SEO対策を意識したブログの書き方とは?初心者向けに具体的に解説

SEO対策になるブログの書き方

初心者の方で、SEO対策として、どのようなブログの書き方をしたらいいのか、困っていませんか?

どのようにブログを書くと効果的なのか、けっこう悩みますよね。

本記事では、SEO対策を意識したブログの書き方について、解説しています。

今からやっておくべきコンテンツSEOとは?

コンテンツSEOについて

コンテンツSEOとは、良い記事を増やすことで、上位表示を狙う手法です。

コンテンツSEOは、コツコツと良い記事を増やす必要があるので、できるだけ早い段階で、取り組む必要があります。

良い記事が増え続ければ、ブログ全体の評価も上がるので、資産ブログにすることができます。

ブログ記事の書き方の手順

ブログ記事の書き方の手順

ブログ記事の書き方の手順をザっと解説します。

キーワードを決める

ブログ記事を書く上で、まず、やらないといけないのが、「キーワードを決める」ことです。

キーワード次第で、上位表示されやすいか、または、成約に結びつきやすいか、が決まります。

まさに、最初が肝心です。

キーワード選定について、もっと知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

◆参考記事◆

キーワード選定のコツ!アフィリエイトで生き残るために極めよう!

検索意図を考える

キーワードを決めたら、次に、検索意図を考えます。

検索意図とは、検索ユーザーがどんな悩みや問題を解決したくて、そのキーワードで検索しているのか、を考えることです。

検索意図をしっかりと考えられるかで、良い記事になるかが決まると言っても過言ではありません。

見出し構成を考える

見出し構成とは、目次にあたる部分です。

見出し構成をしっかり考えることで、検索エンジンにも、検索ユーザーにもわかりやすい記事を書くことができます。

また、最初に見出し構成を考えておけば、あとはそれぞれの見出しに、本文を書けば良いので、「記事を書いてたら、途中で手が止まってしまう」といった悩みを解決することができます。

ターゲットを決める

見出し構成を考えたら、ターゲットを決めていきます。

ターゲットをきちんと決めることで、その相手に文章を書くことになるので、相手に伝わりやすい文章を書くことができます。

本文を書く

見出し構成を考えたら、あとは本文を書くだけです。

基本的には、中学生でも理解できる文章を心がけることで、わかりやすい文章を書くことができます。

タイトルを考える

私は、タイトルを最後に考えるので、手順の最後にもってきました。

タイトルを考えるタイミングとしては、早くても、見出し構成を考えた後に、タイトルを考えた方が、より良いタイトルが浮かびやすくなります。

というのも、内容にそって、タイトルを考えることができるからです。

SEO対策を意識した記事タイトルの書き方

記事タイトルの書き方

SEO対策を意識した記事タイトルの書き方について、具体的に解説します。

キーワードをタイトルに入れる

タイトルにキーワードを入れなければ、決めたキーワードで上位表示を狙うことができません。

SEO対策の基本的な対策になりますので、入れ忘れのないよう、注意してください。

タイトル文字数は26~30文字以内を心がける

タイトルは検索結果に表示されます。

タイトルの文字数が多いと、途中で「…」と省略されてしまいます。

タイトルが途中で省略されると、伝えたいことが、全て伝わらない可能性もあります。

伝えたいことを、全て伝わるようにするためにも、26~30文字以内を目安にタイトルを考えることをオススメします。

キーワードを詰め込み過ぎない

キーワードを多く設定しておけば、どれかのキーワードで上位表示されるのでは?と思ってしまいますが、検索エンジンは、どれが狙っているキーワードなのか、判断に困ってしまいます。

その結果、上位表示されない、ということも考えられます。

ですので、多くても4語までにしましょう。

キーワードはなるべく近づける

例えば、「旅行 おすすめ」というキーワードに決めたとします。

そしたら、「旅行」と「おすすめ」の間には、できるだけ言葉を入れないようにします。

つまり、なるべく近づける、ということです。

パッと見ただけで、内容がわかるタイトルにする

最後に、これらのポイントをおさえながら、パッと見ただけで、内容がわかるタイトルを考えます。

内容がよく伝わらないタイトルにしてしまうと、ユーザーからクリックされなくなってしまうので、タイトルをきちんと考えましょう。

SEO対策のための正しい見出しの使い方

SEO対策のための正しい見出しの使い方

見出しには、h1~h6タグというものを使います。

そこで、SEO対策のための正しい見出しの使い方について、解説します。

h1タグは1記事に1回だけ使う

h1タグは、見出しの中で最も重要なタグであることを示し、記事タイトルに使用します。

「最も重要」なので、1記事に1回しか使うことができません。

h2~h6タグは複数回使うことができる

h2~h6タグの使用限度はないので、何回でも使うことができます。

h2から順に数字が大きくなるにつれて、見出しの重要度が小さくなります。

そのため、h2から順に使うという決まりがあります。

文字の強調に使わない

文字のデザインが変わるので、見た目のために使ってみたくなりますが、間違った使い方になってしまいます。

私がブログを始めた頃は、知識不足で、間違った使い方をしていました。

もし、間違った使い方を続けていたら、上位表示されるここともなかったと思います。

不自然にならなければキーワードを入れる

h2~h6タグには、不自然にならなければ、キーワードを入れましょう。

不自然にもかかわらず、無理にキーワードを入れてしまうと、見出しと内容が一致しなくなってしまいます。

記事は適切な長さにする

記事は適切な長さにする

記事の長さは、すごく気になる問題だと思います。

そこで、SEO対策と文字数にの関係性について書いた記事がありますので、参考にしてみて下さい。

◆参考記事◆

SEO対策!ブログの文字数が多いほど上位表示されやすいのか?

画像も活用しよう!

画像も活用する

画像を活用するメリットと、SEO対策になるalt属性について説明します。

読んでいて、飽きにくくなる

もし、文章だけだと、飽きやすくなってしまい、途中で読むのをやめてしまうかもしれません。

それを避けるためにも、画像は活用した方が良いです。

内容に合った画像だと記憶に残りやすくなる

内容に合った画像を用いることで、画像と内容が結びつき、記憶に残りやすくなります。

一生懸命に書いた文章は、少しでも覚えてくれると嬉しいですよね。

SEO対策のためにaltタグを設定する

altタグとは、どのような画像か、を説明するもので、代替テキストと言ったりもします。

検索エンジンは、文章しか読み取ることができないので、どんな画像なのか、まで理解することができません。

ですので、altタグの設定をする必要があります。

ワードプレスの場合、代替テキスト欄に書き込むことで、altタグの設定をすることができます。

アンカーテキストのポイント

アンカーテキストのポイント

ブログを書ていると、紹介したいサイトのリンクを文章に貼ることがあるかと思います。

その文章をアンカーテキストと呼びます。

「詳しくはこちら」のような文章にリンクを貼るよりも、そのリンク先がどんなページなのか、を表す文章にする方が、ユーザーにとって、安心してクリックしてもらうことができます。

また、リンク先が自分の記事であれば、その記事で狙っているキーワードをアンカーテキストに入れると、SEO対策にも効果的と言われています。

引用する場合は、引用タグを忘れずに

引用タグを忘れない

他のサイトから参考資料として、引用する場合は、引用タグを忘れずに使いましょう。

もし、引用タグを忘れてしまったら、検索エンジンがコピーコンテンツと判断してしまい、ペナルティを受けるリスクがあります。

カテゴリーの設定をする

カテゴリの設定も大切

カテゴリーを設定することで、記事の分類をすることができ、検索エンジンとユーザーにとって、関連記事を見つけやすくなります。

カテゴリーの名前は1単語で表す

カテゴリー名を1単語にすることで、パッと見たときに、どんな分類をされているかがわかりやすくなります。

1記事に1つのカテゴリーを設定する

カテゴリーは1つの記事に1つです。

2つも3つも設定をしてしまうと、構造が複雑になり、検索エンジンにとってもわかりにくいものとなってしまいます。

記事は1度書いたら終わりではない

リライトは大事

記事は1度書いたら、終わりではありません。

リライトが大切になってきます。

検索エンジンは、常に新しい情報を求めているので、記事を常に最新のものにする必要があります。

最後に

SEO対策を意識したブログの書き方について、具体的に解説しました。

少しでも、お役に立てれば幸いです。

もし、わからないことや、相談したいことなど、何かありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

24時間以内に、お答え致します。

◆お知らせ◆

「ブログアフィリエイト無料メルマガ」をやっています!

ブログアフィリエイトで収入を得る運営の仕方について、最新情報をどこよりもお届けしています。

無料メルマガにご登録すると、無料プレゼントを差し上げます。

「LINE@」もやっています。

LINE@にご登録すると、無料プレゼントを差し上げます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る