検索エンジンの仕組みを理解しよう!検索順位を決める大切な対策

検索エンジンの仕組みを理解し、検索順位をより効果的に上げたいと思いませんか?

本記事では、検索エンジンの仕組みを初心者でもわかるように解説しました。

検索エンジンの仕組み~検索順位が決まるまでの3つのステップ~

サイトの検索順位を決めるには、クロール、インデックス、ランキングという3つのステップを得て、決められます。

それぞれのステップについて、詳しく解説していきます。

クロールについて

まずは、クロールです。

クロールとは、クローラーというプログラムが、サイト内の記事などの情報を収集する行為を言います。

要するに、クローラーがサイトに訪れ、どんなサイトなのか見て回ってるんですね。

このクローラーがサイトに訪れる頻度ですが、不定期なので、いつ訪れるかはわかりません。

しかし、検索順位が高いサイトほど、クローラーが来る頻度が多い傾向があります。

では、「検索順位が低いサイトにはめったに来ないの?」と思われるかもしれませんが、ある方法を利用すれば、通常よりも、早く訪れさせることができます。

その方法については、次のインデックスでの解説で、ご紹介したいと思います。

インデックスについて

インデックスとは、クローラーが集めたサイトの情報をGoogleのデーターベースに登録、記憶する行為をいいます。

インデックスされるには、まず自分のサイトへ、クローラーに来てもらう必要があります。

先程、クローラーは不定期にしか、サイトに訪れないと言いましたが、少しでも早く来てもらうための対策があります。

その対策については、以下の記事を参考にしてください。

サーチコンソールで確認すべきインデックス数の重要性

また、現時点でどれくらいインデックスされているかを確認したい方も、参考記事で解説してますので、チェックしてみてください。

ランキングについて

ランキングとは、順位付けのことです。

インデックスされた全ての情報をもとに、検索ユーザーにとって、良い検索結果になるように、それぞれのページをランキングされていきます。

このランキングには、200項目以上の要素をもとに、順位付けがされてるそうです。

ランキングのおかげで、私も含めて多くの検索ユーザーが何かを検索した時に、それを解決できる記事が表示されています。

検索エンジンから高評価を得るための対策

これから紹介する対策が、検索エンジン最適化(SEO)になりますので、ちゃんと実践してほしいと思います。

クロールでの対策

記事の更新頻度を多くする

Google検索エンジンは、常に最新情報を求めています。

そのため、更新頻度が多ければ、その分クローラーがサイトに来る頻度も多くなる傾向にあります。

Fetch as googleを利用する

Googleが無料で提供しているツールでサーチコンソールというものがあり、「Fetch as google」という機能があります。

例えば、新しい記事を更新した場合、クローラーがその記事に訪れるまでに、時間がかかってしまいます。

そこで、Fetch as googleを利用することで、クローラーが早く来るよう、促すことができます。

サイトマップを作る

サイトマップとは、サイトにどのような記事があるのかなど、サイトの構成がわかる地図のようなものです。

サイトマップを作ることで、クローラーがより効率的にリンクを回ることができます。

nofollowをうまく活用する

ときには、あるページにクローラーが来てほしくないことがあるかもしれません。

その時は、「nofollow」を利用すると、nofollowされたページにクローラーは訪れません。

インデックスでの対策

titleタグに狙うキーワードを入れる

検索エンジンはタイトルに含まれているキーワードをもとに、どんなページなのかを判断しています。

そのため、正しくインデックスさせるためにも、狙うキーワードをタイトルに入れる必要があります。

h1タグにも狙うキーワードを入れる

titleタグの次に重要となるのが、h1タグです。

h1タグは大見出しになるのですが、h1タグにも狙うキーワードを入れる必要があります。

Google検索エンジンをもっと知ろう!

Googleの目的

Googleが目指していることは、「ユーザーにとって、役立つコンテンツを提供する」ことです。

以前、ブラックハットSEOという手法が流行っていました。

ブラックハットSEOとは、上位表示させるために被リンクを買って増やしたりといった、裏ワザ的な手法です。

こういったことをすれば、コンテンツの良さに関わらず、上位表示ができてしまってたので、ユーザーにとって、良いコンテンツを提供することができていませんでした。

当然、これはGoogleが目指していることではないので、そういったことをしてるサイトにはペナルティを与えることになりましたが。

また、Googleは以下の方針をかかげています。

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

・ユーザーをだますことはしない。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトやGoogle社員に対して自分が行なった対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

(引用:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン))

これらからでも、Googleが目指していることがうかがえると思います。

最後に

検索エンジンの仕組みということで、検索順位が決まるまでの3つのステップについて、解説しました。

そして、検索エンジンから高評価を得るための対策や、さらにGoogle検索エンジンを深く理解するために、Googleの目的についても解説しました。

Googleの目的を常に意識することで、ユーザーに役立つコンテンツを作ることができ、検索順位を上がってくるかと思います。

少しでも。お役に立てれば幸いです。

何かわからないことや、相談したいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

24時間以内に、お答え致します。

◆お知らせ◆

【ブログアフィリエイト無料メルマガ】やってます!

ブログアフィリエイトで収入を得る運営の仕方について、最新情報をどこよりもお届けしています。

無料メルマガにご登録すると、プレゼントを差し上げます。

【LINE@】もやっています!

LINE@にご登録すると、 プレゼントを差し上げます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る