SEO対策で重要とされているディスクリプションとは?

SEO対策で重要とされているディスクリプションとは?

SEO対策で、『ディスクリプションタグの設定は大切』とよく言われますが、実際のところ、どのような効果や働きがあるのかイマイチわからない方もいらっしゃると思います。

 

SEO対策上、そのディスクリプションとは、どのような役割があるのかを説明していきたいと思います。

ディスクリプションとは?

【ディスクリプション】とは、あるページについて、そのページがどのような内容のものなのかを簡単に説明するための文章のことです。

 

description(ディスクリプション)を日本語に訳すと、「説明」という意味になります。

 

正式には、meta descriptionタグ(メタ・ディスクリプションタグ)と言い、HTMLタグの一種になります。

 

以下、メタディスクリプションと表記したいと思います。

 

メタディスクリプションを設定すると、Yahoo!やGoogleで検索した際に、以下のように表示されます。

 

この赤枠内が、メタディスクリプションを設定することで表示される文章となります。

 

また、このように検索結果上の説明文のことを【スニペット】と呼びます。

 

ちなみに、青枠内がtitleタグ(タイトルタグ)の設定によって、表示される記事タイトルになります。

 

検索ユーザーが目にとまる部分

つまり、メタディスクリプションは、検索ユーザーがタイトルとともに、目にとまる部分であることがわかります。

 

メタディスクリプションをしっかり設定することで、検索ユーザーにとって、そのページがどのような内容なのかを知ることができます。

 

メタディスクリプションの設定は、直接SEO対策には関係がない

「え~」と思われるかもしれませんが、実は、検索順位を上げる効果が直接あるわけではありません。

 

多くの方が、『メタディスクリプションの設定はSEO対策に必要』と見たことがあると思います。

 

それに対して、タイトルタグには狙っているキーワードを含めると、SEO対策になるので、検索結果時に一緒に表示されるスニペット、つまりメタディスクリプションにもSEO対策効果があると誤解をまねくのかもしれません。

 

どちらかというと、『アクセス数アップ対策』と言うべきかもしれません。

 

では、なぜメタディスクリプションの設定は重要と言われるのでしょうか?

 

メタディスクリプションの設定によるメリット

直接、SEO対策になるわけではないが、メタディスクリプションの設定をすることで、さまざまなメリットが得られます。

 

検索結果表示の際、ページへのクリック率に影響がでる

何かを調べる際に、あるキーワードで検索すると、検索結果が表示されます。

 

その際、目にとまるのは『タイトル』と『メタディスクリプションの文章』だと思います。

 

つまり、タイトルとメタディスクリプションの文章によって、どのページを見るかを判断していると思います。

 

調べたいことが、メタディスクリプションの文章に書かれていたら、間違いなくそのページを見ようと思うはずです。

 

なので、メタディスクリプションをしっかり書いているかで、検索ユーザーがそのページをクリックするかどうかが決まるともいえます。

 

検索順位が上のページよりも、集客は勝てる可能性がある

つまり、検索ユーザーが惹かれるメタディスクリプションを書くことができれば、自分より上位のページよりも多く訪問してくれる可能性があるわけです。

 

いくら頑張って、上位表示できたとしても、訪問者がいなければ、意味がありません。

 

このことからも、メタディスクリプションの設定の大切さがわかると思います。

 

ページの内容を伝えることで、検索ユーザーが訪れやすくなる

メタディスクリプションにより、事前に以下のことについて書かれていると、検索ユーザーも訪れやすくなります。

 

・誰に向けた内容なのか?

・どんなことが書かれているのか?

・何を得られるのか?

 

こういうことが書かれていると、検索ユーザーも「このことについて知ることができるかも」「いいことが書かれていそう」など、予測することができ、安心してページをクリックしやすくなります。

 

もし、何も書かれていなかったら、怪しく感じてしまうかもしれません。

 

それに、ページを開くの怖くないですか?

 

私なら、開いた瞬間にウイルスにかかるんじゃないかと、疑ってしまいます(笑)

 

上位表示できたら、無料で広告を出したようなもの

何かを調べて、検索結果が表示されたときに、『広告』が最初に表示されてることがあります。

 

広告はもちろんお金がかかっています。

 

それに比べて、自然検索結果により、上位表示することができたら、お金はかからないので、無料で広告をだしているような感じになります。

 

メタディスクリプションが設定してあれば、自分のページを無料でアピールすることができるわけです。

 

確かに、膨大に書いた記事をコンパクトに内容を伝えるとなると、少し大変に思うかもしれませんが、広告を出さずに無料でアピールできるチャンスなのです。

 

広告と自然結果による表示はほぼ同じ

上図は、「アフィリエイト」で検索した際に、広告で1番に表示されていたもの(赤枠)と、自然検索結果として1番に表示されてたもの(青枠)です。

 

見てのとおり、ほぼ同じです。

 

人によっては、広告を嫌に思うこともあり、クリックに影響がでてしまうこともあります。

 

また、メタディスクリプションに書ける文字数の方が、広告よりも多いので、優れているともいえます。

 

自然検索結果だと、何回クリックされてもタダ

今まで述べてきた広告というのは、正式にはリスティング広告といい、そのページをクリックされる度に、広告費がかかるといったものです。

 

リスティング広告は1クリックされると、数十円~数百円かかります。

 

また、人気のあるキーワードだと、1クリックあたり数千円かかることもあります。

 

それに比べて、自然検索結果だと、何回クリックされてもタダとなるわけです。

 

タダですよ!

 

ここまで読んでいただいて、メタディスクリプションの設定をしていなかったら、どれだけ損をしているかご理解されていただけたと思います。

 

メタディスクリプションの設定をしたときの注意点

自分で設定した文章と違う場合がある

というのも、せっかく自分でメタディスクリプションの文章を設定したのに、検索結果のスニペットに100%反映される保証がないのです。

 

例えば、設定した文章が短すぎたりとか、ページの内容をうまく表現されてない場合などは、検索エンジンによって、書き換えられてしまいます。

 

また、記事タイトルや設定したメタディスクリプションの文章内にないキーワードで表示された場合も検索エンジンによって書き換えられてしまうことがあります。

 

その場合は、本文中の中でそのキーワードを探し、そのキーワードの前後が抜粋されます。

 

検索エンジン恐るべしです。

 

設定した文章を変更しても、すぐにスニペットに反映されない

メタディスクリプションの文章を書き直したのに、いざ検索結果を見てみると変わっていないということがあるかもしれません。

 

実は、クローラーと呼ばれるサイト内の内容を確認しているプログラムが巡回されているのですが、そのクローラーがサイト内にきてから、メタディスクリプションの文章が変わったことを認識します。

 

それから、やっと検索結果のスニペットが変更されます。

 

クローラーがサイトにくる頻度は一概にいえないのですが、記事更新などきちんとサイトを運営されていると、クローラーがサイトにくる頻度が高まるといわれています。

 

あとは、Googleが無料で提供している『サーチコンソール』というツールでご自身のサイトの『サイトマップ』というものを送信してあげることで、クローラーが早めに巡回しにきて、反映を早めることができるかもしれません。

 

サイトマップというのは、サイトの構成がどのようになっているかがわかるファイルのことです。

 

関連記事

・『SEOキーワードを含めただけではダメ!ディスクリプションのさらに効果的な書き方とは?

・『ワードプレス利用者必見!ディスクリプションの設定ならAll in One SEO Packで簡単に

 

最後に

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

 

少しでも、お役に立てたら幸いです。

 

質問などは、下記フォームより、よろしくお願いいたします。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る