SEOで評価されやすいブログの書き方とは?5つのステップで解説

こんにちは。正しいサイト構築&SEOアドバイザーの田村です。

あなたは今、このようなことで悩んでいませんか?

  • 上位表示しやすいブログの書き方を知りたい
  • ブログの順位がなかなか上がらない
  • SEOに強いブログの書き方を知りたい

上位表示を狙っているのであれば、作家が書くような上手な文章ではなく、SEOを意識して文章を書かなければいけません。

なので、どんなに素晴らしいと思える文章を書けたとしても、SEOを無視していたら検索結果の1ページ目に表示される可能性はとても低いです。

そこで本記事では、SEOで評価されやすいブログの書き方について解説していきます。

5つのステップどおりに実践していただければ上位表示の可能性がグンと高まるはずです。

SEOで評価されやすいブログの書き方5ステップ

SEOに評価されやすいブログの書き方を5つのステップで解説していきます。

  1. キーワード選定
  2. 検索意図を把握する
  3. タイトルを決める
  4. 見出し構成を考える
  5. 本文を書く

では一つずつ説明していきます。

キーワード選定をする

まずはキーワードを一つ決めます

キーワード選定の作業はとても重要なので、時間がかかっても構いません。

急いでキーワードを決めても、もし間違ったキーワードを選んでしまったら、一生懸命にブログを書いても上位表示することが難しくなってしまいます。

今の時代はブログに取り組むライバルも多いため、戦略を立ててキーワード選定した方が良いです

そうでなければ、中長期的な上位表示の可能性を下げてしまいます。

検索意図を把握する

キーワードを一つ選んだら、そのキーワードの検索意図を把握します。

現在のSEOでは、検索意図が非常に重要です。

というのも、検索意図からズレたブログを書いた場合、高確率で検索結果の1ページ目に表示されないからです。

そのため検索意図に沿ってブログを書かなくてはいけません。

ですから、検索意図の考え方をぜひ身につけてください

タイトルを決める

検索意図を把握してから、タイトルを決めた方が良いです。

なぜなら、どのような内容を書くかがわかるからです。

なのでタイトルと内容がブレにくくなります。

それからタイトルは検索エンジンが順位を付ける上でとても大切な部分です。

ですからSEOを意識したタイトル作りも忘れずにおこなってほしいと思います。

見出し構成を考える

見出し構成を作る際は、1位から10位の見出し構成を参考にすると良いです。

理由は上位にあるから検索エンジンに高く評価されていると言えるからです。

ただし、あくまでも参考にするだけであって、まるパクリをしてはいけません。

また、見出し構成は検索エンジンにとって、タイトルの次に重要とされる部分です。

ぜひしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

そして見出しタイトルもユーザーと検索エンジンを意識して考えましょう

本文を書く

見出し構成を組み立てたら、最後に本文を書きます。

各見出しを埋めるようにして、文章を書けば良いのでスムーズに書きやすいです。

本文を書く際は次のことに注意しましょう。

  • 中学生でもわかる文章か
  • 一文が長すぎないか
  • 適度に画像を用いているか
  • 文字装飾や表など上手く活用しているか

すると、読みやすく、理解しやすいブログに仕上がります。

SEOでは本文を書く前の準備が大切

本文を書く前に次の作業をおこなうと良いです。

  • キーワードを決める
  • 検索意図を考える
  • タイトルを考える
  • 見出し構成を組み立てる

理由は3つあります。

  • 書くべき内容を把握できる
  • スムーズに文章が書きやすくなる
  • 一貫性のある記事に仕上がる

本文をいきなり書く人もいますが、上記で挙げた3つのことで失敗しやすいです。

なので上位表示の可能性を高めるためにも、「前準備」を怠らないでほしいと思います。

SEOを意識したブログを書く時の注意点4つ

次にSEOを意識したブログを書く際の注意点を4つご紹介します。

  • 結論を最初の方で書く
  • 文字数を気にしすぎない
  • まるパクリをしない
  • スパム行為をしない

それでは一つずつ詳しく説明してきます。

結論を最初の方で書く

SEOを意識したブログを書く場合、結論を最初の方にもってきます。

ユーザーは検索して早く自分が求めている情報を手に入れたいわけです。

文章を書く際には「起承転結」のような書き方がありますが、SEOでは好ましくありません。

例えば、「○○とは」のように単語を説明する内容を書く場合、一番最初に書くことが多いと思います。

しかし、SEOを意識するならばキーワードによっては「○○とは」という見出しを最初に書かない方が良い場合もあるわけです。

文字数を気にしすぎない

ブログを書く際は文字数は気にしすぎない方が良いです。

文字数を気にして8000文字や1万文字以上の内容を書いたとしても、検索意図からズレたことが書かれていると上位表示できません。

確かに上位サイトを見てみると、文字数が多い傾向ではあります。

しかし、文字数が多いから上位表示の可能性が上がるというのは少し間違った解釈です

なので、文字数を気にしすぎないでほしいと思います。

まるパクリをしない

文章を書く際は絶対にまるパクリをしてはいけません。

現在のAIが備わっている検索エンジンはどのサイトからパクったのかまでわかると言われています。

AIが発達している以上、十分に考えられることでしょう。

まるパクリをしてもペナルティを科され、順位をつけてもらえない可能性があります

ですからパクる行為はやめましょう。

スパム行為をしない

ブラックハットSEO手法のようなスパム行為はやめましょう。

一時的な成果を得られるかもしれませんが、今の時代では違法行為なので長続きしない施策です。

例えば、自動生成ツールを利用した記事作成や、内容が薄いアフィリエイト記事の執筆などが挙げられます。

その他のスパム行為はGoogleが公表している「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に書かれています。

ユーザーを意識してブログを書こう

SEOで評価されるブログを書きたいのであれば、「ユーザーを意識する」ことが非常に大切です。

SEOと聞くと、ユーザーではなく検索エンジンに好かれなければいけない、と思う方もいるでしょう。

半分正解で半分間違いです。

というのも、Googleはユーザーの悩みや問題を解決するために、それらを解決できる適切な結果を表示させようとしています。

そのため日々、検索エンジンのアップデートを繰り返し、進化し続けているわけです。

そしてGoogleが掲げている理念の一つに次のようなものがあります。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:Googleが掲げる10の事実(一部抜粋)

ですから、ユーザーが満足するように記事を書くことで、結果的にSEOで評価されるブログに仕上がりやすくなるのです。

最後に

本記事では大きく分けると、次のことについて解説しました。

  • SEOで評価されやすいブログの書き方5ステップ
  • SEOでは本文を書く前の準備が大切
  • SEOを意識したブログを書く時の注意点4つ
  • ユーザーを意識してブログを書こう

SEOに強いブログを書くためには、本文を書く前の「準備」が重要です。

そして、ユーザーの悩みや問題を解決し、喜んでもらえるようにブログを書く必要があります。

そうすれば、上位表示の可能性が高まり、アクセス増加を狙えるでしょう。

【PR】記事作成の前準備シート&動画講座を無料プレゼント

SEOマスター動画講座

私は、集客の仕組み作りやアクセスアップ戦略、正しいサイト構築についてのサポートを提供しています。

SEOでクライアントのwebサイトを検索結果の1ページ目に表示させてきた田村が、サイト設計やキーワード選定、記事作成についてまとめた講義動画を4つプレゼントしています。

下の緑ボタンをクリックし、無料メルマガにご登録して、どうぞプレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る