1記事に含めるSEOキーワードの個数の目安は?

SEOキーワードの個数

SEOについて学んでいて、1記事に含めるSEOキーワードの個数について、気になっていませんか?

SEO効果を少しでも高めるためにも、はっきりさせたいですよね。

そこで、本記事では、SEOキーワードの個数の目安について、解説していきます。

1記事に含めるSEOキーワードの個数の目安は?

1記事に含めるSEOキーワードの個数の目安

SEOキーワードを「タイトル」「ディスクリプション」「見出し」「本文」に入れると、良いとされています。

ですので、それぞれの部分でのSEOキーワードの目安について、解説していきます。

タイトル

タイトルは検索結果に表示され、ユーザーにとって、目につく部分であり、検索エンジンにとっても、重要な部分です。

ですので、SEOキーワードを1回入れます。

例えば、SEOキーワードが「クレジットカード おすすめ」であれば、「クレジットカード」と「おすすめ」を1つずつ含めたタイトルを考えるということです。

SEOを意識したタイトルを作る時の注意点とポイントをまとめた記事がありますので、ご興味のある方は、下記の記事をご覧ください。

SEO対策で重要!ブログ記事タイトルの注意点8つとポイント3つ

ディスクリプション

ディスクリプションは、記事内容の説明をする部分で、検索結果のタイトルの下に表示されます。

ディスクリプションには、SEOキーワードを最低1回入れます。

多くても2回までにしましょう。

タイトルの時と同様、SEOキーワードが「クレジットカード おすすめ」であれば、「クレジットカード」と「おすすめ」を1つずつ入れるということになります。

ディスクリプションを書く時のポイントを8つまとめた記事がありますので、ご興味のある方は、下記の記事をご覧ください。

SEO効果に期待!ディスクリプションの書き方8のポイント

見出し

見出しは、不自然にならなければ入れる、という感じで大丈夫です。

必ず入れなければならない部分ではありません。

無理に含めてしまうと、見出しがわかりにくくなってしまい、ユーザーと検索エンジンにとって、良くありません。

本文

本文は、SEOキーワードを最低でも1回は入れます。

本文なので、SEOキーワードが多くなると思います。

SEOキーワードの出現率を考える必要はありませんが、変な文章にならなければ、SEOキーワードを入れていく、という気持ちでいましょう。

本文中のSEOキーワードの個数の気にしすぎには注意

SEOキーワードの個数気にし過ぎは注意

本文中のSEOキーワードの個数ばかりを気にしすぎると、良くありません。

そのことについて、説明します。

不自然な文章になってしまう

SEOキーワードの個数ばかりを気にしてしまうと、無理にSEOキーワードを入れようとしてしまうので、文章が不自然になってしまう可能性があります。

文章が不自然になってしまうと、ユーザーにとって、読みにくい文章になってしまい、離脱の恐れがあります。

また、検索エンジンがペナルティと判断してしまうかもしれません。

ですので、注意しなければいけません。

検索順位に悪影響が及んでしまう

SEOキーワードを入れ過ぎると、キーワードの乱用と判断され、検索順位に悪影響が出る恐れがあります。

実際に、「Search Console ヘルプ」で、キーワードの乱用について、説明されていますので、一度、目を通してみてください。

Search Console:キーワードの乱用

検索エンジンがSEOキーワードの個数より大切にしていること

検索エンジンがSEOキーワードの個数より大切にしていること

検索エンジンがSEOキーワードの個数より、大切にしていることについて、解説します。

ユーザーに役立つ記事かどうか

検索エンジンがSEOキーワードの個数よりも大切にしていることは、ユーザーに役立つ記事かどうかです。

昔は、SEOキーワードの個数が多い方が上位表示されやすい、とされていました。

しかし、今現在は、そのようなテクニック的な方法では上位表示させることができません。

ですので、裏ワザ的な手法を追い求めるのではなく、コツコツと良質な記事を増やしてほしいと思います。

ユーザーに役立つ記事を作る時のポイント

ユーザーに役立つ記事を作るポイント

ユーザーに役立つ記事を作る時のポイントについて、解説します。

記事を書く前の重要な作業になりますので、必ず実践してほしいと思います。

ターゲットを決める

まずは、記事を読むターゲットを明確にします。

ターゲットをきちんと決めると、その相手に伝わりやすい文章や表現を使うようになるので、相手に響きやすい記事を書くことが可能になります。

ですので、ターゲットを決めましょう。

検索意図を考える

検索意図とは、ユーザーは何を知りたくて、そのキーワードで検索したのか、ということです。

検索意図の答えがしっかりと書かれている記事を、検索エンジンは高く評価します。

ですので、検索意図もしっかり考えましょう。

上位サイトの見出し構成を調べる

ライバルサイトの見出し構成を調べていますか?

見出し構成とは、h2タグやh3タグが使われている部分です。

上位サイトの見出し構成をチェックすることで、検索エンジンに評価されやすい見出し構成を知ることができるわけです。

もちろん、パクるという意味ではなく、ヒントになるということです。

ライバルサイトの見出し構成のデータを、たったの3クリックで抜き出せるツールがありますので、ご興味のある方は、下記の記事をご覧ください。

コンテンツスカウターZでSEOを高め、検索流入アップ

最後に

本記事では、以下のことについて解説しました。

  • 1記事に含めるSEOキーワードの個数の目安は?
  • 本文中のSEOキーワードの個数の気にしすぎには注意
  • 検索エンジンがSEOキーワードの個数より大切にしていること
  • ユーザーに役立つ記事を作る時のポイント

少しでも、参考になればと思います。

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、初心者の方向けに、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとり、日々の配信を楽しみに待っていてください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る