SEOでキーワードの検索数を調べるおすすめツールを3つご紹介

SEOキーワードの検索数を調査することよりももっと大切なこと

こんにちは。正しいサイト構築&SEOアドバイザーの田村です。

あなたは次のことで悩んでいませんか?

  • キーワードの検索数はどうやって調べるの?
  • キーワードの検索数を調べるおすすめのツールは?

SEOに取り組んでいるならば、キーワードの検索数はとても大切です。

もし、選んだキーワードで検索順位1位を取ることができても検索数が「0」、つまり、誰も検索する方がいなければ、アクセスが集まりません。

なので、無駄な記事を書いてしまったことになります。

そこで、そうならないために、キーワードの検索数を調べるおすすめのツールについて3つご紹介していきます。

また、場合によっては、検索数を調査する必要がないので、そのことについてもお伝えしていきます。

キーワードの検索数を調べるおすすめツール3選

キーワードの検索数を調べる上で、おすすめのツールは次の3つです。

  • aramakijake.jp
  • Ubersuggest
  • キーワードプランナー

では一つずつ詳しく説明していきます。

aramakijake.jp

aramakijake.jp」のサイトにアクセスしたら、下の画像のように、検索数を調べたいキーワードを入力し、「チェック」をクリックします。

「aramakijake.jp」で『seo対策』と入力

クリック後、下の画像のように、入力したキーワードにおける、GoogleとYahooの「月間推定検索数」と「月間検索アクセス予測数」の結果が表示されます。

『seo対策』における「月間推定検索数」と「月間検索アクセス予測数」

このように、順位別でアクセス数の違いも把握することができます。

Ubersuggest

Uberseggest」のサイトにアクセスしたら、下の画像のように、検索窓にキーワードを入力します。

「Uberseggest」で『seo対策』と入力

キーワードを入力後、下の画像のように、「検索ボリューム(検索数)」が表示されます。

『seo対策』の検索ボリューム(検索数)

また、関連するキーワードの検索ボリューム(検索数)も表示されます。

『seo対策』の関連するキーワードの検索ボリューム(検索数)

キーワードプランナー

キーワードプランナー」を開いて、下の画像のように、「新しいキーワードを選択する」をクリックします。

キーワードプランナーより「新しいキーワードを見つける」を選択

下の画像のように、調べたいキーワードを入力し、「結果を表示」を選択します。

キーワードを入力後、「結果を表示」をクリック

すると、下の画像のように、月間平均検索ボリューム(検索数)がわかります。

また、関連するキーワードの検索数や競合性も調査することが可能です。

キーワードに対する「月間平均検索ボリューム」と「競合性」

SEOで検索数を調査しなくても良い場合

戦略によっては、検索数を調べなくても良い場合があります。

その場合とは、次に2つです。

  • Google検索結果の「他のキーワード」から選択
  • サイトテーマに必要がどうかで判断

では一つずつ説明していきます。

Google検索結果の「他のキーワード」から選定

Googleで検索した際に、検索結果の一番下に「他のキーワード」が8個表示されます。

以前は「関連するキーワード」と書かれていました。

そこに表示されるキーワードは、アルゴリズムによってトレンドなどが反映されているため、「よく検索されているキーワード」と言われています。

そのため、多い少ないはありますが、検索数が0ではないということです。

なので、キーワード選定の戦略をきちんと立てたならば、検索数を調べる必要はありません。

サイトテーマに必要かどうかで判断

サイトテーマに必要かどうかで判断したら、検索数を調べなくても大丈夫です。

理由は4つあります。

  1. 検索数が多かろうが少なかろうがサイトテーマに興味のあるユーザーだけを集客できる
  2. 見込み客が集まりやすいので成約につながりやすい
  3. サイトテーマに関係のあるキーワードで記事を書くため、「E-A-T(専門性・権威性・信頼性)」が高まりやすくなる
  4. 内部リンクで関係のある記事どうしをつなげやすくなり、サイトの評価アップにつながりやすくなる

アクセスが多いに越したことはありませんが、多ければ良いわけでもありません。

少ないアクセス数でも見込み客を集めることができたら、収益につながりやすくなります。

また、検索エンジンの評価が上がりやすくなり、上位表示の可能性を高めることができます。

補足:検索数とは

検索数とは、あるキーワードに対して、ユーザーがそのキーワードを検索した回数のことを言います。

別名「検索ボリューム」とも言います。

検索数は、「1カ月間あたりの回数」で表現されることが多いです。

例えば、キーワードプランナーで調査した場合。

「月間平均検索ボリューム:1万~10万」であれば「1カ月間あたり1万~10万回検索される」ということを意味します。

補足:キーワードの検索数を調べる理由

キーワードの検索数を調べる理由は2つあります。

  • 検索数が全くないキーワードを選んでしまわないため
  • できるだけ多くのアクセスを集めるため

検索数がないキーワードで上位表示したとしても、アクセスを集めることができません。

当然、収益アップのチャンスは生まれないので、そのキーワードで記事を書いた労力と時間を浪費してしまいます。

このような無駄な作業を避けるためにも、検索数があるキーワードを選ばなければいけません。

最後に

本記事では大きくわけると、次のことについて解説しました。

  • キーワードの検索数を調べるおすすめツール3選
  • SEOで検索数を調査しなくても良い場合
  • 補足:検索数とは
  • 補足:キーワードの検索数を調べる理由

無料ツール「ラッコキーワード」のようなサジェストキーワードを抽出するツールであれば、検索数が全くないキーワードも表示されることがあります。

なので、このような場合は検索数を調べた方が良いでしょう。

しかし、戦略やキーワード選定時に利用するツールによっては、検索数を調査しなくても良い場合がありますので、覚えておいてほしいと思います。

【PR】SEO記事の前準備シート&動画講座を無料プレゼント

私は、自由な人生を手に入れてもらうための正しいサイト構築についてコンサルティングを提供しています。

SEOに関するキーワードで検索順位10位以内の記事を増やしている田村が、購買意欲の高い見込み客を自動で集める正しいサイト構築のポイントをまとめた「SEO記事の前準備シート」や「動画講座」をプレゼントしています。

最新情報などを、LINEとメールマガジンでお届けしていますので、どうぞ無料プレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る