読者を惹きつけるメルマガのタイトルは?6つの工夫の仕方

メルマガがあまり開封されなくて、タイトルにどんな工夫をしたら良いかで困っていませんか?

そこで、メルマガのタイトルについての工夫の仕方に関して、解説しました。

これから解説することを参考に、良いタイトル作りができたらと思います。

メルマガのタイトルで開封されるかどうかが決まる

受信箱に数件だけなら、1つずつ確認することは可能ですが、何十件ものメルマガがたまっていたら、全て見るのはけっこう面倒だと思います。

その際、メルマガを開封するとしたら、何を見て判断しますか?

おそらく、メルマガのタイトルで判断する方が多いと思います。

ぼく自身も、メルマガのタイトルを見て、気になったものがあると、つい開いて見てしまいます。

このように、せっかく良い内容が書かれていても、メルマガのタイトルに興味をもたせることができなかったら、開封されません。

一度開封されなかったら、あとで見てもらうこともないでしょう。

メルマガを読んでほしかったら、メルマガのタイトルでいかに興味をもたせることができるかがカギになってきます。

開封率を上げるために効果的なメルマガのタイトル

開封率を上げるために、メルマガのタイトルに興味をもたせた方がいいのはわかったけど、どのようなタイトルなら興味をもたせることができるのか、悩ましい部分かと思います。

これから読者が興味をもっていただけるようなタイトル作りのポイントを紹介したいと思います。

メリットを伝える

メリットが伝わるような要素を加えることで、興味を抱かせることができます。

「1万円を稼ぐための方法」というタイトルを例にしたいと思います。

その方法を知ることで、「1万円を稼ぐ」というメリットを得られるので、「どんな方法なのか」と興味を抱かせることができます。

数字を加える

数字を加えることで、あいまいさがなくなり、イメージしやすくなります。

例えば、「3分で肩こりが治るストレッチ」と「肩こりが治るストレッチ」だと、どちらの方が興味がわきますか?

おそらく前者だと思います。

このように、数字を加えるだけでも印象がかなり変わってきます。

限定性を加える

「また今度でもいいかな」と思うことって、よくあることだと思います。

限定性を加えることで、「今しかチャンスがない」といった焦りを与えることができます。

例えば、「【100名様限定】5万円稼ぐノウハウ公開です」と、ただ単に「5万円稼ぐノウハウ公開です」だと、やはり前者の方が「急がなきゃ」と思ってしまうと思います。

疑問形にする

疑問形、つまり質問を投げかけられているような形だと、それについて「知りたい」という感覚になります。

一度、疑問に感じてしまうと、そのことが気になってしまい、答えを知るまでモヤモヤした感じになるので、答えを知るためにメルマガを開封しようとなるわけです。

例えば、「なぜ、アフィリエイトで5000円以上稼ぐ人は少ないのか?」や「最新のSEO対策ってご存知ですか?」と疑問形にすると、「なぜだろう?」「なんだろう?」というような疑問がでてくると思います。

こういった心理をメルマガのタイトルにうまく利用すると、開封率につながります。

「新しさ」を表現する

例えば、「【最新手法】アフィリエイトの稼ぎ方」「【速報】Googleのアップデートがありました」などが挙げられます。

「速報」はニュースやネット内でもよく見るフレーズだと思います。

ご自身が興味のあることで、新しい何かを見聞きすると、つい気になってしまうかと思います。

メルマガのタイトルでは、「新しさ」を表現していたけど、内容が古ものだったりすると、ご自身のブランド力が下がってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

オノマトペを利用する

【オノマトペ】とは、擬音語や擬態語をまとめたものを指します。

例えば、「ドキドキ」「ハラハラ」「トントン」などの言葉です。

オノマトペを利用することで、雰囲気がやわらかくなります。

雰囲気がやわらかいと、親しみやすさが生まれやすくなります。

例えば、「アクセス数がグングン伸びる3ステップ」「ドカーンと開封率が上がるメルマガタイトルの書き方」のような感じです。

最後に

お役に立てれば幸いです。

何かわからないことや、相談したいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

24時間以内に、お答え致します。

◆お知らせ◆

【ブログアフィリエイト無料メルマガ】やってます!

ブログアフィリエイトで収入を得る運営の仕方について、最新情報をどこよりもお届けしています。

無料メルマガにご登録すると、プレゼントを差し上げます。

【LINE@】もやっています!

LINE@にご登録すると、 プレゼントを差し上げます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る