無料レポートの作り方!初心者でもライバルに勝つコツ

無料レポートの作り方について、解説しています。

本記事を読み、そのとおりに無料レポートを作ると、ライバルよりも質の高いレポートを作れるようになります。

そもそも無料レポートとは?

【無料レポート】とは、無料で価値を得られるレポートです。

内容はさまざまで、恋愛に関するものだったり、転売、アフィリエイトに関するノウハウなど、特にネットビジネスに関するものが多いです。

中には、「これ無料でいいの?」と思えるほど、内容がすごいものがあったりするので、お宝を探しているような気分になります(笑)

ネットビジネスを始めて、初めて聞く言葉だと思います。

ネットビジネスをやり始めると、ご自身も無料レポートを書くことになると思います。

無料レポートを作る目的

無料レポートを作る目的は3つあります。

リスト(メルアド)を集める

まず、無料レポートを作る目的として、多いのが「リストを集める」ことだと思います。

作った無料レポートを誰かにダウンロードされると、ダウンロードした人のリストを無料で得ることができます。

ネットビジネスを始めて、リストを得るための最初の手段になると思います。

ブログなどへ集客する

無料レポート内に、ブログやTwitterなど、集客したいところの情報を書くことで、集客を増やすことができます。

ブログを始めたばかりだと、すぐに検索エンジンからの集客は難しいので、無料レポートが役立ちます。

ブランドを高める

多くの人は、このことについてあまり意識していないように感じます。

無料レポートをダウンロードしたことがある人は一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

無料レポートのタイトルに惹きつけられたけど、中身を読んでみると、たいしたものではなかったと...

そう感じてしまった人のブログとか、見たいと思わないはずです。

これって、すごくブランドを下げてしまっています。

あと、ブランドを下げることと言えば、無料レポートの表紙がないことです。

やはり、表紙があるものとないものだと、ある方をダウンロードしたいと思うのではないでしょうか?

ブランドを下げないためにも、ある程度しっかり作る必要があります。

無料レポートを作る目的として、「ブランドを高める」ということを忘れないでほしいと思います。

無料レポートの作り方

初めてだと、無料レポートの作り方を難しく感じてしまうかもしれません。

しかし、作り方を覚えてしまえば、難しいものではありません。

これから、作り方について1つずつ解説したいと思います。

ジャンルを決める

ジャンルとは、例えば、アフィリエイト関連、恋愛系、投資系などです。

ジャンルを決める際は、ご自身がブログで扱っているジャンルでなければなりません。

例えば、ブログではアフィリエイトについて書いているのに、無料レポートでは投資について書いてたら、投資について知りたい人が集まり、ブログの方に集客するのが難しくなってしまいます。

そうならないために、ジャンルを統一する必要があります。

無料レポートのネタを探す

無料レポートを書くぞ!と意気込んだはいいけど、何を書けばいいのか悩む人は多いです。

そこで、無料レポートのネタの探し方について、ご紹介したいと思います。

ご自身の経験について書く

例えば、ブログを立ち上げたばかりなら、「どうやってブログを立ち上げたのか?」を解説することができます。

これも立派なネタになります。

アフィリエイト初心者のように、初心者だとなかなかネタがないように思ってしまいますが、よくよく考えてみると、ネタにできる経験はあると思います。

Yahoo知恵袋などを活用する

Yahoo知恵袋などのQ&Aサイトでは、多くの質問や悩みが集まっています。

そこで、どんなことで悩んでるのかを知ることができます。

それらの答えや解決策を一緒にまとめることで、無料レポートのネタにできます。

ライバルの無料レポートを参考にする

無料レポートスタンドに登録すると、他の人の無料レポートを見ることができます。

なので、それらの無料レポートを参考にすることでネタに困りません。

また、新着ランキングなどをチェックすることで、どんな無料レポートが人気があるのかがわかるので、ネタのヒントにもなります。

ここで、絶対にしてはいけないのが、コピペです。

参考にしたものよりも、少しクオリティの高いものを作るように心がけましょう。

お客様に聞く

最も良いのは、お客様に直接聞くことです。

ブログやメルマガなどの読者です。

といっても、初心者にとっては、初めから読者がいるわけではないので、読者が集まったら、試してほしい方法です。

悩みや質問について聞けたら、それについての無料レポートを作るだけです。

聞いたお客様にむけて書こうとすることで、無料レポートも書きやすくなると思います。

作成する方法を決める

無料レポートを作る方法としては、3つ挙げられます。

・文章

・音声

・動画

これじゃないといけないというものではないので、ご自身のやりたい方法で構いません。

個人的におすすめする方法は、「文章」です。

特に、ブログを立ち上げたばかりの人だとなおさらです。

なぜかというと、文章を書く練習にもなるからです。

ブログで文章を書き、無料レポートでも文章を書けば、それだけ文章力も鍛えることができます。

ターゲットを決める

書く内容が決まれば、さっそく文章を書こうと思うのではないでしょうか?

ちょっと待ってください!

実は文書を書く前に、必ずしなければならないことがあります。

それが、「ターゲットを決める」ことです。

これをやらないと、良い結果がでにくくなってしまいます。

例えば、運動トレーニングに関する無料レポートを作ったとします。

すると、以下のようなターゲットを想定することで、書く内容が変わってきます。

・10代に向けた運動トレーニング

・50代に向けた運動トレーニング

10代だと、体の発達もあるので筋肉をつけるためのトレーニングの方が、効果的に思えます。

また、50代だと筋肉をつけるより、健康維持のためのトレーニングについての方が喜ばれそうです。

そして、これが女性の場合だと、体型をスリムに維持するためのトレーニングの方が喜ばれそうです。

逆に、男性に体型をスリムに維持するためのトレーニングを伝えても、喜ぶとは思えないですよね?

このように、年代や性別が変わるだけでも、書く内容が変わってきます。

ターゲットが決まっていないと、あれもこれもとなってしまい、結局何について伝えたいのかがブレてしまいます。

ターゲットはできるだけ、細かく設定した方が、その分相手にも伝わりやすくなります。

タイトルを決める

タイトルを決める際は、本文を書く前に決める人と、本文を書いたあとに決める人とにわかれますが、私は後者派です。

前者に関しては、タイトルを先に決めることで、文章がブレにくくなるということですが、伝えたいことをはっきりさせておけば、タイトル決めは最後でも良いと思っています。

また、タイトル決めはかなり重要なので、多少時間がかかってしまうかもしれません。

タイトルがなかなか決まらないと、いざ決まって、文章を書こうと思っても、すでにエネルギーを使い果たして、文章を書く気になれないかもしれません。

昔の私です(笑)

無料レポートがダウンロードされるかどうかは、タイトルで決まるといっても過言ではありません。

なので、私は最後にゆっくり考えるようにしています。

みなさんもどちらの方が、効率的に進められるか試してみてください。

見出し作りをする

文章を書く前に、見出しを先に作っておくことで、文章が書きやすくなります。

例えば、こんな感じです。

このように、見出しを決めてしまえば、あとは見出しにそって文章を書いていくだけです。

PDF形式にする

無料レポートの申請をする場合は、PDF形式にしなければなりません。

私はWord(ワード)を利用しているので、ワードでのPDFにするやり方を説明します。

まず、メニュバーから「ファイル」をクリックします。

次に、「エクスポート」>「PDF/XPSの作成」を選択します。

あとは、「ファイル名」をつけるだけなのですが、ファイル名は『英数字』でつけてください。

これで、PDF化の完了です。

無料レポートの基本的な構成

無料レポートの基本的な構成についてご紹介したいと思います。

1.タイトル

2.推奨環境

3.著作権について

4.目次

5.はじめに(ごあいさつ)

6.本文

7.最後に(あとがき)

8.発行者情報

無料レポート用のテンプレートを使えば、だいたいこのような構成になっているので、埋めていくように書いていけば、ラクに書くことができます。

発行者情報について、最低限書くことは、「発行責任者のお名前」「運営ブログのURL」「発行しているメルマガフォームのURL」「お問い合わせ先のメールアドレス」です。

私はそれに加え、「過去の無料レポート」「利用しているSNSの紹介」などを書いています。

無料レポート作成時のポイント

ネタはかぶっても良い

無料レポートは無数に存在するので、ある程度かぶってしまうのは仕方がないことです。

それを気にしていると、「これじゃだめだ」と思ってしまい、なかなか完成させることができません。

かと言って、勘違いしてほしくないのがコピペです。

コピペは論外ですので、絶対にしないでください。

初めからすごいものを作ろうとしない

他の人の無料レポートを見てみると、「これが無料でいいの!?」と思えるようなクオリティが高すぎるものがあります。

しかし、初めからそういったものを目指す必要はありません。

もし、作るとしたら膨大な時間がかかってしまい、他の作業ができなくなってしまいます。

それに時間をかけるくらいなら、ブログ記事作成に時間をかけた方が良いです。

初めは20ページくらいのもので、「少しクオリティの高いレポート」を意識すると良いです。

そういったものをいくつも作ることで、数の面でもブランドをつけることができます。

あらかじめ用意すること

メルぞうで無料レポートを登録する際には、「どんな無料レポートなのか」を説明する文と表紙に使う画像を用意しなければなりません。

説明文については、2箇所書くところがあるので、それらについても解説します。

最初に目にする説明文

ユーザーが無料レポートを探すときに、最初に目にする説明文がこちらです。

赤枠の説明文でいかにユーザーを惹きつけるかがカギとなります。

相手に伝わりやすい文章を心がけましょう。

また、文字制限もあるので、無料レポートを登録する際に、その都度確認してください。

請求画面での説明文

最初に目にする説明文の上にあるタイトルをクリックすると、下図のような画面が表示されます。

この画面で、無料レポートを手にしたいかどうかが決まります。

こちらの説明文は、最初の説明文より長めに書くことができるので、レポートの魅力が伝わる文章を目指しましょう。

表紙画像

表紙の有無な自由なのですが、良い無料レポートにするために必ず作ってください。

表紙がないと、手抜き感が伝わってきます。

説明文にいくら良いことが書かれていても、表紙が何もないと、ダウンロードするか迷ってしまいます。

確実にダウンロードしてもらうためにも、表紙が必要になります。

表紙の作り方

表紙の作り方はいろいろありますが、ここでは私が実践している方法をご紹介したいと思います。

「Rapture(ラプチャー)」というフリーソフトを使っているのですが、これを使えば簡単に画像ができちゃいます。

Rapture(ラプチャー)をダウンロードする

1.カーソルが「おにぎり」の形になり、画像にしたい部分をドラッグで範囲指定する。

2.マウスを右クリックし、「ファイル」>「保存」を選択する。

3.「ファイル名」は英数字で付け、「ファイルの種類」を『JPEG』にし、保存する。

Raptureでの操作は以上です。

しかし、画像のサイズが大きいため、小さくする必要があります。

そこで画像編集ツールを使います。

画像編集ツールを使う

下図より、「画像のサイズ変更」を選択します。

次に、「画像を選択」をクリックします。

そして、幅を「200(px)以内」、高さを「260(px)以内」に設定し、「画像のサイズ変更」をクリックします。

最後に、「サイズ変更された画像をダウンロード」を選択して、フォルダにダウンロードされます。

サイズの変更については完了しましたが、次にその画像のファイル形式を変えなければなりません。

トップページに戻り、「JPGから変換」をクリックします。

そして、「JPG画像を選択」をクリックし、サイズを変更した画像を選びます。

「GIFに変換」を選択します。

「画像を変換する」を選択します。

最後に「変換後の画像をダウンロードする」で完了です。

このGIFに変更した画像を無料レポート申請時に使います。

申請時には、GIFファイルは30KB以内にしなければなりません。

もし、それ以上なら、サイズをもう少し小さくする必要があるので、気を付けてください。

以上で、表紙画像の作り方の説明は終了です。

おすすめしたいツール

それは無料レポート用テンプレートです。

テンプレートを使用することで、「環境推奨」や「著作権」などの記述を書く時間を節約でき、本文だけ書けば完成です。

多くの人は無料のテンプレートを使用しますが、それだと周りと被ってしまいます。

これから、ご紹介する無料レポート用テンプレートを手にすることで、周りとの差別化された無料レポートレポートが作れます。

サクっとレポート

サクっとレポートver2

最後に

少しでも。お役に立てれば幸いです。

何かわからないことや、相談したいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

24時間以内に、お答え致します。

◆お知らせ◆

【ブログアフィリエイト無料メルマガ】やってます!

ブログアフィリエイトで収入を得る運営の仕方について、最新情報をどこよりもお届けしています。

無料メルマガにご登録すると、プレゼントを差し上げます。

【LINE@】もやっています!

LINE@にご登録すると、 プレゼントを差し上げます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る