メルマガで成果を出す書き方!初心者でもすぐに実践できちゃう方法

メルマガで成果を出す書き方を知りたくないですか?

初心者でも正しい方法で、ちゃんと実践すれば、すぐに成果を出すことができます。

初心者でも実践して、成果を出せる方法について、解説しています。

メルマガの書き方~大まかな流れ~

メルマガの書き方について、大まかな流れを解説していきます。

これから解説する順番で取り組んでいくと、メルマガも書きやすくなります。

テーマを決める

メルマガで初めにすることは、『テーマを決める』ことです。

『テーマを決める』とは、『何について書くか』を決めることです。

基本的には、あなたがビジネスでやっている分野をテーマにするのが一番良いです。

特に初心者の頃は。

いきなり、知らない人から「趣味」「特技」などのメルマガが届いても、「は?」ってなると思います。

それに、自分がビジネスでやっている分野についてのメルマガを配信することで、『その分野の専門家であること』をアピールすることができます。

ターゲットを決める

『ターゲットを決める』とは、「年齢」「職業」「年収」など、『どのような人に向けてメルマガを書くか』を決めることです。

ターゲットを決めることで、メルマガを送る相手をイメージすることができるので、文章にリズムが生まれます。

目的を明確にする

目的を明確にしないと、文章がまとまらなくなり、読者は「何を伝えたいんだろう?」と困惑してしまいます。

例えば、「商品を購入してもらう」「○○を伝える」などのように決めておくことで、それに向けて文章を書けば良いので、書きやすくなります。

件名を書く

メルマガを書く上で、『件名を書く』ことが最も重要です。

件名がイマイチだと、「読んでみよう」と思われず、せっかく良い文章が書けても、読んでもらえません。

読者を惹きつけるメルマガの件名作りについては、以下の記事を参考にしてください。

読者を惹きつけるメルマガのタイトルは?6つの工夫の仕方

本文を書く

メルマガ初心者となると、自分が納得できるような文章を書くことができず、完成までに時間がかかってしまうかもしれません。

ある程度納得できればいいですが、完ぺきを求めすぎると、メルマガが配信できなくなってしまいます。

6~7割りほどの納得を感じることができれば、まずは完成とみなして配信してみましょう。

そうすることで、文章を書く練習にもなり、文章がうまくなっていきます。

メルマガに設置すべき項目

メルマガに以下の項目が設置されていないと、法律違反の恐れがあります。

違反をしてしまうと、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金(法人は3000万円以下の罰金)」が科せられてしまうので、気をつけなければなりません。

オプトインの取得について

【オプトイン】とは、わかりやすくいうと、メルマガ登録のことをいいます。

メール配信の同意を得ないで、メルマガを配信してしまうと、違法になってしまいます。

そうならないためにも、「プライバシーポリシー」や「どのような相手にメルマガを配信しているか」がわかるような記述をしなければなりません。

特定商取引法について

特定商取引法の記載については、電子上で商品販売をする際に必要となります。

メルマガで商品販売をすると思うので、必ず設置してください。

メルマガ配信者の名前

ニックネームではなく、本名を記載する必要があります。

メルマガ配信者の住所

メルマガに、住所を記載することに抵抗があるかもしれません。

その際は、住所が書かれているページ(ブログなど)のURLを貼り付けてもかまいません。

メルマガ配信者の連絡先

メルマガ配信者と連絡が取れるように、お問い合わせフォームを設けたり、連絡先を記載しなければなりません。

メルマガ解除のURL

読者の方がメルマガを不要と感じた場合に、メルマガの配信解除ができるように解除リンクを設けなければなりません。

設けておいた方が良い項目

今からご紹介する項目は、設けていなければ、違法になるというものではありません。

あってもなくても良いんですが、どちらかいうと、あった方が良いと思う項目です。

運営しているサイトのリンク

ご自身が運営しているサイト(ブログ、ホームページ)のリンクを貼ることで、メルマガからの集客が期待できます。

SNSのリンクや登録ページ

もしSNSを利用しているなら、それらに関する項目を設けておくと、集客に役立ちます。

例えば、YouTubeやTwitterを利用しているなら、それらのリンク先を設けましょう。

また、LINE@のように登録しなければならないものだと、それに登録するためのリンク先を設けましょう。

メルマガを配信する時に気を付けたいこと

時間帯

メルマガを配信する時間帯は自由ですが、ターゲットによっては時間帯も考えなければなりません。

例えば、ターゲットをサラリーマンとします。

朝から晩まで働いているので、仕事が終わるであろう21時以降、もしくは出勤前の8時より前の時間帯なら、読んでもらえそうかなと考えます。

仮に、14時にメルマガ配信だと、お仕事中の可能性があり、また、新しいメールがどんどん更新されるので、自分のメールに気づかない可能性もでてきます。

こういたことをなるべく避けるためにも、時間帯にも気をつけなければなりません。

開封率、クリック率測定

まず、【開封率】とは、メルマガを送った人数に対して、実際にメルマガが開封された割合のことです。

また、【クリック率】とは、メルマガを送った人数に対して、実際にクリックした割合のことです。

これらのデータを集めていくことで、メルマガの改善に役立ちます。

メルマガでは何を書いたら良いのか?

メルマガ初心者だと、何を書いたら良いのか、わからない人も多いかもしれません。

一番良いのが、ご自身が扱っているジャンルについて書くことです。

その結果、そのジャンルの専門家として、読者に認識されるようになります。

どうしても書くことが思いつかない場合は、「日常の出来事」「本やニュース記事の紹介、感想」「コンテンツを作ってプレゼントする」など、周りを見わたしてみると、ネタが転がっています。

読者と信頼を築くためのコツ

人間味を出す

あまりにも形式的な文章だと、飽きられてしまうかもしれません。

だからと言って、無理に面白いメルマガを目指す必要はありません。

ぼくも面白いメルマガを無理に書こうとすると、すべってしまうし、自分で書いててよくわからない文章になってしまいます。

なんだか、自分を励ましているような感じになってしまいました(笑)

例えば、プライベートや趣味など、自分に関することを「追伸」や「編集後記」などの形で書くと、人間味が出てきます。

読者に話しかけているイメージで書く

文章を書くことに慣れていなく、初めてメルマガを書こうとすると、すごく形式的な文章になりやすいです。

そうならないために、読者と会話をしている感じで文章を書いていくと、文章も自然な形になっていきます。

自慢話は避ける

リアルな世界で、友達や同僚などから、自慢話をされるとイラっとすることはありませんか?

これはネットの世界も同じです。

読者からしたら、あなたのことをよく知りません。

そんなよく知らない人から、自慢話をされると、なおさらイラっと感じてしまいます。

旅行にいった話や高級品を購入した話、お金持ちやお金を稼いでますアピールをしすぎると、読者が離れていってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

読者を意識したメルマガの書き方

メルマガを書く際に、自分の思うがままに書いてはいけません。

読者に読み続けてもらうには、読者が読みやすい文章を書く必要があります。

伝えたいことを1つにする

1通のメルマガで伝えたいことが3つ4つと多過ぎると、読む方は疲れてしまいます。

また、何が言いたいのか、困惑してしまう恐れもあります。

伝えたいことを1つに絞ることがベスト、多くても2つまでかなという印象です。

スマホでの表示も意識する

現在は、スマホ利用者も増えているため、パソコンだけでなく、スマホからメルマガを見る人も増えています。

そのため、スマホでの表示も意識して、メルマガを書いていく必要があります。

パソコンでは問題ないけど、スマホで見たら変なところで改行されていて、読みにくい場合もあります。

面倒に思うかもしれませんが、パソコンでメルマガを書いた場合は、1度スマホで確認することをおすすめします。

改行をうまく利用する

文章をダラダラと長く書いてしまうと、横に長く伸びてしまいます。

その次の文章が短い文章だった場合、目の動きが大変です。

そうならないために、適切なところで、改行をする必要があります。

18文字以内で改行をすると、スマホで見た場合でも、変なところで改行がされにくいとされています。

そのため、1行を18文字以内を心がけましょう。

行間を空ける

行間もなしに、文章がズラーっと書かれていたら、とても読みにくいことが想像できるかと思います。

そうならないために、ある程度の行間が必要です。

ぼくの場合、ちゃんと数えてるわけじゃないですが、4行程度空けています。

セールスの主張を強くしない

メルマガをやっている人のほとんどは、商用目的で利用していると思います。

しかし、あまりにも「買え、買え」的な文章なら、うるさく感じてしまい、読者が離れていってしまいます。

一番良いのが、読者から「それを買わせてください」といっていただけることです。

そう言ってもらえるように、日ごろからメルマガの書き方には気をつけましょう。

メルマガの書き方が上達する方法

気になる人のメルマガを登録する

自分が面白いと感じたメルマガやすごいと感じたメルマガを登録をして、良い部分を真似ていきます。

間違っても、文章はパクらないでくださいね。

逆に、自分がダメだなと思ったメルマガも登録することで、「なぜダメなのか」という部分を学ぶことができます。

そこは真似をしなければ良いのです。

毎日メルマガを配信する

毎日メルマガを書くことで、文章を書く力が身に付きます。

毎日メルマガを配信することが理想的ですが、苦手な人がいきなり毎日取り組むと、それが苦になってしまい、挫折の原因になってしまいます。

まずは、3日に1回、2日に1回と徐々に慣らしていきましょう。

また、本業などで忙しい人は、ブログ記事や無料レポートなどのコンテンツを再利用することで、ネタを探す手間を省くことができます。

最後に

少しでも。お役に立てれば幸いです。

何かわからないことや、相談したいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

24時間以内に、お答え致します。

◆お知らせ◆

【ブログアフィリエイト無料メルマガ】やってます!

ブログアフィリエイトで収入を得る運営の仕方について、最新情報をどこよりもお届けしています。

無料メルマガにご登録すると、プレゼントを差し上げます。

【LINE@】もやっています!

LINE@にご登録すると、 プレゼントを差し上げます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る