで、どうなるのか」を伝えてあげるのが、ベネフィットです。

前者よりも、後者の方が、クリックしたくなりますよね。

結論を書かない

ディスクリプションに結論を書いてはいけません。

結論を書いてしまうと、スニペットに表示された時に、記事を読まなくても、解決できてしまうので、クリックされません。

クリックされなければ、サイトの売上アップのチャンスを逃すことになります。

ですから、結論を書いてしまわないように気を付けましょう。

文字数を意識する

スニペットには、表示される文字数がある程度決まっています。

ディスクリプションの文字数が多すぎると、「…」で省略されてしまいます。

ディスクリプションに書いたこと全て表示された方が、それを見るユーザーに、内容がきちんと伝わるので、文字数を意識したほうが良いわけです。

ディスクリプションの適切な文字数についての記事がありますので、参考にしてください。

SEOを意識したディスクリプションの文字数は?

検索エンジンにより自動で書き換えられた場合

検索エンジンが自動で書き換える

一生懸命に、ディスクリプションを書いても、検索エンジンがその記事の内容を、一部抜粋する形で、自動で書き換えられる場合があります。

そのため、検索結果のスニペットを見て、『自分で書いたディスクリプションと違う』ということが起こり得ます。

考えられる原因としては、記事タイトルと記事内容がズレてしまっている可能性があります。

自動で書き換えられたディスクリプションは、自分ではどうすることもできないので、記事タイトルと内容が一致するように修正するしかありません。

自動で書き換えられたディスクリプションを見て、イマイチと感じたら、クリック率に影響が出てしまうので、記事タイトルと記事内容が一致するように、修正することをおすすめします。

最後に

ディスクリプションの書き方について、ポイントを8つご紹介しました。

クリック率を上げ、サイトからの報酬を生み出すチャンスをつかむためにも、本記事を参考に、ディスクリプションを書いてみてほしいと思います。

少しでも参考になればと思います。

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとってください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る