SEO対策とaltタグ(属性)の関係は?書き方も詳しく解説

SEO対策とaltタグ(属性)の関係

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

altタグの設定はSEO対策となるのか、気になっていませんか?

SEO対策となるのなら、少しでもSEO効果を上げるために取り組みたいですよね。

そこで本記事では、SEO対策とaltタグの設定の関係、altタグの書き方についても解説します。

altタグ(属性)はSEO対策となるのか

altタグ(属性)はSEO対策となるのか

まず結論から述べると、altタグの設定はSEO対策となります。

altタグを設定することで、画像検索からの流入を見込めます。

ただジャンルによっては、画像検索からの流入は稀なこともあるでしょう。

「SEO」がテーマである私のサイトは、画像検索からの流入は稀です。

しかし、設定しておくことで、アクセスのチャンスを獲得できるので、設定しています。

なので、画像からのアクセスの見込みが低くても、altタグの設定はしておいた方が良いです。

では次に、altタグについて、もう少し詳しく解説します。

altタグ(属性)の役割

altタグ(属性)の役割

altタグの役割について2つ解説します。

検索エンジンに画像の内容を伝える

altタグを用いることで、検索エンジンのクローラーが画像の内容を理解することができます。

記事内に、ただ画像を貼り付けるだけでは、その画像が「どんな内容の画像なのか」を理解することができません。

例えば、altタグに「車」と設定すると、「車」の画像として、検索結果に表示されます。

なので、altタグを用いるときは、その画像がどのような画像なのか、がわかるキーワードで設定をしなければなりません。

音声で読み上げられる

altタグが設定されていると、設定した文章が読み上げられます。

そのため、目の不自由な方に対しても、どのような画像なのか、を伝えることができます。

ということは、ユーザービリティ向上にもつながるわけです。

基本的には、altタグは設定した方が良いですが、altタグの設定をしなくても良い場合にもあります。

次は、その場合について解説します。

altタグ(属性)を利用しなくても良い場合

altタグ(属性)を利用しなくても良い場合

altタグを設定しなくても良い場合とは、装飾として画像を用いている場合です。

私の記事を見ていただければわかると思いますが、h2見出しの下に装飾用の画像を設置しています。

装飾用なのでaltタグを設置しなくても良いわけです。

しかし、私は少しでもアクセスのチャンスを獲得するために、装飾用の画像にもaltタグの設定をしています。

では次に、altタグの効果的な書き方について解説します。

altタグ(属性)の効果的な書き方

altタグ(属性)の効果的な書き方

altタグの設定はSEO対策となるとしても、いいかげんに書いてはSEO効果を見込めません。

そこで、altタグの良い書き方について、ポイントを3つお伝えします。

画像の内容に合った文章にする

例えば、野原で遊んでいる茶色の子犬の画像を用いるとします。

良い例だと、以下のような記述ができます。

「野原で遊ぶ茶色の子犬」

悪い例だと、以下のような記述ができます。

「茶色,犬,子犬,小さい犬」

このように、単語の羅列はよくありません。

単語の羅列は、検索エンジンに画像の内容をきちんと伝えることができていないので、最悪、評価を下げられてしまう可能性があります。

キーワードを詰め込み過ぎない

検索エンジンに少しでもヒットされるように、あれもこれもとキーワードを入れたくなるかもしれません。

しかし、あれもこれもとキーワードを詰め込んでしまうと、画像の内容とだんだんズレてしまうリスクがあるので、結果的に、よくありません。

例えば、先程と同じように、野原で遊んでいる茶色の子犬の画像で説明しようと思います。

悪い例を挙げると、下記のような感じになります。

「茶色 子犬 犬 かわいい ペット 癒し 柴犬」

「ペット」「癒し」「柴犬」のように画像とは関係のないキーワードを詰め込むと、逆効果となってしまうので注意が必要です。

できるだけ短い文章にする

簡潔な文章にすることで、検索エンジンにより理解されやすくなります。

というのも、文章が長いということは、その分キーワードも多く含まれることになるので、画像の内容がちゃんと伝わらない可能性もゼロではないからです。

なので、可能な限り短い文章にすることがポイントです。

Googleガイドラインにも載っている

Googleガイドラインにも、altタグについて書かれています。

なので、altタグを用いるときは、1度、目を通すことをおすすめします。

下記より、ガイドラインをご覧いただけます。

Search Console ヘルプ

altタグの設定以外にも、やっておきたい画像の対策があります。

そこで次は、その対策について解説します。

その他、画像に関することでやっておきたい対策

その他、画像に関することでやっておきたい対策

SEO対策というわけではありませんが、他にもやっておきたい画像の対策があります。

その対策について『WordPressの画像タイトルはSEOで大切?』という記事にまとめてありますので、画像の対策はaltタグの設定だけだと思っていた方は、ぜひご確認ください。

では次に、altタグの設置の仕方について解説します。

altタグ(属性)の設置方法

altタグ(属性)の設置方法

WordPressであれば、altタグの設定はとても簡単です。

記事投稿の編集画面より、altタグを設定したい画像を選択します。

そして、下の画像のように、えんぴつマークの「画像を編集」をクリックします。

altタグの設置方法1

それから、下の画像のように「代替テキスト」と書かれている部分に、その画像の内容がわかるような文章を記述します。

altタグの設置方法2

これで、終了です。

昔はプログラムを触る必要がありましたが、その必要がありません。

では次に、画像検索によるアクセスを確認する方法についてご紹介します。

画像検索によるアクセスを確認する方法

画像検索によるアクセスを確認する方法

Googleが無料で提供しているツール、「サーチコンソール」を使用することで、画像検索によるアクセスを、簡単に確認することができます。

サーチコンソールのダッシュボードより、「検索パフォーマンス」>「検索タイプ」を選択し、「画像」にチェックを入れるだけで、どんなキーワードでどのページが検索されているのか、がわかります。

ジャンルによっては、画像検索が多かったり、少なかったりすると思います。

例えば、物販系は画像検索が見込めますが、私が扱っているSEOなど、アフィリエイトやビジネス系ジャンルは、画像検索の見込みが低いと言えます。

とはいえ、ユーザーがどこからサイトへ訪れるかわからないので、altタグを設定し、画像検索からの流入も狙っていきましょう。

補足:altタグ(属性)とは

altタグとは

altタグとは、画像の説明文を書くために大切なタグです。

「alt」は「アルト」ではなく、「オルト」と読みます。

「altタグの設定」と言ったりしますが、「alt属性」や「代替テキストの記述」ともよく言います。

altタグをきちんと設定しておくと、画像検索からの流入も見込めます。

最後に

本記事では、大きくわけると、以下のことについて解説しました。

  • altタグ(属性)はSEO対策となるのか
  • altタグ(属性)の役割
  • altタグ(属性)を利用しなくても良い場合
  • altタグ(属性)の効果的な書き方
  • その他、画像に関することでやっておきたい対策
  • altタグ(属性)の設置方法
  • 画像検索によるアクセスを確認する方法
  • 補足:altタグ(属性)とは

altタグの設定はSEO対策となるので、書き方や設置方法を見て、実践していただきたいと思います。

画像検索が少なそうなジャンルでも、少しでも多くのアクセス獲得のために、altタグを設置しておきましょう。

また、altタグの設定以外の画像対策に関することもお伝えしましたので、ぜひ取り組んでほしいと思います。

【PR】特典動画をプレゼント

メールマガジンを無料で配信しています。

自宅でマイペースで成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとして、情報を提供しています。

無料メルマガにご登録すると、初心者の方向けに、検索エンジンに高く評価され、大量のアクセスを増やすために役立つ3つの特典動画をプレゼントいたします。

強引なセールスはいたしませんので、お気軽に無料メルマガに登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力していただき、私からの特典を受けとり、日々の配信を楽しみに待っていてください。

メルマガにご登録したにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認をお願いいたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る