SEOに欠かせないキーワード選定!便利で役立つツールをご紹介

SEO対策として、キーワード選定をする際に、便利で役に立ちそうなツールをお探しではありませんか?

キーワード選定がうまくいかないと、頑張ってブログ記事を書き、いろいろとSEO対策を行なっていたとしても、頑張りが水の泡となってしまいます。

キーワード選定が上手くいくよう、便利で役立つツールをご紹介したいと思います。

SEOに欠かせないキーワード選定!便利で役立つツールをご紹介

キーワード選定に役立つツール(無料編)

キーワード選定をする際に、無料で使えるツールをご紹介したいと思います。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー』。

キーワード選定と言えば、キーワードプランナーは欠かせない存在です。

キーワードプランナーは、Googleが無料で提供しているツールとなります。

このツールを使うことで、キーワードの「月間平均検索ボリューム(検索数)」と「競合性(ライバルの多さ)」を調べることができます。

キーワードを調べると、以下のように表示されます。

以前の検索ボリュームは、もっと細かい数値で表示されていましたが、現在に至っては、「100~1000」「1000~1万」のように、かなり大まかな数値となってしまいました。

しかし、だいたいの目安を知ることができるので、多くの人が使っています。

もし、ライバルに差をつけて勝ちたければ、有料で使うことをおすすめします。

有料で使うと、細かな数値を見ることができ、キーワードを決める時の判断がしやすくなります。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)』。

関連キーワードを調べる時に使うツールです。

使い方は、簡単で、調べたいキーワードを入力して、「取得開始」ボタンを押すだけです。

結果は以下のように表示されます。

多くの関連キーワードを見つけることができます。

また、Yahoo!知恵袋や教えて!gooのようなQ&Aも結果に表示されます。

goodkeyword

goodkeyword』。

関連キーワードを調べる時に使うツールです。

結果は以下のように、表示されます。

Googleの結果だけではなく、Bingの結果まで表示されます。

また、キーワードの右隣に「G B Y」と表示されてるのですが、それぞれGoogle、Bing、Yahooを示し、それぞれの検索エンジンでの検索結果をすぐ見ることができます。

サジェストツール KOUHO.JP

サジェストツール KOUHO.JP』。

関連キーワードを見つけるためのツールです。

結果は以下のように、表示されます。

「楽天サジェスト」、「Bingサジェスト」などがあるので、それぞれのところにチェックを入れることで、それぞれの検索エンジンでの結果が表示されます。

共起語検索ツール

『共起語検索ツール』。

共起語を調べるためのツールです。

共起語とは、そのキーワードに関係しそうなキーワードのことを指します。

例えば、「アフィリエイト」だと、「副業」、「お小遣い稼ぎ」、「ネットビジネス」のように挙げることができます。

あと、「ゴルフ」を例にすると、「ゴルフセンター」、「コース」、「クラブセット」のように挙げることができます。

「キーワード選定」で検索してみると、以下のように結果が表示されました。

なぜ、共起語を調べるのかと言いますと、狙っているキーワード以外のキーワードからの検索が見込めるからです。

つまり、狙っているキーワードだけでなく、他のキーワード(共起語)でも検索結果に表示されるよう、可能性を広げてるわけですね。

検索数予測ツール aramakijake.jp

検索数予測ツール aramakijake.jp』。

キーワードの検索数を予測するためのツールです。

検索数のことを、検索ボリュームと言ったりします。

狙っているキーワードの検索数が少なければ、それだけ、そのキーワードでの訪問者が少ないということになります。

検索結果は、以下のように表示されます。

GoogleとYahoo!、別々の結果を知ることができます。

それぞれの順位で、これくらいの検索者が訪問してきますよということを表しています。

予測なので、目安程度に見ていただけたらと思います。

SEO難易度チェックツール

SEO難易度チェックツール』。

キーワードの難易度をチェックするためのツールです。

難易度とは、ライバルの多さと思っていただいても構いません。

アフィリエイト初心者がライバルの多いキーワードを選んでも、上位表示されるのに時間がかかってしまいます。

なので、そういったことを避けるためにも、難易度を確認する必要があります。

結果は、以下のように表示されます。

数値が低ければ低いほど良いですが、アフィリエイト初心者なら、40以下くらいのキーワードを探すと良いかもしれません。

キーワード難易度チェックツール

キーワード難易度チェックツール』。

結果は、以下のように表示されます。

こちらのツールは、キーワードの難易度だけでなく、月間検索数の予測値と1位に表示された時の見込めるアクセス数の結果も知ることができます。

一度に複数の結果を知ることができるのは、便利なことです。

キーワード選定の大まかな流れ

無料ツールでキーワード選定をするときの大まかな流れについて解説します。

記事のテーマを決める

大まかで良いので、記事のテーマを決めます。

例えば、「ゴルフ」についてや、「温泉」について、です。

もっと具体的に絞れそうなら、「ゴルフ スイング」についてや、「北海道 温泉」についてのように、より具体的にできれば、さらに良いです。

注意してほしいのが、ブログで扱うジャンルと記事のジャンルを統一するということです。

例えば、ブログ全体ではゴルフについて扱うのに、温泉について書こうとしたら変ですよね。

こうならないよう、気を付けてください。

関連キーワードを探す

キーワード選定のコツとして、初心者はまず、3語、4語のキーワードを選ぶことをおすすめします。

その方がニーズもより具体的になり、ライバルが少なくなる傾向があります。

関連キーワードを探すということですが、先程決めたキーワードをツールなどを利用して探します。

では、「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」を利用して、説明したいと思います。

例えば、「ゴルフ」と入力します。

すると、以下のように結果が出てきます。

この時に、3語、4語のキーワードがあれば良いですが、なければ、さらに調べていきます。

例えば、「ゴルフ 雨具」を入力したら、以下の結果が出てきました。

すると、「ゴルフ 雨具 夏」のように、3語のキーワードがでてきました。

関連キーワードはこのように探していきます。

キーワードの需要を調べる

需要を調べるために、例として、キーワードプランナーを利用して、説明したいと思います。

では、「ゴルフ 雨具 夏」を調べたいと思います。

ここで、チェックしてほしいのが、「月間平均検索ボリューム」と「競合性」です。

例で挙げたキーワードでは検索ボリュームが「10~100」、競合性「高」となっています。

月間平均検索ボリュームが「10~100」というのは、1ヶ月間に10~100回ほどの検索数ということを表しています。

これって、かなり少ないです。

また、競合性が「高」というのは、ライバルが多いということを表しています。

理想としては、検索ボリュームが「1000~1万」かつ、競合性が「低」のキーワードです。

これらの条件に近いキーワードを探していきます。

ライバルサイトをチェックする

キーワードを探し出せたら、そのキーワードで検索して、上位10個(1ページ目)のサイトを実際に見ていきます。

ここでは、例として「ゴルフ 雨具 夏」が理想に合致したということで、説明していきます。

そして、それぞれのサイトを開いて、勝てそうかどうかをチェックしていきます。

確認するポイントとしては、以下が挙げられます。

・記事の更新日

・無料ブログがあるか

・どれくらいサイトを運営されているか

などです。

10位までのサイトを見ても、ライバルが強そうなら、そのキーワードは保留した方が良いと思います。

そして、別なキーワードを探します。

キーワードが見つかるまで、「関連キーワードを探す」→「キーワードの需要を調べる」→「ライバルサイトをチェックする」の繰り返しです。

キーワード選定に役立つツール(有料編)

これから紹介するツールは、私自身も使用しており、重宝しているものです。

コンテンツスカウターZ

コンテンツスカウターZ』。

何が一番良いかと言うと、今まで説明してきたことが、これ1つでできちゃうところです。

キーワード選定に時間をかけず、記事に集中することができます。

あえてデメリットを言うなら、料金が月額制なところかなと思います。

しかし、月額制には理由があります。

今現在、AIにより検索エンジンも進化しており、Googleによるアップデートが頻繁にされています。

アップデートによって、突然、稼ぐことができなくなった人たちもいます。

それくらい、アップデートは恐ろしいことです。

コンテンツスカウターZも、その都度、それに対応するために、月額制という手段をとっています。

こんな人におすすめです。

・アクセス数がなかなか伸びない

・キーワード選定が難しいと感じる

・キーワード選定に時間をかけたくない

・上位表示ができない

・今の時代に合ったSEO対策をしたい

詳細を知りたい方は、販売ページをご覧ください。

無料ツール、有料ツール、どちらが良いのか?

当然、あなたが何を優先するかで、活用するものが決まっています。

無料ツールの場合、お金はかかりませんが、時間と労働力がかかってしまいます。

有料ツールはの場合、お金はかかってしまいますが、時間と労働力をかけずに済みます。

もしあなたがサラリーマンのように本業をお持ちであるなら、有料ツールを活用して、キーワード選定にかける時間と労働力を減らし、肝心の記事に、時間と労働力を使う方が得策だと思います。

最後に

SEO対策としても大切なキーワード選定に、便利で役立つツールをご紹介しました。

ツールには無料で使えるものと、有料で使えるものがあります。

あなたがお金、労働、時間、どれを大切にしたいかで、無料ツールを使うか、有料ツールを使うかを選択したら良いと思います。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

少しでも、お役に立てたら幸いです。

■無料アフィリエイト講座に登録しよう■

無料アフィリエイト講座へ登録する

無料アフィリエイト講座にご登録すると、3つの特典動画をプレゼントします!

■LINE@に登録しよう■

友だち追加

LINE@にご登録すると、2つの特典付き!

ご質問などは、下記フォームより、お願いいたします。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る