サーチコンソールで確認すべきインデックス数の重要性

サーチコンソールでインデックス数は定期的に確認していますか?

そもそも、わからないって人もいるかもしれません。

実は、けっこう大切なことだったりします。

今回は、そのインデックス数の重要性について、解説しています。

そもそもインデックスとは?

【インデックス】とは、Googleのクローラーがウェブページのデータ(情報)をインターネット上で集め、その集めたデータを検索エンジンデータベースに格納(記憶)することをいいます。

格納(記憶)されたことを「インデックスされた」と言ったりします。

したがって、インデックスされて初めて、検索結果に表示される権利が与えられるわけです。

また、【クローラー】というのは、そういったデータを集めるためのプログラムで、自動的にデータを集めています。

インデックス数の確認方法

どれくらいインデックスされたのか、インデックス数をご自分で確認することができます。

方法としては、2つあります。

サーチコンソールを利用する

サーチコンソールを利用する際は、事前に登録する必要があります。

Googleが無料で提供しているので、費用を抑えたい人は安心して使うことができます。

サーチコンソールにログインしたら、「インデックスステータス」を知りたいご自身のサイトを選択し、ダッシュボードへと移動します。

そして、左のメニューにある「Googleインデックス」>「インデックスステータス」をクリックしていきます。

すると、「インデックスに登録されたページの総数」を知ることができます。

また、「詳細」を選択することで、「ロボットによりブロック済み」「削除済み」のページ数を知ることができます。

【ロボットによりブロック済み】とは、「robots.txt」を使って、意図的にインデックスされるのを防いだページの総数を表しています。

「robots.txt」とは、クローラーによってインデックスされたくないページを指定できるファイルのことです。

また、【削除済み】とは、インデックスされたページをご自身で削除した総数を表しています。

削除申請をおこなえば、簡単にできます。

Google検索を使用する

Google検索窓から、「site:ドメイン名」のように、ドメイン名の部分にはインデックス数を知りたいサイトのURLを入力し、検索します。

すると、以下の図のように、インデックスされたページがズラっと表示されます。

赤枠内がインデックス数になります。

「site:」を利用した場合とサーチコンソールを利用した場合とでは、インデックス数に違いが見られるかと思います。

そのことに関しては、後ほど触れていきたいと思います。

インデックスステータスの更新は遅いことを知っておく

クローラーが自動で巡回しにくるとはいえ、サイトを立ち上げたばかりだと、しばらく0件の状態が続くかもしれません。

そのため、どうしたもんかと不安になってしまうことがあるかもしれません。

しかし、この更新は数日、長い場合だと2週間ほどかかってしまうケースもあるみたいです。

なので、サイトを立ち上げた頃は、それほど不安になる必要はありません。

しばらく待ってみてください。

記事数とインデックス数に違いがある場合

例えば、5記事更新したのに、インデックス数が4つしかされなかったとします。

その場合、問題がなければ、そのうちインデックスされるかと思いますが、どのくらい時間がかかるかはわかりません。

その場合、少しでも早くインデックスを促すのが、サーチコンソールの機能の1つである「Fetch as Google」です。

Fetch as Googleを使う

左のメニューにある「クローラー」>「Fetch as Google」とクリックしていきます。

すると、次の画面が表示されるかと思います。

1ページだけインデックスしたい場合は、インデックスしたいページのURLを、赤枠内に入力し、「取得」をクリックします。

サイト全体をインデックスしたい場合は、赤枠内を空欄にしておき、そのまま「取得」をクリックします。

「取得」をクリックした後は、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

次に、送信方法の選択をおこないます。

「このURLのみをクロールする」とは、入力したURLのページのみがクロール対象となり、そのページ内に貼ってあるリンクは対象外となります。

「このURLと直接リンクをクロールする」は、先程の逆で、ページ内のリンクもクロール対象となります。

特になにもなければ、後者を選択すれば良いと思います。

選択したら、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「送信」ボタンを押します。

あとは、待つだけです。

ちなみに申請制限が以下のようにあります。

・前者:1日につき10件まで

・後者:1日につき2件まで

必要に応じて、申請すれば良いと思います。

XMLサイトマップを活用する

XMLサイトマップ(sitemap.xml)とは、ブログ内のURL(ページごとのURL)が記載されているxml形式のファイルのことです。

このファイルをサーチコンソールを使って送信すると、クローラーがブログ内のデータ取得に役立つため、インデックスされるまでの時間を短縮しやすくなります。

特に、ページ数が一気に増えたサイトや大規模なサイトは活用した方が効果的です。

XMLサイトマップ送信のやり方

sitemap.xmlは作成をしなければならないのですが、プラグインの「All in One SEO Pack」を使用すれば、簡単に作成することができます。

作成し終わると、「ドメイン名/sitemap.xml」というURLを取得できるのですが、後半の「sitemap.xml」の部分だけコピーしておきます。

そして、サーチコンソールにログインし、「クロール」>「サイトマップ」を選択します。

次に、右上の「サイトマップ追加」で、先程コピーした「sitemap.xml」を貼り付けし、送信します。

これで、終了です。

あとは、インデックスされるのを待つだけです。

クロールエラーがでていないか確認する

クローラーがちゃんとサイトを巡回できていないときがあるかもしれません。

そのときは、エラーが検出され、サーチコンソールで確認することができます。

ダッシュボードの「クロール」>「クロールエラー」をクリックしていきます。

もし、エラーが検出されていたら、以下のいずれかが表示されているかと思います。

・クロールを完了できませんでした

・見つかりませんでした

・アクセスが拒否されました

・ソフト404

・サーバーエラー

エラーを放っておくと、サイトの評価にも影響がでるので、早めの対処を心がけましょう。

インデックス数とSEOとの関係性

インデックス数が多いと、それだけコンテンツ量が多いとなるので、SEOでの評価が上がる傾向があるといえます。

しかし、ただインデックス数が多ければいいというわけではありません。

インデックスとは、つまりコンテンツのことを指すので、そのコンテンツ内容が検索ユーザーにとって、役に立たなかったり、内容が薄いものだと逆効果となってしまいます。

インデックス数の増やし方

インデックス数を増やしたければ、とにかく記事を書き続けなければなりません。

記事を書いたあと、公開して終わりだとインデックスされるのに時間がかかってしまいます。

なので、サーチコンソールのFetch as Gooleを利用して、インデックス登録を促進させましょう。

インデックス数が減少してしまった場合

記事を更新していたら、インデックス数は増えていくものです。

しかし、何かが原因で減少してしまうケースもあるみたいです。

そのときは、以下のことを確認してみましょう。

・サーバーがダウンしていないか

・過負荷がかかっていないか

・クローラーがコンテンツにアクセスできていない状態ではないか

・サイトの設定に問題はないか

・リダイレクトに問題がないか

・セキュリティに問題がないか

(引用元:Search Console ヘルプ インデックスステータス

減少してしまった場合も、早めに解決するよう心がけましょう。

定期的にインデックス数を確認しよう

上位表示させるのに、さまざまな対策に神経をとがらせなければなりません。

しかし、全てに取り掛かるというのは、なかなか厳しいものです。

インデックス数の突然の減少だったり、エラーだったり、すぐに対処をしないとサイトの評価に悪影響がでてしまう恐れがあります。

そうならないためにも、サーチコンソールを活用して、定期的にインデックス数の確認をしましょう。

こうした1つ1つの対策が上位表示への近道となります。

最後に

少しでも。お役に立てれば幸いです。

何かわからないことや、相談したいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

24時間以内に、お答え致します。

◆お知らせ◆

【ブログアフィリエイト無料メルマガ】やってます!

ブログアフィリエイトで収入を得る運営の仕方について、最新情報をどこよりもお届けしています。

無料メルマガにご登録すると、プレゼントを差し上げます。

【LINE@】もやっています!

LINE@にご登録すると、 プレゼントを差し上げます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る