ノウハウコレクターの8つの特徴とそれを避けるおすすめの方法

ノウハウコレクターの8つの特徴

ノウハウコレクターになりやすい特徴が8つあります。

これから紹介する特徴を把握しておくことで、ノウハウコレクターへの道を避けることができます。

また、ノウハウコレクターにならないためのおすすめの方法も紹介しています。

ノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターとは

【ノウハウコレクター】とは、教材や高額塾やセミナーでたくさん学び、知識や情報は豊富だが、いまいち成果が表れない人のことを呼びます。

ネットビジネスを続けているが、3年以上も成果が出なければ立派なノウハウコレクターと呼んでもよいでしょう。

誰もが呼ばれたくないとは思いますが...

ノウハウコレクターと呼ばれてしまう人の特徴

ノウハウコレクターの特徴

ノウハウコレクターになりたい人なんていないと思います。

そうならないためにも、どういった人がノウハウコレクターになってしまうのか、その特徴を知ることで、今後、どう取り組んでいったらいいのかのヒントになるかと思います。

教材などのインプットは1度だけ

まずは、学ぶにあたって教材や高額塾などで、知識や情報をインプットをすると思います。

ノウハウコレクターはこのたった1度のインプットで終わってしまい、満足してしまいます。

その満足してしまう気持ちは、私にもわかります。

私も以前は1度で、学んだつもりでいました。

もちろん、そのたった1度で全て理解することができれば、問題ないですが、多くの人は1度だけ全てを理解するのは無理な話だと思います。

私自身、すごいなと思う人は1度や2度ではなく、何十回と内容を話せるレベルまでインプットをしています。

ノウハウコレクターにならないためにも、理解できるまで何回も繰り返しインプットをする必要があります。

完璧を求めてアウトプットへとつながらない

例えば、ブログ記事を書いたけど、文章に納得がいかず、なかなか記事投稿ができない人がそうです。

そして、上手な文章を書こうと思って、文章スキルの勉強を始めたりして、記事のアウトプットができません。

自分に足りないと思って勉強することは大切なことですが、とりあえず最後まで文章を書けたのなら、思い切って記事を公開するべきです。

公開したあとも、いつでも何回でも修正することができます。

そして、文章の良し悪しは書き手が決めるものではなく、読者が判断することです。

自分がそれほど良く感じていなかったとしても、読者にとって良いと感じることだってあります。

適当なものであってはいけませんが、60%、70%のできだと思えたなら、まずはアウトプットをしてみましょう。

努力の方向を間違えてしまう

せっかく一生懸命取り組んでいるのに、間違っている方向に進んでいたら、とても悲しいですよね。

例えば、良い記事を書くことが良いサイトとなっているのにもかかわらず、一生懸命ペラサイトを作り、それらのサイトからメインサイトへ外部リンクを集めてたとしたら、ペナルティとなってしまい、成果なんてだせるわけがありません。

このように間違った方向に進んでしまうと、いくら頑張っても結果をだせません。

そうならないために、最新の情報収集は欠かせません。

すぐに結果がでないと他のものに手をだしてしまう

この気持ちはすごくわかります。

結果がすぐにでないと、不安になってしまい、他のものがよく見えて、手をだしてしまいます。

そして、手をだしてしまいやすいのが、「1クリックで○○万円」「1ヶ月で30万円手に入るノウハウ」「楽してすぐに稼げる手法」などのうたい文句です。

こういったものを全て否定するつもりはありませんが、個人的にはあまり信用していないです。

今まで取り組んできて、楽だと思ったこともないし、ネットビジネスはビジネスなので、安易な考えでいると成果へ結びにくいものと思っています。

アフィリエイトもジャンルによっては数か月で成果がでるものもあるかもしれませんが、やはり半年から1年くらいは続けてみるべきです。

それくらいの時期になって、アクセスが伸び始めたりなどの成果が表れることもあるからです。

ですので、さきほど例を挙げたものに手をだしてしまいそうになったら、注意が必要です。

簡単に、そういったものに手をださないためにも、「本当に他の方法に取り組んで後悔はしないか」など、よく考えてみてほしいと思います。

継続することができない

アフィリエイトを始めた頃は、毎日のように取り組む人が多いですが、すぐに稼げないとなると、毎日作業してたのが、週5回、週3回...とどんどん作業する日が少なくなり、次第には他のノウハウや手法に手をだしてしまっているのがノウハウコレクターです。

正しい方法で努力をしていれば、たとえ遅くても成果は出始めてくるので、そこに至るまで粘り強く続けてみてほしいと思います。

また、作業を続ける習慣が身についてしまえば、作業自体も苦になりにくくなります。

「まぁいいっか」ってなってしまう

「収入を増やしたい」「会社を辞めたい」などの理由でアフィリエイトを始めるサラリーマンも多いと思います。

しかし、なかなか成果を出せなくても、本業があるという安心感で「まぁいいっか」といった気持ちがあるせいで、日に日に作業量が減り、しまいには途中でやめてしまうこともノウハウコレクターになりやすい特徴だといえます。

そういう方たちは、しばらくしてから、また取り組み始めては辞め...の繰り返しになりがちです。

面倒くさいなどの気持ちが勝ってしまい、どこか本気になれていない部分があるんだと思います。

自主学習をしない

教材に書かれていること、セミナーなどで聞いたことをただやるだけで、それ以外のことは自ら進んで学ぼうとしないのもノウハウコレクターの特徴だと思います。

要するに、言われたことしかやらないということです。

なので、言われたことをやって、成果がでなければ、それは良くない方法だったんだと思い、他の方法に手をだしてしまいます。

言われたこと以外にも、積極的に学ぶ必要があります。

ラクして稼げるノウハウがどこかにあると思っている

こういう考えがあるせいで、あるノウハウでうまくいかなかったら、次から次へと新しいノウハウや手法を探してしまうんだと思います。

結果、悪循環に陥り、知識だけが豊富になってしまい、ノウハウコレクターとなってしまいます。

私自身も、「ラクして」「簡単に」などの言葉はあまり信用していないし、かなり疑ってしまいます。

しかし、多くの人はこれらの言葉に惹かれてしまいます。

正直にいうと、こういったノウハウなどはないと思っていいと思います。

ノウハウコレクターにならないためのおすすめの方法

ノウハウコレクターにならない方法

教材やセミナーなどを利用して、独学も悪いとはいいませんが、たいていは挫折したり、なかなか成果をだせないことの方が多い気がします。

ここで、ノウハウコレクターにならないための方法をいくつか紹介したいと思います。

自分より少しレベルが高い環境に身をおく

成功者が集まる環境に身をおくことが一番ですが、あまりにも自分とのレベルが違い過ぎて、居心地が悪いと感じるのであれば、自分より少しレベルの高い人たちが集まる環境でも良いでしょう。

人は、自分が属している環境の影響を受けやすいので、さきほど述べた環境に身をおくことで、自分も成功できる可能性が高まってきます。

直接会うことができなくても、ネットで探せばコミュニティなどが見つかるので、そういったコミュニティなどでも良いでしょう。

間違っても、初心者だらけの環境に身をおくことはやめましょう。

お互い励まし合うだけで、成果へとつながっていきにくいです。

誰かにメンターになってもらう

自分よりレベルが高い環境に身をおくのに抵抗がある場合は、メンターを見つけましょう。

メンターは、自分が間違った方向に進んでいるとき、それを正してくれるだけではなく、自分が落ち込んでしまったときなどのメンタルの部分でもサポートしてくれます。

コンサルをうけると、教えてくれる方がメンターになりやすいですが、ネットで探して、良さそうな人を見つけたら、コンタクトをとって頼むのも1つの方法だと思います。

最後に

ノウハウコレクターの特徴と、ノウハウコレクターにならないための方法について、解説しました。

今の時代は、アフィリエイト参入者も増えてきているので、以前ほど、すぐに結果がでないこともあると思います。

しかし、正し方法で取り組んでいけば、少しずつ、サイトの評価も上がってくるので、最低でも1年は継続して取り組んでほしいと思います。

【PR】特典動画をプレゼント!

特典

メールマガジンを無料で配信しています。

自宅でマイペースで成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとして、情報を提供しています。

無料メルマガに登録していただければ、SEOに関する3つの特典動画をプレゼント致します。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力して頂き、私からのメルマガをお待ちください。

メルマガにご登録したのにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認お願い致します。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る