検索エンジンに上位表示させる方法を1つ1つ実践しよう!

こんにちは。SEOアドバイザーの田村です。

検索エンジンで上位表示させる方法はたくさんあります。

「これを1つやれば、上位表示できる」という簡単な話ではありません。

上位表示できる方法を知ったら、それを1つずつ実践していく必要があります。

今回は、検索エンジンで上位表示させる方法をいくつか紹介しています。

検索エンジンの仕組みとは?

検索エンジンの仕組み

クローラーというwebサイトの情報(データ)を集める自動巡回プログラムが、リンクをたどり、情報を集めます。

その集めた情報をデーターベースに登録(インデックス)します。

このデーターベースというのは、大きな倉庫みたいなイメージです。

そこに荷物(情報)を保管(登録)する感じです。

そして、「Googleアルゴリズム」という検索順位を判断するプログラムによって、順位が決定されます。

二大検索エンジン

二大検索エンジン

日本でよく使われる検索エンジンが、GoogleとYahooだと思います。

GoogleもYahooも同じ仕組みが使われています。

というのも、YahooはGoogleの検索順位を決める仕組みを用いているからです。

しかし、2つの検索結果が若干違うときがあります。

Yahooは独自のサービスである知恵袋やヤフオクなどが検索結果として表示されることがあるからです。

さらに、スマホとPCでの検索結果も少し変わることがあります。

サイトの中には、スマホ対応になってないものもあるので、スマホ対応のものがより上位へと検索結果に表示されます。

検索結果の違いについて、少し述べましたが、結局はGoogleの評価基準を利用しているので、Googleの評価基準に合わせた対策をおこなうことで、検索エンジンによる上位表示が見込めるといえます。

検索順位の決まり方

検索順位の決まり方

何を基準に検索順位が決まるのかといいますと、「検索ユーザーにとって役に立つサイトかどうか」です。

こういうと、抽象的でわかりにくいですが、具体的な要素として、200項目以上の要素があると言われています。

しかし、200項目以上の要素を1つ1つ気にしていると、気が遠くなってしまいます。

なので、最も重要視されている要素を述べるなら、「コンテンツの質」と「外部リンクの量」といえるでしょう。

コンテンツとは何か?

【コンテンツ】とは、サイト内の記事の内容を指します。

検索ユーザーにとって、役に立つコンテンツであれば、そのコンテンツは高評価を得ることができます。

役立つコンテンツが多ければ多いほど、そのサイトや記事の評価が高くなり、上位表示されやすくなります。

なので、質の良いコンテンツを増やしていく必要があります。

外部リンクとは何か?

【外部リンク】とは、他人のサイト内に自分の記事などのリンクを貼ってくれている状態をいいます。

そういう状態が多いと、Googleは「このサイトは良いサイトなんだな」と判断するので、高評価を得やすくなり、上位表示しやすくなります。

しかし、これを上手く利用したのが、ブラックハット手法で、今ではスパム扱いとされてしまいます。

【ブラックハットSEO】とは、メインとなるサイトの他に、自分でサイトA、サイトB、サイトCのように無数にサブとなるサイトを作り、メインサイトのリンクをサブサイトに貼り付けします。

これは、外部リンク扱いになるので、メインサイトの評価が上がり、上位を狙うといった手法です。

このようなことをしたら、今はスパム判定の恐れがあるので、あくまでも自然貼られる外部リンクを目指してください。

検索エンジンで上位表示させるためのSEO対策

検索エンジンで上位表示させるためのSEO対策

SEO対策とは?

【SEO対策】とは、Search Engine Optimizetionの頭文字をとったもので、日本語だと「件さっくエンジン最適化」と呼びます。

つまり、検索エンジンで上位表示させるための対策のことをいいます。

SEO対策をおこなう最終目的とは?

検索エンジンで上位表示でき、喜んで終わりでは意味がありません。

当然、サイトへ訪問してもらい、成果(報酬)を出すことが最終目的だと思います。

その前段階として、SEO対策が必要となってくるのです。

SEO対策の良い点と悪い点

SEO対策の良い点と悪い点

良い点

・一度上位表示することができれば、中長期的に集客させやすい

・広告、つまりお金をかけずに上位表示させることができる

・上位表示ということは、検索ユーザーの意図とページの内容がマッチしている可能性が高いので、成果(報酬)へとつながりやすい

SEO対策をすることで、かなりのメリットがあるといえます。

悪い点

・キーワード選定をしっかりやったとしても、そのキーワードで必ず上位表示できる保証はない

・検索エンジンで上位表示できるまでに、時間がかかってしまう

・検索エンジンの大きなアップデートにより、大幅に順位が変わる恐れがある

このように、SEO対策の恩恵を受けるには、長い時間と労力がかかってしまい、また恩恵を受けられたとしても、その恩恵が続くように維持していかなければなりません。

アップデートの種類

アップデートの種類

SEO対策の悪い点でも、アップデートについて少し触れましたが、いくつか種類があるので紹介します。

パンダアップデート

これは、質の悪いコンテンツを上位表示させないためのアップデートです。

例えば、記事の内容が薄かったり、コピペばかりの記事などは注意が必要です。

ペンギンアップデート

先程述べたブラックハットSEOをおこなっているサイトにペナルティを与えるためのアップデートです。

一度、このペナルティを受けてしまうと、そのサイトは二度と上位表示できない可能性もあるので、かなり注意が必要です。

ハミングバードアップデート

これは、キーワードに対して、そのキーワードの意図までを理解し、それに近い検索結果を表示させようというアップデートです。

つまり、検索ユーザーがどんなページを表示させたら、喜ぶかを考えているわけです。

Googleのガイドラインでより良いサイト作りへ

Googleのガイドラインより良いサイト作り

検索結果で上位表示させたいなら、序盤でも言ったように、Googleの評価基準で高評価をとれるようにサイトを作っていく必要があります。

そして、高評価を得るためのガイドラインがありますので、ご紹介したいと思います。

検索エンジン最適化スターターガイド

こちらのガイドラインを参考にして、サイトを作っていくことで、クロールとインデックスをさせやすくします。

・参考:「検索エンジン最適化スターターガイド

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

こちらのガイドラインは、サイトが評価されるためにやるべき具体的な内容が書かれています。

もし、こちらのガイドラインに書かれている内容に違反している場合は、上位表示させることは難しく、最悪ペナルティを課せられる可能性もあるので注意が必要です。

・参考:「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

検索エンジンで上位表示させるための方法

検索エンジンで上位表示させるための方法

狙うキーワードは1つに決める

【狙うキーワード】とは、上位表示させたいキーワードのことで、「SEOキーワード」や「対策キーワード」など呼び方はいろいろです。

狙うキーワードは1つといいましたが、「ゴルフ」といった単一キーワードだけでなく、「健康 簡単 維持」といった複合キーワードも1つのまとまりとして考えます。

狙うキーワードは多ければ良いというものではなく、ちゃんと1つに絞って、それに関する記事を書く必要があります。

狙っているキーワードの上位サイトをチェックする

上位サイトというのは、検索ユーザーにとって、役に立つ記事だということです。

つまり、上位サイトの内容をチェックすることで、検索ユーザーが何を求めているのかを知ることができます。

最低でも、上位10サイトはチェックしましょう。

狙うキーワードをタイトルに含める

これは必ずやらなければいけないことです。

検索エンジンは、タイトルに含まれているキーワードによって、その記事が何について書かれているかを判断します。

極端な話、内容が野球について書かれているのに、タイトルにはサッカーというワードが入っていると、検索エンジンはサッカーについての記事だと間違った判断をしてしまいます。

文字数は多く

文字数が少ないと、内容が薄いと判断され、上位表示が難しくなってしまう恐れがあります。

かといって、ただ文字数が多ければ良いというわけではありません。

サイト訪問者に役立つ内容でなければなりません。

上位サイトを見ると、4000文字以上は書かれているので、最低でも4000文字は書きたいところです。

内部リンクを増やす

【内部リンク】とは、同じサイト内であるページから別のページに飛ぶリンクをいいます。

例えば、記事Aのリンクが記事Bに貼られているとします。

この記事Aのリンクが内部リンクです。

内部リンクを増やすことで、クローラーも巡回しやすくなり、サイト訪問者も別のページを見るきっかけになるので、その分滞在時間が長くなり、検索エンジンの評価が高くなります。

検索ユーザーに役立つコンテンツ作り

ユーザーに役立つコンテンツを作ることができなければ、上位表示は難しいといえます。

記事を書く前には、「何を知りたいのか?」「何を求めているのか?」「それはどうやったら解決できるか?」などを考える必要があります。

そうすることで、ユーザーが求めている記事を書くことができ、上位表示へとつながっていきます。

被リンクの確認

【被リンク】とは、自分のサイト内のリンクが、他のサイトに貼られているリンクを言います。

以前は、この被リンクが多ければ多いほど、良いサイトとされていましたが、今はそうではありません。

質の悪いサイトからの被リンクが多いとペナルティが与えられるかもしれないので注意が必要です。

定期的に更新をする

記事などを定期的に更新することもSEO対策の1つになります。

検索エンジンは常に新しい情報を求めています。

サイトを立ち上げた頃は、できる限り更新頻度を多くしたいものです。

必要ないページはnoindexを使う

【noindex】とは、クローラーに巡回させないことをいいます。

重複しているページや低品質のページがある場合などは、サイトの評価を下げてしまう可能性があります。

そういった場合に、noindexを使用し、クローラーが巡回するのを防ぎます。

レスポンシブ対応にする

【レスポンシブ対応】とは、PCでサイトを見る場合と、スマホで見る場合で、それぞれのデバイスで見やすいデザインに自動的に切り替わる機能のことです。

今はスマホでどこででも、検索エンジンを使用することができます。

スマホユーザーにも見やすいサイトにするためにも、レスポンシブ対応にする必要があります。

・【関連記事】「Word Press用テンプレートはレスポンシブ対応が良い!?

サイトマップを作成する

【サイトマップ】とは、サイトの全体構造がどうなっているかを示すものであり、地図みたいなものです。

これを作成することにより、クローラーが巡回しやすくなります。

また、作成した後は、サーチコンソールで送信する必要があります。

検索エンジンで上位表示させるために必要なツール

検索エンジンで上位表示させるために必要なツール

検索エンジンで上位表示させるために最低限用意したいツールをご紹介します。

サーバーとドメインを取得し、ワードプレスを使う

サーバーとドメイン取得には少し費用がかかってしまいますが、ワードプレスは無料で使うことができます。

これら3つそろえて、有料ブログと呼ばれることがあります。

それに対して、アメブロなどの無料ブログは、商用目的では使うことができないので、有料ブログを作る必要があります。

コンテンツスカウターZで迅速に

時間と労力を節約して、ライバルに勝てそうなキーワードを探すことができます。

ぼくも使ってるのですが、検索エンジンで上位表示を狙い、ユーザーが求めているコンテンツをより早く作るには欠かせないツールだと思っています。

サーチコンソールを活用する

サーチコンソールは、どのキーワードで表示され、そのキーワードの順位などを知ることができます。

うまく活用することで、上位表示を狙うことができます。

「All in One SEO Pack」プラグインを使用する

ワードプレスを使用すると、プラグインというものを使うことで、サイトの機能を拡張したりすることができます。

このプラグインを使用することで、SEO対策のための設定を記事ごとに設定することができ、またサイトマップも作ることができます。

最後に

検索エンジンに上位表示させる方法について、解説しました。

検索エンジンにたくさん評価されるためにも、評価に良いとされる対策を一つ一つ取り組んでいきましょう。

【PR】特典動画をプレゼント

特典

メールマガジンを無料で配信しています。

自宅でマイペースで成長できて、自由な人生を手に入れる優しいSEOアドバイザーとして活躍すること、をミッションとし、活動しています

無料メルマガにご登録していただければ、SEOに関する3つの特典動画をプレゼント致します。

強引なセールスは致しませんので、お気軽に無料メルマガにご登録していただければと思います。

また、お好きなタイミングで配信解除もできますので、ご安心ください。

それでは、「詳細を見る」をクリックして、メールアドレスを入力して頂き、特典を受け取ってください。

メルマガをご登録したのにも関わらず、メールが届いていない場合は、お手数ですが、迷惑メールフォルダーもご確認お願い致します。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る