SEOキーワードの数に関する疑問!何個設定すべき?出現率は?

SEOとキーワードの数との関係性は?

SEOキーワードの数に関する疑問をお持ちではないですか?

例えば、1記事(ページ)に対して、SEOキーワードは何個設定すべきなのか?また、SEOキーワードの出現率は高い方が上位表示されやすいのか?などです。

本記事では、それらの疑問にお答えしています。

SEOキーワードの数え方について

SEOキーワードの数え方

基本的なことですが、SEOキーワードの数え方について、解説します。

SEOキーワードには、「単一キーワード」と「複合キーワード」の2種類あります。

単一キーワード、またはビッグワードとも呼ばれますが、いわゆる単語のことで、「トマト」「留学」のように、一つの単語を指します。

複合キーワードとは、2語以上のキーワードから構成されているキーワードで、例えば、「トマト 育て方」や「留学 短期 おすすめ」などが挙げられます。

ちなみに、それぞれを2語の複合キーワード、3語の複合キーワードと呼びます。

複合キーワードの数え方は、2語なら2語セットで1キーワードと数えます。

例えば、「トマト 育て方」で1キーワードということです。

1記事にSEOキーワードを何個も設定して良いのか?

SEOキーワードの個数

結論を先に言うと、SEOキーワードは1記事に対して、1個の設定です。

SEOキーワードを2個、3個と複数個設定することで、どれか1つでも上位表示を狙うことができるのでは、と思うかもしれません。

しかし、その考えは逆で、SEOキーワードを1つに決めないと、Google検索エンジンは、この記事は何についての記事なのか、判断に迷ってしまい、良い評価を付けることができません。

その結果、検索順位が圏外という可能性がでてきます。

ですので、1つの記事に対して、SEOキーワードは1つに絞らなければなりません。

SEOキーワードの出現率が高いほど上位表示されやすいのか?

SEOキーワードの出現率

以前は、SEOキーワードの出現率が5%~7%ほどにすると、上位表示されやすいと言われていました。

しかし、今の時代は、SEOキーワードの出現率をそこまで考える必要はありません。

私の上位表示されている2語の複合キーワードに設定した記事がありますが、片方の出現率は2.5%ほどで、もう片方は1%未満だったりします。

このように、5%に達していなくても上位表示されることもあります。

しかし、SEOキーワードを入れても不自然な文章にならなければ、入れるように意識はしています。

1記事に含めるSEOキーワードの数の目安は?

SEOキーワードを含める目安

1記事にSEOキーワードをどれくらい入れると良いのか、気になる部分だと思います。

SEOキーワードは「タイトル」「ディスクリプション」「見出し」「本文」に入れると良いとされています。

それぞれのSEOキーワードの目安について、解説します。

タイトル

タイトルは検索結果に表示され、ユーザーにとって、目につく部分であり、検索エンジンにとっても、重要な部分です。

ですので、SEOキーワードを1つ入れると良い、とされています。

例えば、SEOキーワードが「クレジットカード おすすめ」であれば、「クレジットカード」と「おすすめ」を1つずつ含めたタイトルを考えるということです。

ディスクリプション

ディスクリプションは、記事内容の説明をする部分で、検索結果のタイトルの下に表示されます。

ディスクリプションには、SEOキーワードを最低1つ入れれば良いとされています。

タイトルの時と同様、SEOキーワードが「クレジットカード おすすめ」であれば、「クレジットカード」と「おすすめ」を1つずつ入れるということになります。

多くても2つほど含めれば十分かな、といった感じです。

見出し

見出しは、不自然にならなければ入れる、という感じで大丈夫です。

必ず入れなければならない部分ではありません。

無理やり含めてしまうと、見出しがわかりにくくなってしまい、ユーザーと検索エンジンにとって、良くありません。

本文

本文は、SEOキーワードを最低でも1つは入れる必要があります。

SEOキーワードの出現率を考える必要はないですが、変な文章にならなければ、SEOキーワードを入れていく、という感じで大丈夫です。

SEOキーワードの数ばかり気にしすぎると起こってしまうこと

SEOキーワードの数ばかり気にしすぎると起こってしまうこと

SEOキーワードの数ばかりを気にしすぎると、起こってしまうことについて、解説します。

不自然な文章になってしまう

SEOキーワードの数ばかりを気にしてしまうと、無理にSEOキーワードを入れようとしてしまうので、文章が不自然になってしまう可能性があります。

文章が不自然になってしまうと、ユーザーにとって、読みにくい文章になってしまい、離脱の恐れがあります。

サイトのランキングに悪影響が及んでしまう

SEOキーワードを入れ過ぎると、キーワードの乱用と判断され、サイトのランキングに悪影響が出る恐れがあります。

実際に、「Search Console ヘルプ」で、キーワードの乱用について、説明されていますので、詳細を知りたい人は、下記を参考にして下さい。

キーワードの乱用について

検索エンジンがSEOキーワードの数より重要としているもの

検索エンジンが重要としているもの

検索エンジンがSEOキーワードの数より、重要としているものについて、解説します。

ユーザーに役立つコンテンツ(記事)

検索エンジンがSEOキーワードの数よりも重要としているものは、ユーザーに役立つコンテンツです。

ユーザーに役立つコンテンツを作る上で意識すると良いのが、共起語を用いることです。

共起語とは、ある単語に対して、一緒に使われる単語を指します。

例えば、「アフィリエイト」だと、「キーワード選定」「ノウハウ」「SEO対策」が挙げられます。

また、自分が狙っているSEOキーワードとは別のキーワードからの検索流入、それが共起語という場合もあり得ます。

さらに、共起語を活用することで、網羅性のあるコンテンツに仕上がっていきます。

網羅性とは、あるテーマに対して、関連のあるテーマを指します。

つまり、あるテーマだけでなく、関連するテーマも扱ってあげると、ユーザーは多く学べて、役に立つよね、ということです。

今の時代、テクニック的なことはほとんど通用せず、地道にユーザーに役立つコンテンツを増やすことが上位表示、アクセスアップの近道といえます。

ユーザーに役立つコンテンツを作るための流れ

ユーザーに役立つコンテンツの作り方

ユーザーに役立つコンテンツを作るための流れについて、解説します。

SEOキーワードを選ぶ

まずは、どのSEOキーワードで上位表示させるか、を決めます。

間違った選び方をしてしまうと、一生懸命、取り組んでも成果が出にくくなってしまいます。

ですので、具体的なSEOキーワードの選び方は下記記事を参考にしてください。

SEOキーワードの上手な選び方【アフィリエイト初心者】

上位サイトの見出し構成を調べる

ライバルサイトの見出し構成は調べていますか?

見出し構成とは、h2やh3タグが使われている部分です。

質の良いコンテンツを作るためのヒントになります。

というのも、上位表示されているサイトなので、どのような見出し構成を作成したら良いのか、また、ユーザーはどんなことを知りたいのか、を知ることができます。

上位サイトの見出し構成を手作業でで調べるのは、時間と労力がかかってしまいます。

ですので、ツールに任せるのがラクで効率的です。

見出し構成を調査する時間と労力を減らすツールはこちら

見出し構成を調査する時間と労力を減らすことができれば、その分、上位表示される記事を書くために、時間と労力を使えることができます。

ターゲットを決める

どんな人がターゲットになるかを決めます。

ターゲットをきちんと決めると、その相手に伝わりやすい文章や表現を使うようになるので、成約にもつながりやすくなってきます。

ターゲットはきちんと書きだすことがポイントです。

検索意図を考える

検索意図とは、なぜ、ユーザーはそのSEOキーワードで検索したのか、ということです。

見出し構成を調べた時点で、検索意図はだいたいわかってきますが、自分でもさらに深く考えます。

そうすることで、書いた方が良い内容や、削除した方が良い内容を決めることができます。

最後に

「1記事にSEOキーワードを設定する時の個数」「SEOキーワードの出現率」「1記事に含めるSEOキーワードの数の目安」について解説し、さらに、「検索エンジンがSEOキーワードの数より重要としているもの」についても触れました。

SEOは細かい部分にもしっかり取り組むことで、SEOの効果がより大きなものとなり、上位表示されやすくなり、見込み客を集客することができるようになってきます。

少しでも、お役に立てれば幸いです。

【PR】特典動画をプレゼント

メルマガを無料で配信しています!

ブログアフィリエイトで明るい人生を手に入れたい人に、ブログで収入を得る運営の仕方について、どこよりも最新情報をお届けしています。

無料メルマガにご登録いただけた方には、ブログで収入を得る運営の仕方に関する特典動画をプレゼントします。

また、強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

最後まで、ご覧いただきありがというございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る