WordPressでブログ記事を書く時のSEO対策は何をすべき?

wordpressでブログ書く時のSEO対策

WordPressでブログ記事を書く時のSEO対策は何をしたら良いのか、困っていませんか?

上位表示、アクセスアップとつながっていくには、正しいSEO対策に取り組む必要があります。

本記事では、WordPressでブログ記事を書く時に行なうSEO対策について、解説します。

SEOについて

SEOとは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマゼイション)」の略称で、日本語だと「検索エンジン最適化」となります。

簡単に説明すると、検索エンジンに良い評価をもらい、上位表示させるための対策です。

良い評価をもらうことができれば、上位表示がされやすくなり、アクセス数も増えていきます。

WordPressがSEOに強いと言われている理由

WordPressがSEOに強い理由

WordPressがSEOに強いと言われている理由について、解説します。

SEOに適した構成になっている

「サイト(ブログ)を作るなら、WordPressが良い」と、よく見聞きすると思いますが、その理由は、SEOに適した構成になっているからです。

このことについて、Google検索エンジンの開発責任者のMutt Cuts(マット・カッツ)氏も称賛しているほどです。

ですので、サイトを作る際に、WordPressを使わない理由がないですよね。

プラグインを活用してSEOを高めることができる

WordPressはプラグインという、スマホでいうと、アプリみたいなものをインストールすることによって、多くの機能を追加することができます。

例えば、「All in One SEO Pack」というプラグインはSEOを行なっていく上で欠かせないプラグインと言えます。

ですので、プラグインをうまく使うことで、SEOを高めることが可能となります。

ただ、あれもこれもとプラグインを使いすぎると、サイトの表示速度が遅くなったりなど、サイトの評価を下げる原因となってしまうので、注意が必要です。

WordPressで取り組むべきSEO

WordPressで取り組むべきSEO

WordPressで取り組むべきSEOについて、解説します。

レスポンシブWebデザインのテーマを選ぶ

レスポンシブWebデザインとは、スマホでサイトを見た時に、スマホでもサイトが見やすい表示に切り替わるシステムのことです。

今は、スマホでサイトを見る人も増えてきたので、モバイルファーストインデックスが重要とされています。

モバイルファーストインデックスとは、スマホでサイトを見た時の見やすさ・使いやすさなどを評価基準にするといったものです。

つまり、パソコンで見やすかったり、使いやすかったりするサイトでも、スマホで見た場合、見にくい、使いにくいとなってしまうと、評価を下げられるということです。

今のテーマ(テンプレート)だと、レスポンシブWebデザインであることが多いと思いますが、念のため確認は大切です。

もし、違っていたら、取り組めるSEO対策を逃していることになります。

パーマリンクの設定をおこなう

パーマリンクは、ページ(記事)ごとのURLを指します。

WordPressの場合、パーマリンクを数種類の中から選択することができます。

おすすめは「カスタム構造」で、記事に合ったURLを作ることです。

例えば、「英語 初心者」というキーワードに対して記事を書いているなら、「english-beginner」という感じで、パーマリンクを決めることができます。

パーマリンクを途中で変更すると、今までの記事の評価がリセットされ、パーマリンク変更後に、ゼロからの評価になります。

そのため、上位だった記事の順位が下がるリスクがあります。

ですので、パーマリンクの設定は初めが肝心です。

しかし、上位表示されていなかったり、検索順位も低ければ、パーマリンクを変更しても、小さな影響で済むでしょう。

とはいえ、パーマリンクを「カスタム構造」にしたからといって、必ず上位表示されやすくなるといったものではないので、記事数が多かったり、すでに上位表示されている記事があるなら、パーマリンクの変更はしない方が良いでしょう。

「All in One SEO Pack」を導入する

「All in One SEO Pack(オール・イン・ワン・SEO・パック)」はSEO対策には欠かせないプラグインです。

例えば、SEOキーワードの設定、ディスクリプションの設定、XMLサイトマップの生成など、行うことができます。

もし、まだインストールしていないなら、今すぐインストールしましょう。

XMLサイトマップを生成し、検索エンジンに知らせる

まず、サイトマップとは、どのようなカテゴリにどんな記事があるか、つまり、カテゴリや記事に関する構造を表すものです。

そして、XMLですが、サーチコン―ルから検索エンジンにサイトマップを送信する時のファイル形式です。

専門的なことは難しいので、こういったファイル形式があるんだ、といった認識で十分です。

サーチコンソールに、サイトのカテゴリや記事を知ってもらうのに、XMLサイトマップが必要になります。

知ってもらわないと、インデックスされず、つまり、検索エンジンが記事などを認識できていないので、評価されず、順位がつかないという状態になってしまいます。

XMLサイトマップはプラグイン「All in One SEO Pack」で自動生成することができます。

「noindex」を上手に利用する

noindexとは、インデックスをしないことです。

例えば、質の低い記事やプロフィールページなど、評価されたくない、もしくは、評価する必要がないページに利用することで、サイト全体の評価を下げられる可能性を低くすることができます。

プラグイン「All in One SEO Pack」をインストールされていれば、記事(ページ)ごとに、「noindex」の設定をすることができます。

「http」から「https」に変更する

これをSSL化と呼び、SSL化をすることで、通信のセキュリティを強化することができます。

検索エンジンを提供しているGoogleでも、SSL化を推奨しているので、早いうちに行なうのがベストです。

SSL化のやり方は、用いているサーバーごとで違うので、各自で確認する必要があります。

サーバーによっては、マニュアルがあるので、マニュアルに沿って、実行していけば、問題ないです。

わかりやすいカテゴリに分ける

カテゴリ分けはユーザーにとって、見やすくなるだけでなく、検索エンジンにとっても、見やすい、つまり、クロールしやすくなります。

クロールとは、サイトの情報を収集することで、それを行なうのがクローラーと呼ばれるプログラムです。

カテゴリ分けのポイントは、わかりやすく分けることです。

実に、シンプルです。

複雑で、わかりにくいと、ユーザーは記事を探すのも嫌になり、離脱の原因になる可能性があります。

サイトマップを設置する

さきほど、XMLサイトマップについて、解説しましたが、それとはまた、違うものです。

XMLサイトマップは検索エンジンに対してのもので、これから説明するサイトマップはユーザーに対してのものです。

サイトマップを設置することで、過去記事が見つかりやすくなったり、自分が知りたい関連記事を容易に見つけて読むことができます。

そうなれば、滞在時間も増えるので、評価も上がりやすくなります。

「PS Auto Sitemap」というプラグインを使用すれば、簡単に設置することができます。

シェアボタンを設ける

TwitterやFacebookのようなSNSは多くの人が活用しています。

ですので、バズれば、多くの人に自分を知ってもらうことができたり、SNSから集客することができます。

シェアボタンは「AddToAny Share Buttons」というプラグインで簡単に設置することができます。

そして、記事ごとにシェアボタンを設置することが可能です。

直接的なSEO対策というわけではないですが、シェアボタンが有効に活用されると、自分のブランディングを高めたり、アクセスアップなど得られるものは大きいです。

サイトやページの読み込み速度を上げる

サイトやページの読み込み速度が遅いと、ユーザーが離脱してしまう恐れがあり、そうなると、評価が下がってしまい、検索順位も落ちてしまいます。

表示速度はパソコンだけでなく、スマホの場合もチェックすることが大切です。

もし、表示速度が遅ければ、記事内の画像の数を減らしたり、プラグインの数を減らしてみると良いでしょう。

コメントスパムを防止する

記事とは全く関係のないコメントなど、質の低いコメントが多いと、サイトの評価を下げられる可能性があります。

そのようなコメントを防止するために、「Akismet Anti-Spam(アキスメット・アンチ・スパム)」というプラグインは便利です。

コメントがあった場合は、「承認」「非承認」と選択することができるので、サイトの質を保つことができます。

記事作成時に取り組むべきSEO

記事作成時に取り組むべきSEO

記事作成時に取り組むべきSEOについて、解説します。

選んだSEOキーワードをタイトルに含める

記事作成時に、SEO対策として、必ずやらないといけないのが、選んだSEOキーワードをタイトルに含めることです。

タイトルにSEOキーワードを含めることで、検索エンジンに、そのSEOキーワードについての内容が書かれていることを伝えることができます。

選んだSEOキーワードをディスクリプションに含める

さらに、SEOキーワードをディスクリプションにも含めると、SEO的にも良いとされています。

ディスクリプションとは、説明文のことで、検索結果に表示される記事タイトルの下に表示されます。

不自然でなければ、見出しにも選んだSEOキーワードを含める

見出しにもSEOキーワードを入れると、SEO的に良いとされていますが、見出しの場合は、無理やり含める必要はないので、それほど神経質になる必要はありません。

ちなみに、見出しとは、h2タグなどを用いる部分です。

選んだSEOキーワードを本文に含める

選んだSEOキーワードに関する内容を書くわけなので、本文中に最低でも1個はSEOキーワードを含める必要があります。

1個だけ含めたら良い、というわけではないし、多く含めたら良い、というわけではないので、難しいところですが、自然にSEOキーワードを含めることができそうなら含める、という意識で十分です。

ユーザーが満足する記事を書く

ユーザーが満足してくれる記事は、検索エンジンの評価も上がるため、上位表示されやすくなります。

そのため、ユーザーが満足してくれる記事を増やすことが大切です。

そして、そういった記事が増えていくと、サイト全体の評価も上がってきます。

このような手法は、コンテンツSEOと呼ばれ、これからの時代で大切になる手法です。

ユーザーが満足してくれる記事を書くには、ライバルサイトの見出し構成や共起語をチェックすると、良いです。

しかし、手作業で見出し構成や共起語をチェックするのは、労力と時間がかかってしまいます。

そこでツールの出番です。

労力と時間をかけずに見出し構成、共起語をチェックしたい方はこちら

関連記事のリンクを入れる

書いている記事に対して、関連している記事のリンクを入れることで、サイトの離脱を避け、滞在時間伸ばすことができ、ページのセッション数が増えていきます。

検索エンジンはそういったサイトの評価を高くするので、検索順位も上がりやすくなります。

引用箇所には引用タグを用いる

引用箇所には、引用タグを用いることを忘れてはいけません。

引用タグを忘れてしまうと、パクリと判断され、ペナルティを課せられる可能性があります。

そういったリスクを避けるためにも、引用箇所には、必ず引用タグを用いらなければなりません。

代替テキストを記述する

代替テキストのことを、altタグの設定とも言ったりします。

代替テキストの記述とは、用いる画像の説明文を記述することです。

これは、画像検索に使われるので、説明文に使う言葉(キーワード)をよく考えて、記述する必要があります。

リンク切れがないかをチェックする

記事内にアフィリエイトリンクや関連記事のリンクが切れた状態で放置してしまうと、エラーページが表示されるため、ユーザーと検索エンジンにとって、良くありません。

ですので、サイトの評価を下げてしまう原因となります。

とはいえ、手作業で全てのリンクをチェックするのは無駄な時間と労力がかかってしまうので、プラグイン「Broken Link Checker(ブロウクン・リンク・チェッカー)」に任せてしまうのが得策です。

もし、リンク切れがあった場合、WordPressにお知らせが来るので、安心できます。

SEO対策のために使った方が良い解析ツール

SEO対策のために使った方が良い解析ツール

SEO対策のために使った方が良い解析ツールをご紹介します。

Analyticsを活用する

アナリティクスは無料で使えるツールで、「どのページが見られているのか」「どのページから離脱されているのか」など知ることができ、より良いサイトにしていくために欠かせないツールです。

アナリティクスの活用はこちら

Search Consoleを活用する

サーチコンソールも無料で使えるツールで、サーチコンソールは「どんなキーワードで検索されているのか」「そのキーワードの順位は何位か」などを知ることができます。

これらの解析結果を元に改善していくことで、ユーザーに役立つサイトを作ることができます。

サーチコンソールの活用はこちら

コンテンツスカウターZ(コンスカ)を活用する

コンテンツスカウターZは、寝ている間にSEOキーワードを数百個も自動で抽出してくれるので、キーワード選定に使っていた労力と時間を大幅に削減でき、より良い記事を作ることに、集中することができます。

今はコンテンツ(記事)が重要な時代なので、記事作成に時間をかけることで、ライバルサイトよりも良い記事を書くことができます。

より良い記事作成に集中したい方はこちら

有料ツールではありますが、費用対効果は大きいです。

最後に

WordPressでブログ記事を書く時のSEO対策について、解説しました。

一つ一つの記事に対してSEO対策を地道に行なっていくことで、ブログ全体の評価も上がっていき、上位表示、アクセスアップがされやすくなってきます。

長期的な視野をもって、取り組んでほしいと思います。

【PR】特典動画をプレゼント

メルマガを無料で配信しています!

ブログアフィリエイトで明るい人生を手に入れたい人に、ブログで収入を得る運営の仕方について、どこよりも最新情報をお届けしています。

無料メルマガにご登録いただけた方には、ブログで収入を得る運営の仕方に関する特典動画をプレゼントします。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

また、ご自由に配信解除もできますので、ご安心ください。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る