Google検索エンジンのSEO対策でキーワード出現率は有効か?

Google検索エンジンは日々進化をしています。

そこで、以前はSEO対策で有効とされていたキーワード出現率ですが、現在のSEO対策にも有効かどうかを解説しています。

以前良いとされていたことが、現在でも良いかどうかをチェックすることは、とても大切なことです。

キーワード出現率とは?

【キーワード出現率】とは、記事内の単語数に対して、どれくらいSEOキーワードが存在してるかを示す割合です。

ちなみに、SEOキーワードとは、上位表示させるために狙っているキーワードのことです。

例えば、SEOキーワードを「アフィリエイト」とし、記事内の単語数が1000文字で、「アフィリエイト」という単語が50文字存在しているとします。

このとき、キーワード出現率は5%と表すことができます。

キーワード出現率は現在のSEO対策で大切か?

結論を言うと、現在のSEO対策として、キーワード出現率は重要ではないとされています。

というのも、Google検索エンジンはどんどん賢くなっていき、キーワード出現率を重視しなくても、そのページのテーマがわかるようになってきました。

実際に現在では、『そのページは何について書かれているのか?』ということを検索エンジンは見ています。

しかし、キーワード出現率は以前ほど、深く考える必要はなくなりましたが、その上位表示させたいキーワードが、そのページ内で中心キーワードになっているかは、気にかけた方がよさそうです。

検証!本当にキーワード出現率は重視しなくても良いのか?

以下は、ダイエット 簡単」で検索し、検索結果の1位~5位、51位~55位についての結果です。

ツールは『キーワード出現率チェック ohotuku.jp』を利用しました。

単語の表示順位は、20位までです。それ以外は、圏外としています。

・第1位

「ダイエット」:5.49%、「簡単」:0.84%

・第2位

「ダイエット」:5.23%、「簡単」:1.84%

・第3位

「ダイエット」:3.47%、「簡単」:1.86%

・第4位は動画だったため、とばします(笑)

・第5位

「ダイエット」:1.93%、「簡単」:圏外

・第51位は解析ツールが、サイトへアクセスできなかったため、とばします。

・第52位

「ダイエット」:3.19%、「簡単」:1.0%

・第53位

「ダイエット」:1.51%、「簡単」:圏外

・第54位

「ダイエット」:3.87%、「簡単」:圏外

・第55位は解析ツールが、サイトへアクセスできなかったため、とばします。

上位表示されている第1位~第5位の結果を見ると、「ダイエット 簡単」の2単語いずれも6位以内と上位に入っており、上位表示を目指すなら、狙っているキーワードは6位以内と上位に入っている方が良さそうではあります。

しかし、第5位(ダイエット:1.93%、簡単:圏外)と第52位(ダイエット:3.19%、簡単:1.0%)を比べると、必ずしもキーワード出現率が重要視されていないことがわかると思います。

キーワード出現率の調整がSEO対策とされていたときがあった

以前のGoogle検索エンジンは、表示させるページに検索者が入力したキーワードが多く含まれているページを検索結果として、表示させていました。

そして、キーワード出現率が5%、もしくは7%程度なら、上位表示されやすいとされていました。

そのため、上位表示を目指す人たちは、とにかくキーワードを入れようと、タイトルやディスクリプション、本文などにツッコんでいました。

それは、人の目に見えないよう、つまりページの背景が白だった場合、文字も白にしてたほどです。

人の目には見えないけど、検索エンジンには認識されるので、簡単に上位表示ができていました。

しかし、そうなると、検索者の検索意図が無視されてたため、しだいにスパムとされるようになりました。

キーワード出現率に関して、最低限やっておきたい3つのこと

「キーワード出現率は気にしなくても良い」とは言ったものの、検証結果からもわかるとおり、共通していることはSEOキーワードは上位にあるということです。

なので、最低限やっておきたいことを3つ述べたいと思います。

タイトルと見出しタグにSEOキーワードを入れる

タイトルと見出しタグ(h1タグ)にSEOキーワードを入れることは、SEO対策として、効果的とされているので、必ず入れるようにしましょう。

タイトルや見出しタグ(h1タグ)は、検索者にとって、一番最初に目に入る部分であり、どんな内容がかかれているのかを伝える必要があります。

それに比べ、h2タグやh3タグなどには、文章がおかしくなければいれるように心がける程度で良いです。

頑張っていれようとして、文がおかしくなってしまうと、評価を下げる結果につながる恐れがあります。

本文中に一度はSEOキーワードを入れる

そのSEOキーワードに関する内容を書いているはずなのに、本文中に一度もでてこないのは、おかしな話です。

特に、本文の一番最初にだすことをおすすめします。

というのも、仮にディスクリプションの設定をしていなければ、本文の最初の数行がスニペットに表示されます。

なので、いざというときのスニペットの対策にもなります。

指示語はなるべく使わないようにする

同じ言葉を繰り返すと、くどくなってしまうため、「あれ」や「それ」などをよく使うと思います。

しかし、記事を書く上で、その部分に関しては、あまり気にしなくても良いかもしれません。

なぜなら、読者は必要な部分だけ読んでいる可能性があるからです。

いわゆる飛ばし読みってやつですね。

その際に、指示語があると、その指示語が何かを調べるのに、また前の文章に戻らないといけなくなります。

また、指示語にしてしまうことで、せっかくのSEOキーワードを減らしてしまうことになります。

それって、もったいないので、自然な文章であるならば、指示語は避けることをおすすめします。

キーワード出現率を意識したリライトをするには

リライトをする際に、キーワード出現率を調べてみたら、上位表示を狙っているキーワードよりも、他のキーワードの方が断然多かった・・・なんてことがあるかもしれません。

その際は、無理に増やすのではなく、以下の方法で増やせないか、考えてみてほしいと思います。

・SEOキーワードを指示語にしていないかどうか

・その記事のテーマに関して、違った角度から情報を追記できるかどうか

これらについて考えてみるだけでも、自然とSEOキーワードを増やすことが可能です。

キーワード出現率を考えるときの注意点

キーワードの乱用

何度か、述べてきましたが、キーワードの乱用によって、文章が変になってしまっては元も子もありません。

その場合、そのページだけでなく、サイト自体が二度と上位表示できなくなってしまうペナルティを課せられるリスクがあります。

また、Googleの検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドにも書かれていることです。

キーワードの乱用について

キーワード出現率を調べる方法

無料ツールを使う

キーワード出現率は、無料ツールを使うことで、簡単に調べることができます。

10秒もあれば、結果がでちゃいます!

ぼくのおすすめは、『キーワード出現率チェック ohotuku.jp』というものです。

キーワード出現率チェックの使い方

ツールのページを開くと、上図のように表示されます。

使い方はかなり簡単です。

1.『URL』欄に調べたいサイトのURLを入力します。

2.『キーワード』欄にSEOキーワード(上位表示させたいキーワード)を入力します。

3.『出現率目標』をプロダウンより、選択する。

例えば、出現率目標を5%と設定したとします。

そうすると、『キーワード』欄に入力したキーワードが5%に達していなかった場合、その数値に達するまでにキーワードが何個、ページ中に加える必要があるのかがわかります。

4.『表示件数』をプルダウンから選択する。

表示件数は、順位を表します。

『出現率目標』に関してですが、ライバルサイトよりもキーワード出現率を高めたいのであれば、かなり使える機能だと思います。

しかし、これまでにも述べたように、キーワード出現率が高いからといって、1位に上位表示されるというわけではないので、それほど気にしなくても良い部分かなと思います。

あくまでも、目安で。

最後に

キーワード出現率について解説してきましが、一番に考えなければならないのは、『検索者にとって読みやすく、満足してもらえる記事にする』ことです。

キーワード出現率が優先にならないよう、気を付けてほしいと思います。

少しでも。お役に立てれば幸いです。

何かわからないことや、相談したいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

24時間以内に、お答え致します。

◆お知らせ◆

【ブログアフィリエイト無料メルマガ】やってます!

ブログアフィリエイトで収入を得る運営の仕方について、最新情報をどこよりもお届けしています。

無料メルマガにご登録すると、プレゼントを差し上げます。

【LINE@】もやっています!

LINE@にご登録すると、 プレゼントを差し上げます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る