SEO対策の基本となる取り組みと2019年意識すべきこと

SEO対策の基本となる取り組みと2019年意識すべきこと

2019年、どんなSEO対策をしたら良いのか、気になってはいませんか?

年々、SEO対策は変わっていく要素もあるので、時代に合った対策が大切です。

本記事では、SEO対策の基本となる取り組みと2019年に意識すべきこと、について解説します。

検索流入を増やしたいならSEO対策は必須

検索流入を増やす

そもそもSEOとは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、日本語だと「検索エンジン最適化」と言います。

わかりやすく言うと、検索エンジンに高い評価を受け、上位表示させるために行なう対策です。

そのため、検索エンジンからのアクセスを増やしたいなら、SEO対策を行なっていかなければなりません。

また、検索流入のメリットとして、購買意欲のあるユーザーを集めやすいことが挙げられます。

SEO対策は地道に取り組んでいくものなので、『大変だな』とか『難しいな』と思うこともあると思いますが、その地道な作業を積み重ねていけば、上位表示、アクセスアップにつながっていくので、あきらめずに取り組んでほしいと思います。

検索エンジンがランキングを付けるまで

検索エンジンのランキング決め

検索エンジンがランキング(検索順位)を付けるまでの流れを解説します。

まず、クローラーと呼ばれるサイトの情報を収集するプログラムが、情報を集めるためにあなたのサイト(ブログ)にやってきます。

情報を集めていることを、クロールと言います。

そのため、サイトの隅々をクロールしています。

それから、集めた情報を検索エンジンのデータベースにインデックス(登録)します。

インデックスされることで、やっと、検索エンジンの評価を受けることができ、ランキングがつけられます。

検索エンジンの評価ですが、ある程度、記事数がないと、評価されないので、しばらくランキングは「圏外(ランク外)」が続くと思います。

しばらく、圏外が続くと、『つらいな』と感じることもあると思いますが、SEO対策をきちんと行なって、正しいサイト運営をしていけば、少しずつでもランキングは上昇していくので心配はいりません。

私自身も、数か月ほどは圏外が続き、『大変だな』と感じましたが、それでも記事を書き続けていくと、SEOキーワードによっては、100位以内に入る記事が少しずつ増えてきました。

ですので、数か月でやめるのではなく、最低でも1年は取り組んでみてほしいと思います。

Googleを知ることがSEO対策につながる

Googleを知ることがSEO対策にもつながる

日本でよく使われている検索エンジンが、YahooとGoogleです。

しかし、YahooはGoogleとほぼ同じアルゴリズム(評価基準)を採用しているので、Googleを知ることが、SEOを攻略する近道といえます。

Googleの理念がヒント

Googleは10個の理念を掲げています。

いずれもシンプルな内容のものばかりです。

まず一番最初に、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と書かれています。

これについて考えてみると、「まずはユーザー(読者)のことを第一に考え、ユーザーに役立つ情報を発信することが大切」という解釈をすることができ、そうすれば、「成果につながる/結果を出せるようになる」という解釈ができます。

一番最初に書かれているということもあり、個人的にはこれが一番大切な理念だと思っています。

この理念を常に意識しながら、SEO対策をしていくことが大切だと思います。

他の理念に関する内容は、以下より、ご覧ください。

Googleが掲げる10の事実

Googleが最重要としている評価基準

Googleは公式的に、以下の3つの項目を、最重要としています。

・Expertise(専門性)

・Authority(権威性)

・Trustworthiness(信頼性)

それぞれ3つの頭文字をとって、「E-A-T」と言われています。

ですので、これからの時代は専門性のあるサイトが有利になってきます。

とはいえ、簡単で取り組みやすい、などの理由で雑記ブログのような、ジャンルがごちゃまぜのブログを作っている人も少なくありません。

これから先を考えると、雑記ブログをメインで運営していくとなると、リスクがありますので気を付けた方が良いでしょう。

また、権威性と信頼性ですが、何か資格などがあれば、それを提示することで、権威性を高め、信頼を獲得しやすくなります。

しかし、特に資格など何もない初心者だとしたら、とにかく情報を発信し続けるしかありません。

長期間、情報を発信し続けることで、それが権威となり、信頼を得やすくなります。

2019年も続けるべき基本的なSEO対策

2019年も続けるべき基本的なSEO対策

2019年になっても、引き続き、行うべき基本的なSEO対策があります。

基本的なSEO対策をコツコツとやり続けることが、少しずつ加点されていき、後に大きな評価につながり、上位表示、サイトへの集客増加といった成果がでてきます。

基本的なSEO対策を詳しく知りたい方は、下記の関連記事を参考にしてください。

SEOに効果的な対策とは?ブログの順位を上げるためにすべきこと

2019年、すでにやってはいけないSEO対策

2019年、すでにやってはいけないSEO対策

以前は大丈夫でしたが、今、行なってしまうとペナルティの危険性がある行為をご紹介します。

・コンテンツ自動生成

・リンクプログラムへの参加

・オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成

・クローキング

・不正なリダイレクト

・隠しテキストや隠しリンク

・誘導ページ

・コンテンツの無断複製

・十分な付加価値のないアフィリエイトサイト

・ぺージへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み

・フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成

・リッチスニペット マークアップの悪用

・Googleへの自動化されたクエリの送信

引用元:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

上記のような行為をしてしまうと、スパムサイトと判断され、二度と検索結果に表示されない、などのペナルティが与えられます。

いずれも、テクニック的な方法で上位表示をさせたり、質の低いコンテンツ(記事)に関わる行為です。

2019年、これから先、収入を得られるブログを作りたいなら、こられの行為を決してしてはいけません。

2019年、YMYLジャンルは厳しい

2019年はYMYLジャンルは厳しい

2019年のYMYLジャンルに関して、解説します。

YMYLとは?

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の頭文字をとったもので、お金や生活に関わるジャンルを指します。

これは、Googleの検索品質評価ガイドラインで定義されており、SEO対策をしている人なら、覚えておくべき知識となります。

お金や生活に関わるジャンルと書きましたが、もう少し具体的なジャンルを挙げたいと思います。

【検索品質評価ガイドラインから一部抜粋、翻訳】

・買い物、金融取引に関わるもの

・財務関係

・医療関係

・法律関係

・市民に伝えるような重要なニュースや公的な情報

・児童養子縁組、自動者の安全に関わるもの、など

引用元:「検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)

これらは、お金や生活に関わるジャンルの一部に過ぎません。

YMYLが厳しくなる理由

なぜ、YMYLジャンルが厳しくなっていくかというと、多額のお金を使ったりなど、人生そのものに大きな影響を与える可能性が大きいからです。

そのため、年々、アップデートも厳しくなっており、2017年12月に行われた医療・健康に関するアップデートは多くのアフィリエイトサイトに影響を与え、サイトからの収入が減ったり、最悪、収入がゼロになってしまった人も少なくありません。

こういったことが起こらないようにするためにも「E-A-T」を高めていくことが大切です。

2019年、意識した方が良いこと

2019年、意識した方が良いこと

さて、2019年、意識した方が良いことについて、お話します。

検索意図を考え、コンテンツの質を高める

これからの時代はコンテンツ(記事)の質が重要となっています。

一生懸命、コンテンツを作れば良い、というわけではなく、ユーザーがちゃんと満足できるように、良質なコンテンツを作っていかなければなりません。

そのために、「なぜ、ユーザーはそのキーワードで検索したのか」というように、しっかりと検索意図を考えることが大切です。

質の低いコンテンツは削除する

優良なコンテンツが増えることで、サイト全体の評価も上がっていくので、上位表示されやすくなり、アクセス数も増えていきます。

そのため、質の低いコンテンツがあると、それがマイナスポイントとなり、サイト全体の評価を下げてしまいます。

私自身、半年間近くかけて、質の低い記事を50記事ほど削除したおかげで、少しずつ検索順位が上がっていき、上位表示される記事も増えました。

どのようなコンテンツを質が低い、と言えるかというと、例えば、文字数が少ない(1000文字以下)などが挙げられます。

実際に、何かのキーワードで検索していただければわかると思いますが、上位サイトの文字数は4000文字以上のものが多く、少なくても2000文字以上です。

とはいえ、文字数がただ多ければ良い、というわけではないので、注意してください。

ですので、質の低いコンテンツがあるなら、少しずつ削除していくことをおすすめします。

モバイルUXの向上

UXとは、「User Experience(ユーザー・エクスペリエンス)」の略で、直訳すると、「ユーザー体験」となります。

ですので、使いやすさや見やすさなどを意味します。

したがって、スマホでサイトを見た時の使いやすさや、見やすさなどを向上していくことが大切です。

私のサイトも以前はパソコンからの訪問者がが多かったのですが、最近はスマホからの訪問者が6割と逆転しました。

このことからも、スマホで検索している人が増えてるんだな、と実感します。

また、Googleもモバイルファーストインデックスという、スマホの方の評価を重視するよ、と発表しています。

ですので、モバイルUXを向上させていく必要があります。

自己ブランドを高める

副業解禁ということで、アフィリエイトに取り組む人が増えてきています。

そのため、「誰から購入するか」が重要となり、選ばれるには、自己のブランドを高めていくことが大切になってきます。

SNSでも情報発信する

ブランディングの方法として、TwitterやFacebookなどのSNSを使って、情報発信することが効果的です。

もちろん、最初は誰にも見られなかったりなど、うまくいかないこともあると思いますが、そこを耐えて、情報を発信し続けることで、少しずつ、自分にブランドが付くようになります。

また、SNSでブランドがついてくると、SEO的にも良いとされていて、サイトの評価も上がりやすくなります。

ですので、Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、アメブロなど、多くのSNSで情報発信することをおすすめします。

サイテーション

サイテーションとは、直訳すると、「引用、言及」という意味があり、第三者のサイトやSNSで自分のブログや商品名など、書かれている(紹介されている)ことを指します。

自分のブログのリンクが貼られているわけではないので、被リンクとは違うのですが、被リンクに近いSEO効果がある、と言われています。

サイテーションは、SNSでも情報発信し、自己ブランドもついていけば、十分狙える可能性があります。

Google砲

Google砲とは、スマートフォンのGoogleアプリ、またはGoogle Chromeアプリの「おすすめ記事」にサイト(ブログ)が表示され、短期間でアクセスが急増する現象を言います。

「おすすめ記事」にはユーザーの興味に合わせた内容の記事が表示されるようになっています。

ですので、Google砲を受けることができれば、見込み客がサイトに訪れるわけなので、成約にもつながりやすくなります。

気になるのが、Google砲を受ける条件です。

正式にはわかってるわけではないですが、推測で言われている例の一部を挙げると、「見出しなどの構成がきちんとしている」「特化した記事内容」「Googleにインデックスされている」などが挙げられます。

強調スニペット

強調スニペットとは、ユーザーが「○○とは」のような質問形式のキーワードで検索した時に、検索結果の上部に回答となる情報を、強調されて表示される仕組みです。

こんな感じで表示されます。

強調スニペット

質問形式以外にも、「方法」や「手順」を聞くようなキーワードでも、強調スニペットが表示されることがあります。

どのような時に、強調スニペットが表示されるかと言うと、検索エンジンが質問キーワードと判断された時に、表示されるようになっています。

これは、「Search Console ヘルプ」に記載されています。

今後、気にかけた方が良いこと

今後、気にかけた方が良いこと

今後、気にかけた方が良いことについて、お話します。

音声検索

音声検索とは、名前の通り、音声で検索することで、iphoneだと「Siri」、androidだと「Google Assistant」が搭載されています。

欧米では、音声検索が主流になりつつありますが、日本ではそれほど進んでいない印象です。

人前だと、何だか勇気いりますよね。

しかし、すでに音声検索はできるわけなので、今後、日本でも普及されていくでしょう。

では、どのような対策をしたら良いのか、気になりますよね。

実際に、「Google Home」を使った1万件の音声検索の結果から、例を挙げると、「ページ表示速度を早くする」「SSL化する」ことなどが挙げられています。

参考:「Voice Search Ranking Factors Study

AMP

AMPとは、「Accelerated Mobile Pages」の頭文字をとったもので、簡単に説明すると、表示速度を上げるための対策です。

AMPの対策は、WordPressなら、プラグインで対応させることができますが、インスト―ルした後に、htmlやCSSなどの修正を行う必要があり、技術的な知識が必要となるので、知識がない人にとっては、難しいものとなります。

さらに、装飾の多いサイトなどは、サイトのデザインが崩れてしまう可能性もあり、何かとデメリットもあるので、今すぐ、対策をしなければならないというわけでもないので、しばらくは様子見で大丈夫です。

PWA

PWAとは、スマートフォンでサイトを見た時に、そのサイトをアプリのように、ホーム画面に設置できる仕組みを言います。

普通なら、見たいサイトがあれば、検索して表示させるか、ブックマークしてあれば、ブックマークを開いて、見る、といったように手間がかかってしまいます。

しかし、PWAが実装されているサイトだと、ホーム画面にそのサイトをアプリのように設置してしまえば、そのアイコンをタップするだけで、サイトが開き、見ることができます。

こうすることで、サイトを開くまでの手間を省くことができるので、よりユーザーが訪問しやすくなるということです。

しかし、PWAの実装もまた、技術的な知識をもっていないと難しいので、今、無理にやる必要はないです。

2019年も必要となるSEO対策に役立つツール

2019年も必要となるSEO対策に役立つツール

2019年も必要となるSEO対策に役立つツールをご紹介します。

Googleアナリティクス

サイトへのアクセス数や、どのページへのアクセスが多いのか、などを解析することができるので、サイトや記事の改善に役立ちます。

SEOを意識したサイト作りをするなら、導入すべきツールです。

Googleサーチコンソール

ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのか、また、そのキーワードの順位を知ることができるので、記事の改善に役立ちます。

また、自分が狙っているSEOキーワード以外のキーワードからの検索流入があったりするので、新しい発見ができます。

これもまた、SEOを意識したサイト作りをするなら欠かせません。

コンテンツスカウターZ

コンテンツスカウターZ、略して、コンスカは、Catch the Webが提供しているツールです。

以下の悩みに当てはまる方は、ぜひ、活用してみてほしいと思います。

・SEOキーワードを見つけるのに苦労している

・コンテンツSEOを意識した記事作りが難しい

・検索エンジンからのアクセスが思うように増えない

私はコンスカを1年以上も愛用しているので、心からオススメしたいと思います。

コンテンツスカウターZの詳細はこちら

最後に

2019年も引き続き、取り組むべき基本的なSEO対策と、今後に向けて意識した方がよいことについて、解説しました。

SEOは時代によって変わったりするので、常に新しい情報をチェックする必要があります。

これからもサイトが生き残れるように、きちんと取り組んでほしいと思います。

【PR】特典動画をプレゼント

メルマガを無料で配信しています!

ブログアフィリエイトで明るい人生を手に入れたい人に、ブログで収入を得る運営の仕方について、どこよりも最新情報をお届けしています。

無料メルマガにご登録いただけた方には、ブログで収入を得る運営の仕方に関する特典動画をプレゼントします。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

最後まで、ご覧いただきありがというございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る