SEOキーワードの効果的な入れ方を初心者でもわかるように解説

SEOキーワードを、どのような入れ方をしたらいいのか、悩んでいませんか?

ブログ記事を上位表示させるには、SEOキーワードの入れ方は重要になってきます。

上位表示ができれば、アクセス数も増えてきますので、 本記事で、 SEOキーワードの入れ方が身につくよう、解説していきます。

SEOを知ろう!

SEOとは、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマゼイション)の略で、意味は「検索エンジン最適化」です。

検索エンジン最適化って、何?って感じですよね・・・

簡単に言うと、検索エンジンで記事が上位表示できるように、対策などを行なっていこう、というものです。

なので、SEO対策とよく言ったりします。

SEOキーワードの入れ方についても、SEO対策の一部になるので、SEOについての知識も一緒に深めていってほしいと思います。

以前のSEO対策

以前のSEO対策は、ブラックハットSEO手法といって、被リンクが多ければ上位表示することができ、アクセス数を集めることができました。

被リンクとは、自分のブログのアドレスが、他のブログに貼られているリンクを指します。

つまり、被リンクが多ければ、それだけ良いサイトだよね、という感じで、評価がされていました。

しかも、この被リンクは買うことができたので、容易に上位表示させることができました。

残念なことに、検索ユーザーが探している答えが上位表示されないこともあったのです。

これじゃあ、いかん!となったので、今現在のSEO対策へと変わりました。

現在のSEO対策

さて、今現在のSEO対策は、ホワイトハットSEO手法と呼ばれるもので、良いコンテンツを作らないといけません。

良いコンテンツとは、検索ユーザーの悩みや問題を解決できる記事やサイトです。

以前のようなブラックハットSEO手法を用いたサイト作りや、記事作りをしてしまうと、ペナルティが科せられます。

どんなペナルティかというと、頑張ってブログを作っても、上位表示がされない、つまり、ブログで収入を得ることができなくなってしまいます。

せっかく、ブログを始めたのに、ペナルティを受けてしまっては、元も子もありません。

逆に言うと、やることはシンプルなので、難しくはありません。

Googleが目指す検索エンジンとは?

多くの人はGoogleの検索エンジンを使ってるかと思います。

Yahoo!もGoogleの検索エンジンと同じ方法を用いてるので、Googleと考えても良いでしょう。

では、Googleが目指す検索エンジンとは、どんなものでしょうか?

これは、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」というものに、しっかりと明記されています。

以下、引用です。

・検索エンジンとではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する

・ユーザーをだますようなことをしない。

・検索エンジンでも掲載位置を上げるための不正行為をしない。


ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン )

一部抜粋したものですが、Googleが目指している検索エンジンのことを理解できたかと思います。

SEOキーワードの効果的な入れ方

では、SEOキーワードの効果的な入れ方について、説明していきます。

記事タイトル

SEOキーワードを記事タイトルに入れると、効果的とされています。

SEOキーワードの入れ方のポイントですが、タイトルの最初の方(左側)に含めることです。

なぜかというと、タイトルが長い場合、途中で切れてしまうからです。

ユーザーが検索時に使用したキーワードが途中で切れてて、表示されていない場合、「キーワードが含まれていない=自分の悩みは解決できないのは」と、記事がクリックされないことも考えられます。

それを避けるためにも、SEOキーワードがきちんと表示されるよう、最初に含めることをおすすめします。

もっと、記事タイトルのことについて、知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

Word Pressでの最適な記事タイトルの文字数とSEOとの関係性

ディスクリプション

ディスクリプションとは、どんな記事内容なのか、を説明する文のことです。

ディスクリプションでも、SEOキーワードは文章の初めに入れることをおすすめします。

ディスクリプションに関する他の記事もご覧ください。

SEO対策で重要とされているディスクリプションとは?

SEOキーワードを含めただけではダメ!ディスクリプションのさらに効果的な書き方とは?

ワードプレス利用者必見!ディスクリプションの設定ならAll in One SEO Packで簡単に

見出しタイトル

見出しタイトルとは、目次でよく目にする大テーマ、小テーマの部分になります。

見出しタイトルの場合は、違和感なく入れることができたら、入れるという気持ちで大丈夫です。

無理に含めて、見出しタイトルが変になってしまったら、ユーザーに記事の内容が伝わりにくくなってしまいます。

本文

SEOキーワードは、本文にも入れる必要があります。

とはいえ、本文中に、どのくらいSEOキーワードを含めたらいいのか、気になりますよね?

気になった方は、下記の記事をご覧ください。

Google検索エンジンのSEO対策でキーワード出現率は有効か?

アンカーリンク

アンカーリンクとは、リンクが貼られているテキスト(文章)の部分を指します。

まぁ、SEOキーワードがないよりは、含まれてた方がいいよね、くらいの気持ちなので、そこまで意識しすぎる必要はないです。

共起語を入れる

共起語とは、簡単にいうと、あるキーワードの関連したキーワードのことをいいます。

例えば、「アフィリエイト」といえば、「SEO」「稼ぐ」「副業」などのキーワードが思い浮かぶと思います。

共起語とは、そういったキーワードを指します。

共起語も、「記事タイトル」「見出しタイトル」「ディスクリプション」「本文」「アンカーリンク」に入れていきます。

なぜ、入れた方が良いのかといいますと、ご自身で決めたSEOキーワードとは別のキーワードでも上位表示できる可能性を広げるためです。

SEOキーワードを入れる際の注意点

「SEOキーワードは多く入れた方がいいんだな」と思って、無理やり入れて、文章がおかしくなってしまうと、読みにくくなってしまうので、ユーザーが離脱してしまう原因となってしまいます。

なるべく、SEOキーワードを入れるよう、意識することは大切ですが、それと同時に、自然な文となるよう意識する必要があります。

ブログをやり始めたばかりだと、大変に思うかもしれませんね。

SEOキーワードの順位がわかるツール

ご自身が狙っているSEOキーワードが何位なのか、気になりますよね?

SEOキーワードの順位がわかるツールをご紹介します。

検索順位チェッカー

使い方は、簡単です。

まず、ご自身のブログのURLを入力します。

次に、SEOキーワードを入力します。

そして、「チェック」ボタンを押して、完了です。

注意してほしいのが、結果で出た順位は正確なものではありません。

±10ほどの誤差があります。

なので、私は実際に検索してみて、結果で表示された順位の±20ほど確認しています。

順位が圏外だと、落ち込んでしまいますが、順位が上がってると、とてもうれしくなり、モチベーションにもつながります。

ぜひ、活用してください。

検索順位チェッカー

SEOの知識をもっと身につけるために

SEOを学ぶ手段として、ネットを見れば、無料で学ぶことができます。

しかし、無料で学べる反面、その情報は正しいのか、という真偽を確かめることが難しいです。

ブログでアフィリエイトをおこなう上で、SEO対策はとても大切な対策であるため、正しいSEOを身につける必要があります。

それを学べるのが、こちらです。

Catch the SEO

Catch the Webグループが提供している商品ですが、Catch the Webグループは、インターネットで70億円以上売り上げを出している、かなりすごい実績のある会社です。

一度は、信頼のある商品で学ばなければ、ネットで「あの情報良さそう」「この情報は悪そう」といった、感覚で判断してしまいます。

正しいSEOの知識を身につけるためにも、ぜひ、手にとってください。

『Catch the SEO』の詳細はこちら

最後に

本記事では、SEOキーワードの入れ方ということで、「記事タイトル」「ディスクリプション」「見出しタイトル」「本文」「アンカーリンク」に入れると良いということをお伝えしました。

さらに、共起語も加えることで、ご自身が狙っているキーワード以外のキーワードでも、上位表示を狙える可能性が生まれるということもお伝えしました。

【PR】特典動画をプレゼント!

メルマガを無料で配信しています!

ブログアフィリエイトで明るい人生を手に入れたい人に、ブログで収入を得る運営の仕方について、どこよりも最新情報をお届けしています。

無料メルマガにご登録いただけた方には、ブログで収入を得る運営の仕方に関する特典動画をプレゼントします。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る