ブログの文章力なしで読まれる記事を書く17のコツ

ブログの文章力

こんにちは。正しいサイト構築&SEOアドバイザーの田村です。

あなたは今、次のようなことで悩んでいませんか?

  • ブログを書いているのに文章力がなくて困っている
  • ブログの文章力を上げる方法は?
  • ブログの文章に自信がない・・・

他人のサイトと比べると、自分の文章力の低さに落ち込んでしまいますよね。

そこで、本記事ではブログにおいての文章力についてお伝えしています。

また、文章力なしでも読まれる記事を書くコツを17個ご紹介しています。

最後までお読みいただき、実践していただければと思います。

ブログにおける文章力とは

ブログにおける文章力とは

ブログにおける文章力は次の2つが考えられます。

  • 読みやすい
  • 理解しやすい

では、一つずつ詳しく解説します。

読みやすい

読みにくい文章はユーザーが離脱する恐れがあります。

例えば、難しい漢字の利用など。

ユーザーを意識しながらブログを書くと、読みやすい文章に仕上がりやすいです。

理解しやすい

理解しにくい文章もまた、ユーザーが離脱する原因となり得ます。

例えば、専門用語の利用などです。

文章を書きさえすれば、ユーザーに伝わるわけでないので、ユーザーのことを意識しながら書くことが大事。

文章力なしでも読まれる記事を書く17のコツ

文章力なしでも読まれる記事を書く17のコツ

文章力がなくても良質な記事を書くコツを17個ご紹介します。

全て実践すれば、ユーザーはあなたの記事を最後まで読みたくなるでしょう。

それでは、一つずつ詳しく解説します。

検索意図を把握する

SEOでアクセスを集める場合、検索意図が大事です。

検索意図とは、ユーザーが検索する目的です。

つまり、ユーザーの目的を達成できるように記事を書くことで、文章力がなくても読まれやすい記事に仕上がります。

検索意図について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

【初心者にもできる】検索意図の考え方3つのコツと調べ方

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にすることで、ユーザーに突き刺さりやすい文章を書けるようになります。

例えば、ターゲットを「男性」だけにするよりも、「男性、40歳、サラリーマン、東京都在住、4人家族」のように具体的に決めるほうが良いです。

具体的に決めることで、相手をイメージしやすくなります。

そして、そのユーザーをイメージしながら記事を書くと、ユーザーに突き刺さりやすくなるわけです。

記事を書く前に必ずターゲットを明確にしましょう。

ターゲットをイメージして書く

ターゲットをイメージしながら、記事を書くことで、そのターゲットに文章が刺さりやすくなります。

難しい話をたとえ話で説明する場合、ターゲットに合わせたたとえ話にすると、スッと理解されやすくなります。

例えば、ターゲットが「キャンプ好き」であれば「キャンプ」でたとえ話ができないかを考えるということです。

見出し構成を作る

いきなり本文を書き始めるより、先に見出し構成を作ると良いです。

最後まで一貫性のある記事に仕上がります。

また、見出し構成が決まれば、あとは各見出しに本文を埋めるだけです。

そのため、文章力がなくても読みやすい記事に仕上がります。

時間がかかっても良いので、見出し構成を丁寧に作ることを推奨します。

結論から述べる

ユーザーは悩みや問題を解決するために、検索エンジンにキーワードを入力して検索します。

そのため、早く悩みや問題を解決したいと思っているわけです。

ですから、結論は最初に書いたほうが良いです。

もし、最後まで記事を読んでもらいたいからといって、結論を最後に書いてしまうとユーザーに嫌われ、離脱される恐れがあります。

結論を最初に書いても、悩みや問題を解決できたということで、すぐに離脱されるかもしれませんが、少なくとも嫌わることはありません。

主語と述語を近づける

主語と述語を近づけることで、誰が何をしたかがわかりやすくなります。

例えば、『彼は「かつ丼を食べたい」と言った。』とするよりも、『「かつ丼を食べたい」と彼は言った。』とするほうが、パッと見ただけで理解しやすくなります。

このように、できるだけ主語と述語を近づけて書くと良いです。

形容詞や副詞は修飾する言葉の近くに書く

形容詞や副詞は、修飾する言葉にできるだけ近づけたほうが、文章が理解しやすくなります。

例えば、「ゆっくり、スマホの画面を見ながら座る。」とするより「スマホの画面を見ながら、ゆっくり座る。」とするほうが、スッと文章を理解しやすくなります。

ですから、形容詞や副詞はどの言葉を修飾するのかを意識しながら、文章を書くと良いです。

指示語の使用を避ける

指示語とは、「これ」や「あれ」などの言葉です。

ユーザーは最初から最後まで記事を読むとは限りません。

ご自身の読みたい箇所だけを読む方も多いです。

もし指示語を使用すると、ユーザーはその指示語が何を指しているのかを探さなければいけません。

ですから、ユーザーにそのような手間をかけさせないためにも、指示語はできるだけ避けたほうが良いです。

末尾が同じ語句で続かないようにする

例えば、「~です。」が3文、4文と続かないようにするということです。

文章が単調になり、稚拙な印象を与えます。

できる限り、同じ末尾が続かないほうが良いですが、もし、同じ末尾が続くなら2文までにすると良いです。

漢字・ひらがな・カタカナのバランスを考える

例えば、漢字が多い文章をイメージしてみてください。

読みにくいはずです。

漢字とひらがな、カタカナのバランスを意識しながら、1文1文の文章を書くと全体としてもバランスが良くなるはずです。

「ですます調」か「である調」どちらかに統一する

「ですます調」か「である調」のどちらかに統一したほうが、文章が整ってきれいです。

私の感覚ではありますが、「ですます調」のほうがよく利用されている印象です。

ですが、どちらでもかまいません。

箇条書き(リスト)を利用する

何か2個以上、提示する場合、箇条書きで記載したほうがパッと見てわかりやすいです。

例えば、「○○の5つの方法」を紹介する場合、その5つを箇条書きで記載するということです。

箇条書きには「・」で示すだけでなく、番号で示すこともできます。

装飾を適度に用いる

装飾を用いることで、どの箇所が重要なのかを人目でわかります。

ですが、装飾の使いすぎはやめましょう。

逆に、どこが重要なのかがわかりにくくなります。

多くても3種類にとどめておくことをおすすめします。

一文をできるだけ短くする

一文は短いほうが理解しやすいです。

例えば、「~ですが、・・・」のような文章。

2つの文章に分けたほうが伝わりやすくなります。

余計な言葉を削る

省いても意味が通じる言葉は、どんどん削ったほうが良いです。

文章がスッキリして理解しやすくなります。

例えば、基本的に主語は省かないほうが良いですが、2文3文と連続で「私は~」のように始まるとします。

もし2文目3文目の「私は」の主語を省いても意味が通じるのであれば、2文目3文目の「私は」を省いても良いでしょう。

このように、余計な言葉を省けないかを意識して記事を書くと良いです。

漢字をひらく

漢字をひらくとは、漢字をひらがなにすることです。

例えば「等」を「など」、「有難う」を「ありがとう」など。

読み方がわかりにくい漢字があると、ユーザーに調べさせる手間を与えてしまいます。

最悪、記事から離脱される恐れがあるわけです。

また、漢字とひらがなのバランスを考えて、漢字をひらくことも意識すると良いです。

見直す

記事が完成しましたら、公開する前に見直しましょう。

見直すことで、例えば、箇条書き(リスト)を用いたほうが良いかなと、何か気づきがあるかもしれません。

より読みやすく、そして、理解しやすい記事に仕上がるはずです。

最後に

本記事では、以下について解説しました。

  • ブログにおける文章力とは
  • 文章力なしでも読まれる記事を書く17のコツ

ブログをされている方は、すごい文章力を求めがちな傾向にあります。

ですが、ブログにおける文章力を理解し、本記事で挙げた17のコツを実践していただければ、ユーザーに読まれる記事に仕上がるはずです。

【PR】アクセスと収益を増やす秘策を3つ無料公開!

私は、正しいSEOの知識を元に、あなたのサイトの収益とアクセスを最大化するための情報を発信しています。

アクセスや収益を増やす正しいSEOの知識の提供する田村が、ブログのアクセス&収益をアップの3つの秘策を無料で公開しています。

下の緑ボタンより、ぜひ無料で講座にご参加ください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る