内部リンクと外部リンクの違いとは?それぞれの対策も解説

こんにちは。正しいサイト構築&SEOアドバイザーの田村です。

あなたは今、このようなことで悩んでいませんか?

  • 内部リンクと外部リンクはどう違うの?
  • 内部リンクにはどのような働きがあるの?
  • 外部リンクはどんな働きがあるの?

内部リンクと外部リンクはSEOに取り組む上でとても大事な対策です。

これらの施策を怠ってしまうと、検索結果の1ページ目に表示される可能性を下げてしまいます。

そこで本記事では、内部リンクと外部リンクの違いついて解説していきます。

そしてそれぞれの対策についても触れるんで、ぜひ検索順位アップにつながればと思います。

内部リンクと外部リンクの違いとは

ちょっとややこしいリンクの種類

内部リンクと外部リンクの違いについて一つずつ説明していきます。

まず内部リンクとは、同じサイト内で記事Aから記事Bへ移る時のリンクを指します。

つまり、あなたのサイト内にリンクは貼られている状態なので、”内部”ということです。

それに対し外部リンクとは、ご自身のサイトとは異なるサイトAから、ご自分のサイトへつながっているリンクのことです。

つまり、サイトAがあなたのサイトを紹介するために、サイトA内にあなたのサイトのリンクが貼ってある状態です。

あなたのサイトとは別のサイトに、あなたのリンクがあるわけなので”外部”となります。

内部リンクについて

内部リンクの主な効果は2つ考えられます。

  • クローラーがサイト内をチェックしやすい
  • 関連性のあるページがリンクされていると利便性が高まる

それから、注意点は3つ考えられます。

  • 関連性の薄いページはリンクさせない
  • 不自然な量のリンクは避ける
  • リンク先URLのコピーミス

では、それぞれについて説明していきます。

主な効果

クローラーがサイト内をチェックしやすい

クローラーとはサイト内の情報を集めるプログラムの一種で、集めた情報は検索エンジンのデータベースにインデックス(登録)されます。

それによって、サイトや記事が検索エンジンに認識されるようになるわけです。

内部リンクが貼られていると、サイトの隅々までクローラーが回りやすくなりインデックスされやすくなります。

関連性のあるページがリンクされていると利便性が高まる

ある記事内で、ユーザーがさらに知りたいであろう情報が書かれているページのリンクを貼っておくと、ユーザーは調べ直す必要がなくなるので、ユーザビリティ向上につながります。

ユーザビリティが向上すると、他のページを見てもらえるチャンスを獲得できます。

そして、ユーザーが満足する可能性が高まるので、サイト評価アップにつながりやすくなるというわけです。

注意点

関連性の薄いページはリンクさせない

極端な例を挙げると、ゴルフについての記事なのに、サッカーについて書かれている記事のリンクが貼られているとします。

そうなると、訪問ユーザーにとって困惑してしまい、サイトから離脱する可能性が高くなってしまうわけです。

そして、検索エンジン評価の低下につながってしまう恐れがあります。

不自然な量のリンクは避ける

ユーザーにとって必要であろう記事のリンクを貼ってあげましょう。

不要な記事のリンクも貼り、リンクだらけの記事はユーザーも読みにくいと思うはずです。

いくつ以上なら不自然な量のリンクとなるかは、きちんと数が決まっているわけではありませんが、ユーザー目線でリンクを貼ることが大切です。

リンク先URLのコピーミス

リンク先URLをコピーするときに、アドレスの一部分でもコピーが欠けてしまうと、正しいリンク先にとぶことができません。

正しいリンク先にとぶことができないと、エラーの原因になるので、評価が下がってしまう恐れがあります。

URLをコピーするときは、一部分でも欠けることなく、全てコピーする必要があります。

そのようなミスを避けるために、コピーしたい部分にキーボード上の「Ctrl+A」をおすと、URLを全選択できます。

その状態で「Ctrl+C」でコピーすることができます。

外部リンクについて

外部リンクの主な効果は「Googleからの評価が上がる」ことが挙げられます。

また注意点については「外部リンク先によって評価が下がる恐れがある」ということが考えられます。

それではそれぞれについて詳しく説明してきます。

主な効果

外部リンクが増えるとサイトの評価が上がる可能性があります。

しかし、増やせば良いというわけではありません。

数年前までは外部リンクの量が多ければ、「それだけ良いサイト」ということで高く評価されました。

ところが、自作自演による外部リンクが増えたため、質の悪い外部リンクとなり、ユーザーにとっても役に立たないサイトが増えてしまいました。

そのため、外部リンクの購入や自作自演での外部リンクの増加はペナルティを与えらるようになりました。

なので、外部リンクが自然に増えるように、健全なサイト運営や良質な記事を増やしていきましょう。

注意点

先程も少し触れましたが、外部リンク先のサイトの質が悪かったり、自分のサイトのジャンルとは関係性が薄いサイトだと、評価を下げてしまう危険があります。

自分で集めようとする必要はありません。

ユーザーに役立つ記事を書くことができれば、自然と外部リンクが集まるようになります。

内部リンクの対策

内部リンクの対策は4つ考えられます。

  • 関連のあるページのリンクを貼る
  • リンク先の内容が伝わるアンカーテキストにする
  • パンくずリストの作成
  • サイトマップの作成

では一つずつ説明していきます。

関連のあるページのリンクを貼る

内部リンクを貼る時は、何でも良いというわけではありません。

関連のあるページのリンクを貼ることで、検索エンジンの評価も上がります。

逆に、ユーザーにもっと記事を見てもらいたいということで、関連のないページのリンクを貼ってしまうと、評価が下がってしまいます。

リンク先の内容が伝わるアンカーテキストにする

アンカーテキストとは、文章にリンクを貼る際の文章のこと指します。

リンク先の内容が伝わるアンカーテキストにすると、ユーザーも安心して、クリックしやすくなり、検索エンジンの評価も上がりやすくなります。

逆に「詳細はこちら」のような、内容がわからないアンカーテキストだと、評価は上がりにくいので、やめましょう。

パンくずリストの作成

パンくずリストとは、サイト内のどこのページにいるのかを視覚的にわかりやすくしたリストのことで、よく目にする内部リンクの1つです。

例えば下の画像のようなものです。

上図だと、トップページから「SEO基本」というカテゴリーの「内部リンクと外部リンクの違いとは?それぞれの対策についても解説」というページにいることを示しています。

こうすることで、クローラーが巡回しやすくなります。

それと、ユーザーにとってもサイト内のどこにいるのかがわかりやすくなります。

サイトマップの作成

サイトマップとは、サイト全体がどのようなコンテンツでできているのかが一目でわかるマップのようなものです。

どのようなものか、サイトマップの一部分をお見せします。

このように、サイトマップを作成することで、ユーザーにとって、記事が探しやすくなります。

また、クローラーの巡回もしやすくなります。

WordPress利用者であれば、「PS Auto Sitemap」というプラグインを使うと、サイトマップを簡単に設置することができます。

外部リンクの対策

外部リンクの対策は2つ考えられます。

  • SNSで宣伝する
  • SNSボタンを設置する

それぞれについて説明していきます。

SNSで宣伝する

記事が完成したらTwitterなどのSNSを活用して宣伝を行なうと良いです。

宣伝することで、拡散されやすくなり、多くの方に見られるので、外部リンクを得られるチャンスが高まります。

SNSボタンを設置する

記事内にSNSボタンを設置することで、その記事がシェアされることもあります。

シェアしてもらうことができれば、そのSNSから外部リンクを獲得チャンスが生まれます。

WordPressを使っているのであれば、プラグイン「AddToAny」がオススメです。

内部リンク先で多いリンクやどのサイトから外部リンクをもらえているのか、などをサーチコンソールで確認することができます。

内部リンクと外部リンクはサーチコンソールで確認できる

Googleサーチコンソールで内部リンク、外部リンクを調べることができます。

左メニュバーより「リンク」を選択します。

すると「上位のリンクされているページ」「上位のリンク元サイト」「上位のリンク元テキスト」「上位のリンクされているページ」を見ることができます。

最後に

本記事では大きくわけると、次のことについて解説しました。

  • 内部リンクと外部リンクの違いとは
  • 内部リンクについて
  • 外部リンクについて
  • 内部リンクの対策
  • 外部リンクの対策
  • 内部リンクと外部リンクはサーチコンソールで確認できる

内部リンクと外部リンクでは違いがあるものの、共通して言えることはSEO効果を高める働きがあるということです。

なので記事を書く際は、内部リンクを意識しましょう。

しかし外部リンクは自分で増やそうとすると、場合によっては、評価が下がってしまうリスクもあるので、最初のうちはあまり意識しなくても大丈夫です。

良い記事が増えてくると自然と外部リンクが増えやすくなります。

【PR】記事作成の前準備シート&動画講座を無料プレゼント

SEOマスター動画講座

私は、集客の仕組み作りやアクセスアップ戦略、正しいサイト構築についてのサポートを提供しています。

SEOでクライアントのwebサイトを検索結果の1ページ目に表示させてきた田村が、サイト設計やキーワード選定、記事作成についてまとめた講義動画を4つプレゼントしています。

下の緑ボタンをクリックし、無料メルマガにご登録して、どうぞプレゼントをお受け取りください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る