SEO対策で評価される方法として外部リンクは効果あり?

SEO対策で評価される方法として外部リンクは効果あり?

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

本記事は、SEO対策で評価される方法として外部リンクの効果について、初心者向けに解説しています。

結論を言うと、外部リンクはSEO効果があります。

しかし、SEO効果のない外部リンクも存在します。

SEO効果のある、または、ない外部リンクの例をそれぞれ挙げ、SEO効果のある外部リンクの増やす方法についても解説します。

外部リンクとは

外部リンクとは

外部リンクとは、自分のサイトのURLが、他のサイトに貼られているリンク、つまり、他サイトから自サイトへ向けられたリンクを言います。

外部リンクのことを、被リンクバックリンクと言ったりもします。

外部リンクはSEO対策になる

外部リンクはSEO対策として、とても効果が大きいです。

というのも、外部リンクがあるということは、あなたのサイトが良いから支持されている、と判断することができ、そういったサイトをGoogle検索エンジンは評価しているからです。

以前は、これを逆手にとり、とにかく外部リンクの「量」を増やすことで、評価を上げることができ、容易に上位表示させることが可能でした。

しかし、それだと、必ずしもユーザーに役立つサイトが上位表示されているわけではないので、外部リンクの「量」よりも、「質」を重視するようになりました。

そのため、今の時代では、SEO効果のある外部リンク効果のない外部リンクが存在します。

それぞれについて、例を出したいと思います。

SEO効果のある外部リンク

SEO効果のある外部リンクの例を挙げると、以下のようなリンクです。

良質なサイトからのリンク

関連性の高いページからのリンク

自分のサイトの内容と、外部リンクとしてリンクが貼られているアンカーテキストが合致している。また、そのアンカーテキストの前後の内容も合致している。

・健全な方法でのリンク

このような外部リンクであれば、SEO効果が見込めます。

SEO効果のない外部リンク

SEO効果のない外部リンクを例に挙げると、以下のようなリンクです。

低品質なサイトからのリンク

相互リンク

ブログなどのコメント欄からのリンク

ブックマークサイトからのリンク

このような外部リンクは、SEO効果は見込めず、最悪の場合、ペナルティを科せられるケースもあります。

サーチコンソールヘルプの品質に関するガイドラインにも、リンクに関することが記載されているので、参考にしてみてください。

自然に外部リンクを増やすことがポイント

外部リンク増やす

SEO効果のある外部リンクを増やすには、「自然に」増やすことがポイントです。

というのも、外部リンクの「量」だけを考え、外部リンクを買ったり、自作自演で集めた外部リンクは、検索エンジンに見破られ、低品質なリンク(スパムリンク)と判断されてしまいます。

場合によっては、ペナルティとなり、二度と上位表示できないサイトとなってしまいます。

つまり、ズルというか、テクニックな集め方はできないということです。

だからこそ、「自然に」集めることが大切です。

外部リンクを自然に増やす方法

外部リンクを自然増やす方法

では、外部リンクを自然に増やす方法について、解説します。

メルマガやSNSで宣伝する

メルマガやSNSで、あなたのサイトを積極的に宣伝していきましょう。

宣伝することでシェアもされるようになり、より多くの人に拡散されます。

SNSだと、TwitterやFacebook、Instagramなどが挙げられます。

他にもYouTubeやアメブロなども、宣伝用の媒体として活用できます。

しかし、ただ宣伝すれば、外部リンクが増えるのかというと、そうではありません。

ユーザーはあなたのサイトに対して、「信頼できるサイトなのか」「良いコンテンツ(記事)はあるのか」など、疑問をもっています。

そのような疑問を取り除き、「良いサイト」と思ってもらうことができれば、自然と外部リンクが増えていくことでしょう。

「良いサイト」と思ってもらうために取り組むこと

「良いサイト」と思ってもらうために取り組むこと

では、「良いサイト」と思ってもらうためには、どのようなことをしたらいいのかを解説していきます。

キーワードの検索意図に合ったコンテンツ作成

「良いサイト」と思ってもらうためには、良いコンテンツ(記事)を作っていかなければなりません。

良いコンテンツとは、ユーザーの問題を解決できるコンテンツです。

そのようなコンテンツを作るためには、狙うキーワードに対しての検索意図、つまり、ユーザーは何を知りたいのかをきちんと考えてから、コンテンツを作ることが大切です。

あなたのコンテンツを見て、ユーザーが問題などを解決することができれば、あなたに興味を持ち、他のコンテンツも見てみようと思っていただけるはずです。

定期的にコンテンツを更新する

一度作ったコンテンツは、時間が経てば、情報が古くなってしまいます。

ユーザーの立場になればわかりますが、何かを調べた時、最新情報を知りたいですよね。

たとえ1年前の情報でも古く感じてしまいます。

情報が古いと、その情報は今でも役に立つのか、不安に感じてしまいます。

逆に、情報が新しいと安心できます。

ですので、ユーザーに安心してもらうためにも、情報に敏感になり、できるだけ最新情報をお届けできるよう、定期的にコンテンツを更新しましょう

コンテンツを増やし続ける

コンテンツが増えていると、ユーザーも「このサイトはちゃんと運営されているんだな」と安心できます。

コンテンツが増えていけば、その分、情報量の多いサイトになっていくので、信用もされやすくなっていくでしょう。

数カ月前から新しいコンテンツが増えていなければ、「もう運営されていないのかな」と少し不安に感じてしまいます。

ですので、コンテンツは増やし続けましょう。

見やすいデザインにする

良いコンテンツがたくさんあっても、見にくいデザインだと、コンテンツを見るのが嫌になってしまいます。

よくある勘違いが、「かっこいい」や「かわいい」見た目であれば、好かれると思っていることです。

サイトに限っては、「かっこいい」や「かわいい」見た目ではなく、「シンプル」な見た目の方が好かれやすいです。

外部リンクはチェックすることができる

外部リンクはチェックすることができる

自分のサイトにどれくらい外部リンクがはあるのか、気になりませんか?

実は、Googleが無料で提供しているツール「サーチコンソール」でチェックできます。

本記事では、新バージョンでのやり方を説明します。

サーチコンソールを開いていただくと、左端にある「リンク」を選択し、外部リンクの列の真ん中にある「上位のリンク元サイト」の「詳細」を選択すると、どのようなサイトからリンクを得ているかがわかります。

「外部リンクが全くない、もしくは、少ししかない」場合でも、落ち込む必要はありません。

先程、説明したように、「良いサイト」と思ってもらえるよう、きちんと取り組めば、きっと外部リンクも増えてくるでしょう

また、「思ってた以上に、外部リンクがあった」という方は、もっと増えるよう、引き続き取り組んでほしいと思います

最後に

外部リンクはSEO対策になります。

しかし、単純に集めれば良いというわけではなく、SEO効果のある外部リンクを集めなければなりません。

SEO効果のある外部リンクは、「自然に」集めることが重要であり、そのためにはユーザーに「良いサイト」と思っていただくことがポイントです。

ユーザーに気に入ってもらうためには、良いコンテンツ作成や、新しい情報を提供するなどの取り組みを、コツコツと積み上げていくことが大切です。

コツコツと積み上げることができれば、サイト全体が良くなり、外部リンクも増えていくことでしょう。

【PR】特典動画をプレゼント

メールマガジンを無料で配信しています。

自宅でマイペースで成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとして、情報を提供しています。

無料メルマガに登録していただければ、SEOに関する3つの特典動画をプレゼント致します。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からのメールをお待ちください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認お願い致します。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る