SEOキーワードの入れ方!4箇所には必ず入れよう

SEOキーワードの入れ方

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

SEOキーワードをどこに含めたら良いのか、入れ方について悩んでいませんか?

SEOキーワードを入れるべき箇所に含めていなければ、SEO効果を下げてしまいます。

そこで本記事では、SEOキーワードを入れる4箇所をお伝えします。

SEOキーワードの入れ方について

SEOキーワードの入れ方について

SEOキーワードを記事内に含めることはとても重要なことです。

「Search Console ヘルプ」のウェブマスター向けガイドラインには、以下のように書かれています。

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。

引用元:ウェブマスター向けガイドライン

そこで、SEOキーワードを入れるべきところを4箇所お伝えします。

記事タイトル

記事タイトルには、必ずSEOキーワードを1回入れましょう。

まず検索エンジンは、記事タイトルで、どんな内容なのかを判断しています。

そのため、狙うキーワードが含まれていないと、そのキーワードで検索される可能性がガクッと下がってしまいます。

そこで、SEOを意識したタイトルの作り方をまとめた『SEOを意識したタイトルの付け方!守るべき9つのルール』という記事がありますので、SEO効果を少しでも高めたい方は、ぜひチェックしてください。

ディスクリプション

ディスクリプションとは、記事の内容を説明した文のことです。

検索結果に表示される記事タイトルの下に表示されます。

SEOに直接関係があるわけではなく、クリック率に影響を与えます。

そのため、SEOキーワードをディスクリプションにも含めた方が良いです。

なぜなら、検索結果に表示される場合、SEOキーワードが太字となり、ユーザーの目にとまりやすくなり、クリックされる可能性が上がるからです。

ディスクリプションには、SEOキーワードを最低1回は入れましょう。

文字数が多いと文章が「…」と省略されてしまうので、多くても2回が良いです。

ディスクリプションの書き方についてまとめた『SEO効果に期待!ディスクリプションの書き方8のポイント』という記事がありますので、ディスクリプションの書き方に自信のない方は、ぜひチェックしてください。

見出しタイトル

見出しタイトルとは、h2タグ(大見出し)やh3タグ(小見出し)が使われているタイトルです。

見出しにSEOキーワードを入れることも、SEO効果を期待できます。

h2見出しをいくつか使用すると思いますが、必ず1回はSEOキーワードを入れましょう。

例えば、h2見出しを3つ使用していたら、そのうちの1つにはSEOキーワードを含めた見出しタイトルを考えるということです。

残り2つのh2見出しは、SEOキーワードを含めても変なタイトルにならなければ、SEOキーワードを入れる、そうでなければ、無理にSEOキーワードを含めないでください。

なぜなら、無理に入れてしまうと、文章が変になってしまうので、検索エンジンだけでなく、ユーザーにも良くないからです。

h3見出し以降は、最低1回はSEOキーワードを含めるという考えをしなくて大丈夫です。

変な文章になりそうなら、SEOキーワードを入れない、問題なさそうなら入れてください。

検索エンジンやユーザーにとっても、見出しは記事タイトルの次に重要な箇所です。

そこで、見出しの書き方をまとめた『ブログの見出しの効果的な書き方を9つご紹介します』という記事がありますので、見出しの作り方に自信のない方は、ぜひ目をとおしてください。

本文

本文にもSEOキーワードを最低1回は必ず入れましょう。

文章が不自然になるほど、無理に入れる必要はありません。

しかし、もしSEOキーワードを入れても変な文章にならないのであれば、入れてください。

ここまでの説明で、どこにSEOキーワードを入れたら良いのかをわかっていただけたと思います。

では次に、SEOキーワードを入れるときの注意点について解説します。

SEOキーワードを入れる際の注意点

SEOキーワードを入れる際の注意点

注意点は2つあります。

注意点を守らないと、ペナルティやSEO効果を下げてしまうリスクがあるので、必ず守ってほしいと思います。

無理に入れようとしない

繰り返しになってしまうかもしれませんが、くれぐれもSEOキーワードを入れることに意識しすぎて、無理に入れようとはしないでください。

無理に入れて、文章が不自然になってしまうと、ユーザーは読みにくくなってしまい、ページを閉じられるかもしれません。

また、不自然な文章はユーザーだけでなく、検索エンジンにもわかるので、記事の評価を下げられる可能性があります。

なので、SEOキーワードを入れる時は、自然な文章になる場合にのみ入れてください。

キーワード出現率を気にしない

中には、キーワード出現率を気にしている方がいるかたもしれません。

しかし、今の時代は、キーワード出現率を気にしなくて大丈夫です。

SEOキーワードの入れ方をわかっても、そもそもキーワード選定が悪ければ、上位表示の可能性は低いです。

そこで、キーワード選定に自信がない方は、次へ読み進めてください。

キーワード選定に自信がない方へ

キーワード選定に自信がない

キーワード選定が悪ければ、懸命にSEOに取り組んでも上位表示させることが難しくなってしまいます。

そこで、キーワード選定のコツについてまとめた『ブログのSEOキーワード選定のコツ!具体的なやり方を解説』という記事がありますので、キーワード選定に自信のない方は、ぜひチェックしてください。

検索エンジンに評価されやすいキーワード選定のコツについて学べます。

最後に

本記事では、大きくわけると、以下のことについて解説しました。

  • SEOキーワードの入れ方について
  • SEOキーワードを入れる際の注意点
  • キーワード選定に自信のない方へ

SEOキーワードを入れる箇所は次の4つです。

  • 記事タイトル
  • ディスクリプション
  • 見出しタイトル
  • 本文

注意点を守りつつ、SEOキーワードをそれぞれの箇所に含めてほしいと思います。

【PR】特典動画をプレゼント!

メールマガジンを無料で配信しています!

自宅でマイペースに成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています。

無料メルマガにご登録すると、初心者の方向けに、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとり、日々の配信を楽しみに待っていてください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る