SEOとは?初心者の方に向けて丁寧に解説!難しくありません

SEOについて初心者が理解できる解説

SEOとは何か?初心者の方でもわかるように、解説されているサイトをお探しではありませんか?

サイト(ブログ)から収益を出すためには、まず、SEOをきちんと理解し、対策を行なう必要があります。

本記事では、SEOについて、初心者の方でも理解できるように、難しい言葉をできるだけ避けて、解説しています。

SEOの基礎知識

SEOの基本

SEOの基礎知識について、お話します。

SEOとは

SEOとは、「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマゼイション)」の頭文字をとった言葉で、日本語だと、「検索エンジン最適化」と言います。

では、このSEOは何かと言うと、上位表示させるための対策のことをいいます。

そのため、よく「SEO対策」とも言われています。

Googleを知ることがSEOに役立つ

なぜ、Googleを知ることがSEOに役立つのか言うと、国内の検索エンジンシェア率はGoogleが約70%も占めているからです。

YahooやBingがあるじゃないか、と思うかもしれませんが、2番目に多いYahooでさえ、約20%しか使われていません。

しかも、そのYahooはGoogleのアルゴリズムを採用しているので、約90%はGoogleであるということが言えます。

ちなみに、アルゴリズムとは、簡単に説明すると、上位表示させるための評価基準のことを言います。

ですので、Googleを知ることがSEOに役立つということです。

SEOが上手くいくと集客できる

SEOが上手くいくと集客することができる

SEOについて知りたいということは、「サイトで収益を出したい!」と思っている方が多いと思います。

SEOが上手くいくと、上位表示されやすくなるので、より多くのユーザーを集客することができます。

集客することができれば、アフィリエイト商品の成約につながるチャンスが増えます。

また、記事数が多ければ、それだけ集客の入り口が増えるわけなので、より多くのユーザーを集めやすくなります。

昔と今ではSEOの手法が違う

昔と今ではSEOの手法が違う

SEOで結果を出すためには、時代に合ったSEOを意識することが大切です。

昔のSEO手法

昔は、被リンクを購入して増やしたり、ペラサイトをといって、薄っぺらい内容のサイトを大量に作って、メインサイトに対して、自作自演で被リンクを増やしたりなど、裏ワザ的に上位表示させることが可能でした。

被リンクとは、自分のサイトのURLが、他のサイトに貼られているリンクを指し、つまり、被リンクが多ければ、それだけ良いサイトとして、評価されていました。

今も、被リンクの効果は大きいですが、昔はそれを逆手に利用され、ユーザーに役立つサイトでなくても、評価を得ることができました。

このように、Googleのガイドラインに反したサイト運営の仕方、SEO対策が主流となってしまい、このようなSEOをブラックハットSEOと呼ばれています。

ブラックハットSEOは、検索ユーザーに役立つ記事を上位表示させているわけではないので、そういったサイトは、ペナルティが科せられるようになり、二度と上位表示できないサイトとなってしまいます。

ですので、今はやるべきではない手法となります。

今のSEO手法

今のSEO手法は、Googleのガイドラインに沿って、「ちゃんとサイトを運営していこう」ということで、ホワイトハットSEOと呼ばれています。

ですので、裏ワザ的に上位表示させるのではなく、きちんと検索ユーザーのことを考えているサイトが上位表示されやすくなっています。

ブラックハットSEOは短期的に上手くいくかもしれませんが、長期的に収益を生み出すサイトを作るのであれば、やはりホワイトハットSEOに取り組むべきです。

SEOで大切なポイント

SEOで大切なポイント

できるだけ早く上位表示できるように、SEOで大切なポイントについて、解説します。

SEOキーワード選び

まず、大切なのがSEOキーワード選びです。

SEOキーワード選びが良くないと、なかなか上位表示することができず、さらに、サイトから収益を出すのに時間がかかってしまいます。

できるだけ早く、サイトから収益を出すためにも、SEOキーワードを選ぶコツを早い段階で身につけた方が良いです。

コンテンツ(記事)作成

記事のことを「コンテンツ」と表現することがあります。

本サイトでも、「コンテンツ」と書かれている場合は、「記事」のことを指しています。

今現在、質の良いコンテンツを増やすことが、SEOで一番重要な対策と言っても過言ではありません。

そのため、このような対策をコンテンツSEOと呼ばれています。

「質の良いコンテンツって何?」と疑問に感じると思いますが、それは、ユーザーが「読んで良かったな」と思って頂けるような役立つコンテンツです。

役立つコンテンツを作るには、ライバルサイトのチェックが欠かせません。

手作業でライバルサイトのチェックをするのは、時間と労力がかかってしまうので、ツールを活用する方が、時間と労力を大幅に節約することができます。

役立つコンテンツが増えていくと、サイト全体の評価も高くなっていくので、上位表示されやすくなります。

内部対策

内部対策とは、自分のサイト内(内部)で行うSEO対策のことです。

基本的なSEOとなると、内部対策がほとんどです。

例えば、SEOキーワードをタイトルや本文に入れることが挙げられます。

一生懸命に記事を書いても、内部対策がしっかり施されていなければ、上位表示することは難しいです。

外部対策

外部対策とは、自分のサイト外(他のサイト)で行うSEO対策です。

代表例は、被リンクです。

先程も述べたように、被リンクの効果は大きいですが、質の良い被リンクである必要があるため、購入したり、自作自演するのは逆効果となってしまいます。

ユーザーのために、コンテンツを増やし、サイトを運営していけば、自然と質の良い被リンクが集まりるようになります。

SEOツールを活用して効率的に上位を目指そう

SEOツールを活用して効率的に上位を目指す

SEOは地道に取り組むものですが、より効率的に上位表示させるためにもSEOツールは欠かせません。

無料のもの、有料のものを合わせると、多くのSEOツールがあります。

SEOツールを活用すれば、例えば、手間をかけずにSEOキーワードを探したり、SEO記事に役立つデータを取得できたりなど、SEOに役立たせることができます。

ですので、SEOツールをぜひ、活用してほしいと思います。

SEOはコツコツと取り組むことが大切

SEOは学び続けることが大切

SEOは、「これさえやっておけば、大丈夫!」というものではありません。

そのため、すぐに上位表示されるわけではないです。。

SEOはコツコツと取り組み、その積み重ねがサイト全体の評価を高めていきます。

そうなれば、上位表示もされやすくなってきます。

私もSEOに取り組み始めた頃は、なかなか上位表示されず、苦労していました。

しかし、試行錯誤しながら、それでもやり続けた結果、1年ほど経って、ようやく上位表示される記事が増え、検索順位が上がるようになりました。

私の場合は1年ほどかかってしまいましたが、SEOキーワードやジャンルによっても変わってくるので、「これだけ取り組めば、大丈夫!」ということは一概には言えません。

私の場合、ジャンルやSEOキーワードだけでなく、正しくSEOに取り組めていなかったのも、遅れた原因の一つです。

しかし、きちんとSEOに取り組みめば、必ず上位表示されるようになります。

ですので、あきらめずにコツコツと取り組んでほしいと思います。

最後に

初心者の方に向けて、SEOの基本的なことを解説しました。

最初は大変に感じると思いますが、まずはできることから、一つずつ取り組んでいきましょう。

そうすれば、上位表示もされるようになってきます。

【PR】特典動画をプレゼント

メルマガを無料で配信しています。

ブログアフィリエイトで明るい人生を手に入れたい人に、ブログで収入を得る運営の仕方について、どこよりも最新情報をお届けしています。

無料メルマガにご登録していただけた方には、ブログで収入を得る運営の仕方に関する特典動画をプレゼント致します。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力して頂き、私からのメルマガをお待ちください。

メルマガにご登録したのにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認お願い致します。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る