SEO的にタイトルでのキーワードの重複はマイナス評価?

SEO的にタイトル内で狙うキーワードの重複があっても大丈夫か?

こんにちは。正しいサイト構築&SEOアドバイザーの田村です。

あなたは次のことで悩んでいませんか?

  • タイトルでキーワード重複はSEOに悪影響なの?
  • タイトルでキーワード重複は何回までならOK?

本記事では、タイトル内のキーワード重複によるSEOの影響を解説するだけはなく、キーワード重複の具体的な回数までご紹介していきます。

タイトルでのキーワード重複とSEOの関係

タイトル内で狙うキーワードの重複とSEOの関係

検索エンジンはタイトルを重要視しています。

なぜなら、記事内容を理解するために、まずタイトルで認識しているからです。

なので、タイトルを付ける際は注意を払わなければいけません。

では、タイトルでのキーワード重複とSEOの関係について解説していきます。

キーワードの重複は要注意

まずキーワードの重複はSEOに悪影響を与える可能性があります。

理由はペナルティになるリスクがあるからです。

ペナルティの中のキーワードの乱用に当たるかもしれません。

そうなると、検索順位が下がる可能性があります。

また、最悪、評価すらされなくなってしまいます。

つまり、順位が付かなるということです。

例えば、「英会話+上達」というキーワード。

そして、「英会話を上達したい人必見!英会話を上達させる7つの方法」というタイトルを付けたとします。

「英会話」と「上達」をそれぞれ2回重複させました。

この場合、ペナルティになる恐れがあり、SEOに悪影響となる可能性があるわけです。

また、3回、4回と重複の回数が増えると、ペナルティになる可能性がさらに高くなることを予想できます。

キーワードの一部の重複はセーフの可能性あり

同じ重複でも問題がないと考えられる場合があります。

それは一部だけ重複しているケースです。

例えば、狙うキーワードは先程と同じ「英会話+上達」で、タイトルを「英会話を上達したい人には『英語をスラスラ話せる上達法』がオススメ」とします。

今回は「上達」だけ重複させました。

この場合、キーワードの片方だけなので、ペナルティになる可能性は低いです。

なぜなら、実際に何かのキーワードで検索していただければわかりますが、一部のキーワード重複があっても、上位表示できているのを見かけるからです。

なので、キーワードの片方の重複であれば、ペナルティになる可能性は低いと言えます。

基本的にキーワードは1回だけ入れる

一部のキーワードの重複がOKだとしても、1回で済むようにタイトルを考えた方が良いです。

理由はユーザーもタイトルを目にするからです。

そして、タイトルはクリック率にも影響を与えます。

なので、キーワードを重複させるよりも、クリックされやすいようなタイトルになるような言葉を含めた方が良いわけです。

また、検索結果に表示されるタイトルには文字数の制限があります

より多くの情報を与えるためにも、重複しない言葉を入れた方が良いわけです。

タイトルにキーワード重複がある時の対処法

タイトル内に狙うキーワードの重複がある時の対処法

タイトルでキーワード重複はしない方が良いと述べてきました。

しかし、すでにキーワードが重複されているタイトルがあるかもしれません。

そのような場合、キーワードが重複しないように、タイトルを考え直した方が良いです。

検索順位が上がる可能性もあります。

しかし、タイトルは検索エンジンが評価する上で大切な部分なので、大幅な変更はSEO的にリスクがあります

なので、十分に気を付けてください。

最後に

本記事では、大きく分けると、以下のことについて解説しました。

  • タイトルでのキーワード重複とSEOの関係
  • タイトルにキーワードの重複がある時の対処法

タイトルでキーワード重複があるとSEO的に悪く、ペナルティの恐れもあります。

なので、できるだけキーワードは1回だけ使うことを意識して、タイトルを考えると良いです。

【PR】TSAに参加して3つの講義動画をプレゼント

私は、自宅でマイペースに成長しながらも、自由な人生を手に入れる正しいサイト構築についてコンサルティングを提供しています。

SEOでクライアントのwebサイトを検索結果の1ページ目に表示させてきた田村が、集客の仕組み作りやアクセスアップ戦略、継続できるサイト運営方法のポイントをまとめた講義動画を3つプレゼントしています。

TSAに参加して、どうぞプレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る