SEOキーワードの戦略的な選び方

SEOキーワードの戦略的な選び方

SEOキーワードをどのような選び方をすれば良いか、悩んでいませんか?

選び方が良くないと、上位表示までに時間がかかってしまい、収益アップのチャンスすら得ることができません。

そこで本記事では、戦略的なSEOキーワードの選び方について解説します。

SEOキーワードの戦略的な選び方とは

SEOキーワードの上手な選び方とは

SEOキーワードの戦略的な選び方について、5つの手順で解説します。

軸となるキーワードを決める

軸となるキーワードは、最終的に上位表示させたいキーワードに決めます。

例えば、アフィリエイトする商品がクレジットカードであれば、軸となるキーワードは「クレジットカード」という風に考えることができます。

最終的に「クレジットカード」で上位表示することができたら、多くのアクセスを集めることができ、収益アップにつなげることができます。

また、軸となるキーワードはサイトのジャンルで考えても良いです。

例えば、サイトのジャンルが「ゴルフ」であれば、軸となるキーワードは「ゴルフ」と考えることができます。

同じく、最終的に「ゴルフ」で上位表示することができたら、大量の検索流入があり、収益アップが見込めます。

軸となるキーワードを決めないで、なんとなくキーワードを選び続けてしまうと、思うようにアクセスが増えていかない、といった状態に陥ってしまいます。

関連するキーワードを見つける

軸となるキーワードが決めれば、次に関連するキーワードを見つけます。

例えば、クレジットカードの関連するキーワードといえば、「クレジットカード+人気」「クレジットカード+おすすめ」などが挙げられます。

関連するキーワードをできるだけ多く見つけ、集めたキーワードで記事を書いていきます。

手作業の場合だと、Google検索エンジンの検索結果の一番下に「関連する検索キーワード」が表示されるので、そこから見つけていきます。

なぜなら、Googleのアルゴリズムによって、ユーザーがよく検索しているキーワードとされているからです。

3語、4語の複合キーワードを選ぶ

関連するキーワードを集めたら、まずは3語、4語の複合キーワードを優先して、記事を書きます。

複合キーワードとは、「英会話+初心者+オンライン+おすすめ」といったキーワードです。

単語や2語の複合キーワードで上位表示することができれば、最高ですが、サイトを立ち上げたばかりだと、そのようなキーワードでは上位表示されるまでに時間がかかってしまいます。

なので、まず、3語、4語の複合キーワードから選んでいきましょう。

購入意欲の高いキーワードを選ぶ

3語、4語の複合キーワードの中から、さらに購入意欲の高いキーワードを優先して選んで、記事を書いていきます。

というのも、少しでも早く購入のチャンスにつながるためです。

逆に、「クレジットカードとは」というキーワードだと、『クレジットカードとは何かを知りたい』という検索意図を読み取ることができるので、購入意欲が低いといえます。

なので、購入意欲のあるキーワードを優先して選んだ方が良いのです。

ライバルが弱いキーワードを選ぶ

そしてさらに、ライバルが弱いキーワードを優先して記事を書きます。

ライバルが弱いキーワードを選んだら、早い段階で上位表示の見込があります。

そして、上位表示することができたら、収益につながる可能性があるわけです。

ライバルが弱いキーワードだと、検索ボリュームが少ない傾向にありますが、最初はそのようなキーワードで少しずつでも検索流入を増やしていきましょう。

上位表示記事が増え、サイトの評価も上がってくると、検索ボリュームが高い傾向にある2語の複合キーワードでも上位表示できるようになってきます。

では次に、これらの戦略を円滑に進めるために、役立つツールをご紹介します。

SEOキーワードを、手間をかけずに見つけるツール

SEOキーワードを、手間をかけずに見つけるツール

キーワードを探すのって手間がかかるので大変ですよね。

そこでおすすめするのが「コンテンツスカウターZ」というツールです。

ツールについては『コンテンツスカウターZでSEOを高め、検索流入アップ』という記事で詳しく説明していますので、キーワード選定をスムーズにおこないたい方は必ずチェックしてください。

では、キーワードを選んだら、次は記事作成です。

記事作成のポイントをお伝えしますので、ぜひ次へ読み進めてください。

記事を書く時のポイント

記事を書く時のポイント

ライバルが弱そうなキーワードを選んでも、記事の質が悪ければ、上位表示することはできません。

今の時代において、記事の質が良いことは当たり前なのです。

そこで『上位表示しやすいコンテンツ(記事)とは?作り方も具体的に解説』という記事がありますので、上位表示の可能性を高める記事の書き方を学びたい方は、ぜひチェックしてください。

とはいえ、一発で上位表示させることはなかなか難しいです。

なので、記事を一回書いたら終わりではありません。

そこで次は、その後の作業について解説します。

記事は一度書いたら終わりではない

記事は一度書いたら終わりではない

記事は一度書いたら終わりではありません。

では、何をするかを説明していきます。

サーチコンソールに登録する

サーチコンソールとは、Googleが無料で提供しているツールの1つです。

どんなキーワードであなたのサイトに訪れているか、そして、そのキーワードでの検索順位を知ることができます。

もし、サーチコンソールに登録していなければ、必ず登録してください。

定期的にリライトをする

リライトとは、更新した記事に、新たに文章を書き加えたり、削除したりする作業です。

定期的に記事を更新することで、検索順位が上がるチャンスにつながります。

しかし、やみくもにリライトをすれば良いというわけではありません。

そこで『記事をリライトしてSEOを強化!7つのポイントを紹介』という記事がありますので、検索順位を上げるためのリライトをする方は、ぜひチェックしてください。

継続することでSEO効果を発揮

SEOキーワードを選んで、質の良い記事を書いて・・・を継続していくことで、ブログ全体の評価も上がり、上位表示されやすくなり、アクセス数が増えていきます。

しかし、ここまでたどり着くまでに時間がかかってしまうので、途中で挫折してしまう人も少なくありません。

途中でやめてしまうことは、それまでの労力と時間を無駄にしてしまうので、非常にもったいないことです。

少しずつでも、上位表示されたり、アクセス数が増えたりするということは、SEOの効果が出始めている証拠なので、継続して取り組んで欲しいと思います。

また『必見!SEO対策のチェックリスト27項目【初心者向け】』という記事がありますので、SEO効果を高めて、少しでも上位表示の可能性を高めたい方は、チェックリストの内容を実践できているかをご確認ください。

最後に

本記事では、大きくわけると、以下のことについて解説しました。

  • SEOキーワードの戦略的な選び方とは
  • SEOキーワードを、手間をかけずに見つけるツール
  • 記事を書く時のポイント
  • 記事は一度書いたら終わりではない
  • 継続することでSEO効果を発揮

そして、SEOキーワードの戦略的な選び方とは、以下のとおりです。

  1. 軸となるキーワードを決める
  2. 関連するキーワードを見つける
  3. 3語、4語の複合キーワードを選ぶ
  4. 購入意欲の高いキーワードを選ぶ
  5. ライバルが弱いキーワード選ぶ

その他、記事を書くポイントやSEO対策のチェックリストもご紹介しました。

あとはコツコツと取り組むだけです。

あきらめずにがんばっていきましょう!

【PR】特典動画をプレゼント

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、初心者の方向けに、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとり、日々の配信を楽しみに待っていてください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る